「フリーター、家を買う」の感想文

LINEで送る

电视剧《打工仔买房记》感想文
 
这部电视剧,只有十集。但是给我们的启发很大,作为合格的社会人,为人处事总不可以想着自己,怨天尤人,应该要勤奋、踏实、积极向上。
 
このドラマは、十話だけです。しかし、私たちに大きな教育意義をくれました。社会に適合する社会人として、処世の術としていつも自分のことばかりを考え、上手くいかないのを他人の所為にばかりしてはならず、勤勉に、真面目に、積極的に向上していくべきです。
 
说起名字,我想应该是纪录片,应该是说打工仔如何买房,其实不是,这是我们的社会教材。
 
この名について言えば、一見フリーターがどうやって家を買うのかというドキュメンタリー映画と思われました。ですが実は、私達の社会教材だったのです。
 
 
电视剧中的男主角是武诚治,在剧中,他在第一家公司上班,他不满新人入职培训和公司内部的为人处事方式,做了三个月就打包走人了。后来,他去别家公司面试,他的简历,他的表现,却没受到好评,而是成为笑料。他的爸爸对他前程十分担忧,时不时斥责他,并命令他赶快找工作。后来,他去了便利店、餐厅打工,也不大顺利。直至他妈妈患上抑郁症后,他才意识到不能吊儿郎当了,必须要承担家庭,所以他再次决定找工作。为了存上一笔钱,于是开始在大悦土木开始打工。这份工作看起来很辛苦,但是诚治没有抱怨,即使再辛苦,也要努力工作,给母亲买房。在工地上,他改变了以往的态度,即使小事,也不再抱怨,努力做好当前的事情,最终成为正式的员工,得到老板的重用。
 
主役の武誠治は、ドラマの中で、初めの会社で働き出して、新人の研修とか、会社内の人間関係を不満に思い、三ヶ月で仕事を辞めます。その後、彼は他の会社へ面接に行くも、履歴書とか、態度(“表现”も日本語と中国語でズレがある単語です。日本語の“表現”は文章とか芸術に使われることが多く、人がどの様に力を発揮したということには使われません。)とか、良い評価を得られず、それどころか笑い者になってしまいます。父親は彼の進路をとても心配し、時々叱り、早く仕事を探せと命令します。それから後、彼はコンビニ、レストランでアルバイトするも、あまり順調にいきません。母親が抑鬱症になって、やっと彼は家庭を担わなければならない、しっかりしなければ、と思い、もう一度仕事を探します。お金を貯めるために、大悦土木でアルバイトを始めます。この仕事は辛そうですが、彼は文句を言いません。辛くても、必死に頑張って母親に家を買ってあげます。大悦土木で、彼は以前の態度を改めて、例え小さなことにも、文句を二度といいません。目の前のことをしっかりとやります。そして最後には、正社員になり、社長に重用されます。
 
 
这部电视剧告诉了我们,人生并非一帆风大顺的,总有波折。如果就这样按自我意志行事,非但达不到目的,而且融入不了大集体。如果在公司做不下去,应首先反思自身原因,是自己能力不足,还是没有认真对待呢?而不是抱怨公司。因为公司要支付薪水的,而且提供了平台让你发展,也给予了很多机会让你获得更多的能力。其实也应该感谢公司,感谢老板,感谢上级,和身边的同事的协助。如果人际关系不好,那应该反思平时怎样对同事,怎么对领导,如果别人对你不好,那问题肯定会在自身。因为人与人相处是相互的,要真诚对待他人,心胸要广阔。再者,社会上总有一些不合常理的事情,应该要用平常心态度,再思考怎么解决。诚治不再任性,改过自新,积极面对生活和工作。
 
このドラマは私達に、人生は順調じゃない、波瀾が付き物だと伝えています。もし、わがままにやれば、自分の目的を達成出来ないだけでなく、集団にも入れません。もしこの会社でやっていけないと感じれば、まず能力不足か、真面目にやっていなかったのではないか、と自分自身の原因を省みるべきであり、会社に愚痴を言うべきではないのです。なぜなら会社は給料を支給してくれている上に、あなたがより成長するための場所を与えてくれているし、より多くの能力を得る機会を提供してくれているからです。実は、会社に感謝し、社長に感謝し、上司に感謝し、同僚にも感謝すべきなのです。もし人間関係がよくなければ、自身が普段どう同僚に対して、リーダーに対しているか省みるべきで、もし他の人が自分に良くしてくれないなら、問題は必ず自分自身にあるのです。人と人の関係は双方向のもので、他の人に誠実に向き合い、心も広く居るべきです。それに、社会では不条理なことも多いですが、平常心の態度で解決に向かうべきです。誠治はもう二度とわがままにしないでしょう。態度を改め、積極的に生活や仕事に向き合うのです。
 
人生并非没有挫折,而是通过自身解决问题。要使自己受欢迎,必须从自身开始改变。
 
人生には挫折があるもので、自身で問題を解決するものです。自分を受け入れてもらいたいならば、必ず先ず自身から改変しなければならないのです。
 
Immanuel Tay
 

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください