「ダブル11」宅急便配送のスピードはずいぶん高められた。ロボットが最高の助力になった。②

LINEで送る

【前沿】“双十一”快递大提速 机器人成最佳助力②
 
2017-11-15 17:59 • 高工机器人网
 
京东无人仓:
 
今年的“双十一”,京东则将进一步全面普及自己的“三无”(无人仓、无人车、无人机)。其中,上海“亚洲一号”仓库已经成为全球首个全流程无人仓,昆山仓库则是全球首个全流程无人分拣中心,武汉仓库是京东全自主研发无人仓。此外,京东无人轻型货车已在指定路段开始测试,京东无人机也已经开辟了西安、韩城等数十条航线。
 
据京东方面介绍,目前京东无人仓的存储效率是传统横梁货架存储效率的5倍以上。京东昆山无人分拣中心的分拣能力可以达到9000件/小时,供包环节的效率提升了4倍,在同等场地规模和分拣货量的前提下,每个场地可节省人力180人。无人机则能够将传统人工配送的时间缩短数倍甚至数十倍,物流成也随之降低。
 
苏宁云仓:
 
苏宁云仓被誉为第五代智慧物流仓库。从2017年7月公布的无人机航拍照片看,这个建筑面积超过20万平方米,可存储2000万件商品是目前亚洲最大的电商仓库。日处理包裹可达181万件,而且,从订单生成到商品出库,最快可减少到30分钟,相比以前可以减少千人以上。
 
目前“苏宁超级云仓”已运行一周年,实现了全流程自动拣选。首建的国内最大AGV仓库群--上海AGV仓,目前已经配备了100组左右的机器人,完整运营后,还有将近1000组机器人,会在接下来分批进行测试并投入使用。此外,济南AGV仓已经在筹备中,面积超过2000平方,今年”双十一”开始试运营。
 
机器人或成未来物流主角
 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62626-.html
 
机器人的应用在全国快递行业已遍地开花。以Geek+为例,其部署于广东唯品会仓库,“双十一”期间上百台机器人共同作业,仅“双十一”当天就完成近10万订单发货;苏宁奉贤仓采用Geek+“货到人”系统,在“双十一”来临之际完成大规模自动化拣选,保证包裹拣选快速高效,达到了机器人仓库运行的最高水平。根据Geek+官方统计,“双十一”期间共计投入运营机器人1500多台,仓库效率达到每人300-1000件/小时,节省人力500语人,所有使用Geek+方案的仓库“双十一”全天拣货量超过100万件。
 
阿里巴巴,京东和苏宁都已经在成规模的使用机器人以及包括机械视觉在内的新技术,快递物流行业乃至邮政部门都在陆续跟进。相信不久的将来,机器人会成为物流行业的主力。南京邮电大学教授姚国章说,快递使用机器人不是新鲜事,但严格来说,今年“双十一”是机器人仓第一次全面接受检阅,今年“双十一”表现如何,将影响整个快递行业未来“无人化”走向。
 
 
「ダブル11」宅急便配送のスピードはずいぶん高められた。ロボットが最高の助力になった。②
 
2017-11-15 17:59 • 高工ロボットネット
 
京東無人倉庫
 
今年の11月11日に京東は自社の「三無(無人倉庫、無人車、無人航空機)」をさらに全面的な普及を進めた。その中で、上海の「アジア一」という倉庫はすでに全世界で初めての無人倉庫になり、昆山倉庫は世界初の無人仕分けセンターになり、武漢倉庫は京東の全自主研究無人倉庫になった。その外、京東無人小型トラックは指定された道路でテストをはじめた。京東無人航空機ももうすでに西安、韓城などの数十本のエアラインを開通した。
 
京東の紹介では、目下京東無人倉庫の集荷の効率は伝統的な荷物を棚に置く手段の4倍以上であるとのことだ。京東昆山の無人仕分けセンターの仕分け能力は毎時9000件に達し、配送効率も4倍上昇した。同じ規模の場所と貨物量を前提とした場合、それぞれの場所で180人の従業員を省ける。無人航空機は伝統的な人力の配送時間より数倍から数十倍までも縮めることができ、物流コストもそれに従って下がる。
 
蘇寧クラウド倉庫
 
蘇寧クラウド倉庫は五代目の知能倉庫と言われている。2017年7月公開されたドローンから撮った写真から見て、これは建築面積が20万平方メートルを超え、2000万件の商品を蓄えるアジアで最大のネット通販倉庫である。処理される宅配物は一日あたり181万件に達し、そして、受注から出荷までせいぜい30分までに縮め、以前より千人以上を削減できるようになる。
 
現在、「蘇寧スーパークラウド倉庫」は運営一周年目にして、自動仕分けを実現した。国内で初めて建てられた最大の倉庫群、つまり上海AGV倉庫には今配備されているロボットが100組あり、全面運営後1000組近くのロボットをテストした後投入して使い始める。済南AGV倉庫は今準備中で、延べ面積が2000平方メートルを超え、今年ダブル11に試験運営を開始した。
 
ロボットは未来の配送業界の主役になるか
 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62626-.html
 
ロボットの応用は配送業界にはすでに普及している。Geek+の例では、広東にある唯品会の倉庫ではダブル11期間に約100台のロボットが共同で作業し、当日だけで10万近くの宅配便を出荷した。蘇寧奉賢倉庫はGeek+のシステムを利用し、ダブル11を控えて大規模な仕分けの自動化を完成し、宅配物の仕分けの効率を高め、ロボット倉庫の運行水準の最大限に達した。Geek+の統計により、ダブル11期間に投入したロボットが計1500台で、倉庫の効率は一時間あたり300件から1000件にあがり、500人余りを省け、すべてのGeek+方案を使った倉庫は終日処理量が100万件を超えた。
 
アリババ、京東及び蘇寧は大量にロボットを使い、そして機械視覚技術も利用している。配送業界ないし郵便部門も続々と続いてそれを利用する。筆者は将来ロボットが配送業界の主力になると信じる。南京郵電大学の姚国章教授は、配送業界でロボットをつかうのは珍しくないことだが、厳密に言えば、今年の「ダブル11」にロボット倉庫ははじめて全面的に審査を受けたことになり、今年のダブル11での成績は配送業界の無人化の行く末に影響を与えると言った。
 
記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62626-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください