「スピーチ」ロボット減速機の加工の難点

LINEで送る

【演讲】机器人减速器的加工难点

 

2018-12-29 10:27 • 高工机器人网

【文/虞超】精密减速器一直以来都是整个国产机器人奋力追赶的领域,而在加工工艺上,国产减速器厂家始终和行业龙头企业存在一定差异。在2018高工机器人年会上,南京斯瑞恩总经理侯松川分享了减速器加工的难点。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65781-.html

 

侯松川首先解读了机器人减速器的市场现状。“去年这个市场上是四个字,一货难求,但是今年市场发生了很大的变化,我想主要还是大环境的改变,中美贸易战愈演愈烈,整个行业投资都比较谨慎,大家都在节衣缩食,准备过冬。”

侯松川说,自己和客户也一直在讨论这个问题:是不是精密减速器的市场真的供过于求了呢?“我们仔细分析了一下,其实减速器市场的整体现状是在高端市场国内的减速器厂商仍然连汤都喝不着,高端市场,包括四大知名机器人厂家的产量还是非常大的,纳博特斯克、哈默纳科现在每个月的产量大概在8、9万,住友大概每月都有2万的产量。相比日本厂家,国内企业的力量还偏弱,最关键的是高端市场还无法涉足,所以在高端市场目前仍然还没有话语权。”

侯松川认为,目前的市场态势是低端市场供应链逐渐加大,未来供过于求,拼价格是必然的趋势。而中端市场的量正在慢慢上升,价格也有所提升。“然而国内RV减速器大大小小有60几家。很多厂家都没有入门,产品却已经做出来了,未来这些‘地沟油’要是流向机器人企业,后患无穷。”

他表示,未来的竞争态势,低端会更加激烈,接下来整个行业会是一场淘汰赛,许多小的企业,不专业的企业可能慢慢会被淘汰。“当然我认为国内3到5年也会有8—10家企业能成为机器人精密减速器的‘国家队’”。

减速器加工的难点

众所周知,RV减速器对尺寸公差和位置精度要求非常高,所以国内没有大批量稳定生产高质量减速器的能力,RV减速器四个最难加工的工件,包括摆线轮、针齿壳、行星架、曲柄轴,整个加工难点归结起来就是齿廓和孔隙。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65781-.html

 

侯松川认为,摆线轮的加工时难点中的难点。“以前都是用成型磨技工,很难高效的加工,现在国外的领头羊,包括纳博特斯克都采取了辗成磨来生产,大幅提高。”

“RV减速器加工设备的特点是既要有铁牛的啃劲儿,也要有绣花的精神,粗加工的量很大,如果打不好基础,精加工也一定做不好。”

“机器人生产机器人未来是行业发展的必然趋势,小单元自动化将是相当长一段时间内必然的选择,日本大部分产品已经实现稳定的自动化生产,国内有条件的厂家也走在了前列,如绿的,渭河工模具等。”

作为设备供应商的忠告

面对越来越多怀着不同想法加入减速器行业的人,侯松川在大会上发出了自己的肺腑之言:

减速器有风险,投资需谨慎。大家都不容易,自己在传统行业累积下来的资金不容易,而减速器行业的龙头企业在产能释放后,竞争会更加激烈,“强者恒强”的局面很快就会出现,因此一定要往金字塔尖走,不要抱着“浑水摸鱼”的心态。

一定要多借鉴行业领军企业的成功经验。先把工艺流程做扎实,产品稳定了再去创新,循序渐进,而不要还没学会走就急着跑。

稳扎稳打,做长远规划。千万不要想着1年投产,年年盈利。关键设备的交货期就要一年多,摸索阶段更要经历2年左右。

侯松川说:“机器人减速器是新兴领域,我们想把这个小的点做好,不仅仅是把设备卖给客户,还要“往前走一点,往后跨一步”:往前走意味着要提供整体的解决方案,就要了解它的产品,了解它的工艺;往后,就是要跟踪客户的生产,客户在生产中遇到什么问题,我们能及时帮客户解决,这对我们来讲也是走出了一条成功的路。我们要在一个行业,甚至一个产品上沉淀十年,做出我们的专业。”

 

 

「スピーチ」ロボット減速機の加工の難点

 

2018-12-29 10:27 • 高工ロボットネット

「文/虞超」精密減速機はこれまで中国国産ロボット全体が奮闘する分野であったが、加工技術では、国産減速機メーカーと業界大手企業との違いがある。2018年の高工ロボット年会では、南京のスレイン社長の侯松川氏は、減速機の加工における難点共有した。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65781-.html

 

侯松川氏はまずロボット減速機の市場の現状を解説した。「去年のこの市場は4つの字で表すことができる、「一貨難求(1品では求められない) 」、しかし今年の市場は大きく変化した。主に大きな環境の変化がある。中米の貿易戦争はますます激しくなり、業界全体の投資はすべて比較的慎重で、みんなはすべて節制して、冬を過ごしている。」

侯松川氏は、自身も顧客とこの問題について議論していると言った。「精密減速機の市場が本当に求めすぎているのではないでしょうか。」「よく分析してみると、減速機市場の全体の現状は、ハイエンド市場での中国国内の減速機メーカーが依然としてスープを飲むことができていないのが現状です。ハイエンド市場では、4大有名ロボットメーカーの生産量が非常に大きいです。ナヴトレス、哈默纳科は現在、毎月の生産量が約8、9万、住友は毎月約2万の生産量を有しています。日本のメーカーに比べて、中国国内企業の力はまだ弱く、最も重要なのはハイエンド市場にはまだ足を踏み入れることができないので、ハイエンド市場ではまだ発言力がないです。」と述べた。

侯松川氏は、現在の市場態勢はローエンド市場の供給チェーンがだんだん大きくなってきていて、将来の供給が求められているという。ミドルレンジ市場の量は徐々に上昇し、価格も上昇している。「しかし、国内のRV減速機は大小60数軒あり、多くのメーカーが利用開始していないのですが、製品はすでに作られている状態です。未来に、「地溝油」がロボット企業に流れてしまうと、後々の苦労がたくさん出てくるでしょう。」。

彼は、将来の競争態勢は、ローエンドはさらに激しくなり、次の業界全体はトーナメントのようになり、多くの小企業が、専門企業に徐々に淘汰される可能性があると述べた。「もちろん、中国国内3~5年で8~10社がロボットの精密減速機の「国家チーム」になる」と思ういます。」

減速機加工の難点

周知のように、RV減速機は、サイズの公差や位置精度が非常に高いため、中国国内では高品質減速機の生産能力が安定していないということだ。RV減速機の4つの最も難しい加工品は、サイクロイド歯車、ピンハウジング、遊星歯車機構、クランクシャフトを含む、加工難点をまとめるとブローチ歯形と空隙率である。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65781-.html

 

侯松川氏は、サイクロイド歯車の加工に難点があるとみている。「以前は成形研磨技術者で、効率的な加工が難しかったのですが、今の海外のリーダー企業は、ナブテスコも含め、転々として生産しており、大幅に向上しました。」と述べた。

「RV減速機加工設備の特徴は、やる気溢れる気力が必要で、刺繍の精神も必要だが、粗削りが大きいので、基礎がよくないと、加工してもうまくいかないという特徴があります」

「ロボット生産ロボットの未来は業界発展の必然的な傾向であり、小ユニットの自動化はかなり長い時間の内で必然的な選択です。日本の大部分の製品はすでに安定した自動化生産を実現しています。中国国内の条件のあるメーカーも先頭に立っていて、緑のようなもの、渭河工金型などがあります。」

設備サプライヤーとしての忠告

さまざまな考えを持って減速機業界に入る人が増えていると、侯松川氏は大会で心の中の言葉を出した:

減速機にはリスクがあり、投資は慎重さが必要である。多くは容易ではく、自分が伝統的な業界で蓄積してきた資金は容易ではないが、減速機業界のトップ企業は生産能力解放後、競争が激しくなる。「強者恒強(強いものが常に強くあり続ける)」の局面がすぐに現れるので、必ずピラミッドの先を歩き、「濁った水の中の魚」の気持ちを抱いてはいけない。

業界の企業の成功経験を参考にしなければならない。まず生産工程の流れをしっかりとして、製品は安定して再び革新を行って、順序を追って漸進し、マスターせずして、急いではいけない。

ゆっくり着実に物事を進めて、長期計画をたてる。1年で生産に入ることや、年ごとの利益を考えてはならない。肝心な設備の納期は1年余りで、模索の段階には更に2年ほどかかる。

侯松川氏は「ロボットの減速機は新興国の領域である。この小さな点をしっかりと作っておきたいです。設備を顧客に売却するだけでなく、さらに「前に少し進み、これからも一歩一歩進む」。前に進む意味は直ちに取引先にソリューションを提供し、その製品と生産工程を理解します。前に進んだ後は、顧客の生産をフォローし、生産の中で問題にあたることがありますが、私達は速やかに顧客の問題を解決できます。これは私たちにとっても、成功の道を歩き出すことができるのです。私たちはこの業界で、1つの製品にも10年間を要して、私たちの専門を作り出します。」と述べた。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65781-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください