「スピーチ」即時開放、多元化のグローバルな波と中国本土市場の融合

LINEで送る

【演讲】即时、开放、多元的全球化浪潮与中国本土市场的融合

 

2018-12-03 09:29 • 高工机器人网

【文/千千】2018年11月30日,由山东省淄博市经济信息化委员会淄博市博山区人民政府主办,高工产研机器人研究所(GGII)高工机器人承办的“2018(中国博山)高端装备与智能制造峰会”在博山区原山艰苦创业教育基地隆重举办。

30日上午,来自国际的智造专家Georg Stieler就“工业4.0时代背景下的竞争与合作”展开主题演讲。2011年GeorgStieler在上海成立STM,他和他的团队深入研究国际和中国的IT技术和创新技术,成为业内领先独立的专家团队。Georg Stieler已经进入中国八年,致力于帮助德国公司了解中国市场。

 

▲斯泰勒技术与市场咨询总监Georg Stieler

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65576-.html

 

Georg Stieler表示:“我们要在中国因地制宜,从中国经验出发,把德国有益的部分带到中国来,和中国相结合。我们并不能直接从工业2.0、3.0直接跨越到4.0,这之中有很多工作要做。我想对中国企业来说,可能起步就要从精益生产,流程提升来做。当然这个也不是一个简单的过程。这其中需要非常多的投入包括对智力投入、资本投入做出流程的精简。”

首先从技术层面讲,在未来,5G技术的实现能够以更加低廉的成本让下载速度迅速提升,将推动技术以指数级改善。举例而言,在90年代初柯达发明了数码相机,市值最高达到31亿美元,但是在这之后一直在走下坡路,因为有了数码相机之后,没有人愿意再用传统的相纸。这样的趋势,导致了柯达公司2012年出现了破产。

同理,因为广告业,报刊业印刷成本现在越来越被数字化媒体所取代。经济现在越来越受到数字技术的冲击,现在所要的是一种自由的、完美的和即时提供的产品和服务。

通过网络传播,成本基本上是免费的。那么经过复制之后,复制品和原件是完美匹配的,我们说这是完美的复制技术。

其次从商业模型的角度讲,传统的供应商将会面临革新。由于现在很多平台的破坏力有限,很难对固定的顾客造成冲击,但是随着工业互联网的冲击,将来如何,就很难确定了。

目前而言,在一些专业的行业领域,由于其受众面比较狭窄,所以供应商并不多,但是B2B、线上和线下服务平台在全球的兴起。类似Uber、滴滴等实际上对出行实现了很大冲击和改变。这需要新技术跟汽车公司一起合作。那么汽车公司会成为唯一供给商,这里的战争也是很激烈的。

最后是核心人群。这里面会牵扯到技术的保密性的问题,但其实群体的力量更大。未来的世界是开放的,一个人的问题放在网上可能会有成千上万份解决方案,而将来的人们可能会更加倾向在网上匿名解决问题。

有些不是非常技术的问题,更多的是需要创意的思考将会在未来得到很好的解决。同时这也是未来人们在保证个人私密性的二次参与社会生活。他们可以开启新的生活方式,这不但是自己的问题,更是将来全球经济文化的整合过程。

最后Georg Stieler讲到:“未来的机器人会更加智能,会有机器视觉AI,还有深度学习,更加灵活,会更容易进行编程,而且会应用到更多的行业。机器学习给我们比较有限的AI能力,可以进行具体任务的辅助。但是这种广泛类的AI,他要从一个领域知识应用到另外一个领域。有些科学家还提到一些新的方法。当然,使用AI的人们开始代替那些没有使用AI的人们,这个趋势将只会加快。”

 

 

「スピーチ」即時開放、多元化のグローバルな波と中国本土市場の融合

 

2018-12-03 09:29 • 高工ロボットネット

「文/千千」2018年11月30日、山東省シ博市経済情報化委員会のシ博市博山区人民政府が主催する、高工産研ロボット研究所(GGS)高工ロボットが引き受けた「2018(中国博山)ハイエンド装備とスマート製造サミット」が、博山区原山苦艱創業教育基地で盛大に行われた。

30日午前、国際的なスマート製造専門家Georg Stieler氏が「工業4.0時代背景の競争と協力」についてのテーマ演説を展開した。2011年にGeorg Stieler氏は上海でSTMを設立し、彼と彼のチームは国際と中国のIT技術と革新技術を深く研究し、業界で独立した専門家チームとなった。Georg Stieler氏が中国に入って既に8年経過しており、ドイツの会社に中国市場を理解してもらうことに力を入れていた。

 

▲スクララー技術と市場相談総監Georg Stieler

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65576-.html

 

Georg Stieler氏は、「中国ではその土地柄に応じて適切な措置を講じ、中国の経験から、ドイツの有益な部分を中国に持ってきて、中国と結びつけたい。私達は直接工業2.0、3.0から直接4.0まで越えることができず、この中にまだやらなけれならないたくさんの仕事があった。中国企業は、最初から細部にこだわって生産したら、流れが向上するかもしれないと思った。もちろんこれも簡単な過程ではない。この中には、知能の投入、資本投入の流れを含む簡素化の多くの投入が必要だ。」と示した。

まず技術的な面から言えば、未来において、5 G技術の実現はより安価なコストでダウンロード速度を迅速にアップさせることができる。たとえば、90年代初めにコダックはデジタルカメラを発明し、市価は最高31億ドルに達したが、その後ずっと下り坂で、だからといってデジタルカメラの誕生後、伝統的な印画紙を使う人はいない。こうした傾向が、コダック社の2012年の破綻に繋がった。

同じように、広告業のため、新聞紙の印刷コストは現在ますますデジタルメディアに置き換えられている。経済は今ますますデジタル技術の衝撃を受けており、今必要なのは1種の自由で、完璧と即時に提供する製品とサービスだ。

インターネットを通じて、コストは基本的に無料。コピーした後、複製品と原件は完璧にマッチしたもので、私たちはこれが完璧なコピー技術だと言っていた。

次にビジネスモデルの観点から、伝統的な供給業者は革新に直面している。現在は多くのプラットフォームの破壊力が限られているため、固定する顧客に対して衝撃を与えるのは難しいが、工業のインターネット衝撃に従って、将来どのようになるのかは確実に難しい。

現在のところ、いくつかの専門業界の分野で、受け入れ先の範囲が比較的に狭いため、供給先は多くない、しかしB 2 B、ライン上とライン下でサービスプラットフォームは世界的に興っている。Uber、didiなどは実際に旅行業界に対して大きな衝撃と変化を実現した。これは新しい技術が自動車会社と一緒に協力する必要がある。自動車会社が唯一の供給業者である為、ここの競争も非常に激しい。

最後はコアグループだ。その中には技術の秘密保持性を引き起こす問題があるが、実はグループの力がもっと大きい。未来の世界は開放的で、一人の問題はネット上で何千もの解決策があるかもしれず、将来の人々はますますネット上で問題を解決する傾向にあるかもしれない。

一部は技術的な問題ではなく、より多くのアイデアの思考が将来的に良い解決を得る必要がある。また同時に、これは、未来の人々が個人の秘密保持性を保証する二次社会生活に参加することでもある。彼らは新しい生活様式を開くことができ、これは自分の問題ではなく、将来の世界経済の統合の過程である。

最後にGeorg Stieler氏は、「未来のロボットはもっとスマートで、機械の視覚AIがある。学習能力が深化し、もっと柔軟で、更にプログラミングしやすく、さらに多くの業界に応用する。機械は我々の為に限られたAIの能力を学習し、具体的な任務の補助を行うことができる。しかし、このような広範類のAIは、1つの分野の知識から別の分野に応用する。一部の科学者はまたいくつかの新しい方法にを言及する。もちろん、AIを使っていない人たちの代わりに。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65576-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください