「ホットスポット」中央政府は6項目の技術開発に10億元を支給、AIロボット開発も含む

LINEで送る

【热点】中央新拨10亿启动6大关键技术研发 智能机器人在列

 

2018-01-26 10:00 • 高工机器人网

摘要中央财政近日下达资金10.04亿元,用于支持启动实施国家重点研发计划的6个新重点专项,包括变革性技术关键科学问题、食品安全关键技术研发、中医药现代化、重大自然灾害监测预警与防范、智能机器人和现代服务业共性关键技术研发及应用。

【文/西门】

政策

中央新拨10亿启动6大关键技术研发 智能机器人在列

中央财政近日下达资金10.04亿元,用于支持启动实施国家重点研发计划的6个新重点专项,包括变革性技术关键科学问题、食品安全关键技术研发、中医药现代化、重大自然灾害监测预警与防范、智能机器人和现代服务业共性关键技术研发及应用。

公司

德国E&E机器人电缆项目落户港城

1月24日,德国E&E机器人电缆项目签约落户张家港市冶金工业园。

该项目将建设高端特种电缆生产基地,分两期进行。其中,一期总投资1750万欧元,主要生产高端机器人电缆,为全球最大的机器人公司德国库卡的独家供应商;二期项目将在一期项目基础上实现投资、产能、销售等规模翻倍,同时开发医用、通信等新领域电缆,形成全球领先的特种电缆生产基地。

红太阳“高效+智能”引领光伏产业

长沙市国产化率最高的500MW PERC高效太阳能电池智能制造项目在“红太阳光电”正式投产。这个“智能工厂”里共有装备216台,其中核心智能装备达到了171台,值得一提的是,在这171台核心智能装备的国产化率达到91.8%,也成为国内智能装备国产化程度最高的太阳能电池制造工厂。

《2017年全球百强创新机构》出炉,鸿海科技集团首上榜

1月25日,《2017年全球百强创新机构》出炉。数据显示亚洲在2016年以微弱差距惜败北美之后,2017年又重新夺回全球创新中心地位。

全球电子制造产业的龙头企业鸿海科技集团,则是首次上榜,依托于持续的研发投入,鸿海科技集团在消费电子、机器人与自动化、光电子、精密机械等众多领域实现了全面开花。

前沿

毫米尺度磁控软体机器人问世

1月23日,英国《自然》杂志发表的一篇工程学论文中,德国科学家报告了一种毫米尺度的磁控软体机器人,能够进行不同形式的运动。该机器人为矩形,运货的时候可以在爬、走和游三种运动形式之间切换,其将在微工程和健康医疗领域发挥极大潜力。

地方

浙江未来五年将新增10万台工业机器人

1月25日,浙江省十三届人大一次会议上,省长袁家军指出,今后五年,浙江将大力发展以数字经济为核心的新经济,加快构建现代化经济体系。以工业互联网、企业上云、智能化改造推动传统产业转型升级。制定实施3000个“浙江制造”标准,新增10万台工业机器人,建成300个产业创新服务综合体,建设一批“无人工厂”和“无人车间”,推动八大万亿产业、军民融合产业、传统产业高质量发展,加快打造一批世界级先进制造业集群。

广东2018年将实施智能制造示范工程建设一批工业互联网平台

广东省省长马兴瑞作政府工作报告称,2018年将开展机器人产业发展专项行动,全年新增应用机器人2万台左右。实施工业互联网创新发展战略,推动3000家工业企业实施数字化改造。推进生物医药、新材料、新能源汽车等新兴产业加快发展。实施新一轮工业企业技术改造三年行动计划,引导8000家以上工业企业实施技术改造。强化供应链服务,培育10个营业收入超百亿元的供应链服务企业。

16个智能制造项目抢滩麓谷总投资超462亿元

1月24日,长沙高新区“产业项目建设年”启动暨2018年智能制造项目集中签约仪式举行。包括杉杉能源年产10万吨正极材料生产基地、清控(长沙)创新基地、威胜能源互联网产业园项目、中铁环境总部项目等在内的16个项目集中签约,总投资超462亿元。

 

 

「ホットスポット」中央政府は6項目の技術開発に10億元を支給、AIロボット開発も含む

 

2018-01-26 10:00 • 高工ロボットネット

「概要」中央財政が最近資金10.04億元を支給し、国家重点研究開発計画の6項目に使う予定だ。その中には重要な科学問題の技術革新、食品安全に係る技術開発、中医薬の現代化、重大な自然災害の監視予報と防止、スマートロボットと現代サービス業共通性の技術開発および応用が含まれている。

【文/西門】

政策

中央政府は6項目の技術開発に10億元を下達、AIロボット開発も一つ

中央財政が最近資金10.04億元を支給し、国家重点研究開発計画の6項目に使う予定だ。その中には重要な科学問題の技術革新、食品安全に係る技術開発、中医薬の現代化、重大な自然災害の監視予報と防止、スマートロボットと現代サービス業共通性の技術開発および応用が含まれている。

会社

ドイツE&Eロボットケーブル項目は港に定着

1月24日、ドイツのE&Eロボットケーブル項目は張家港市冶金工業園インダストリアルパークで開始する契約を結んた。

この項目はハイエンド特殊ケーブルの生産基地を建設し、2期に分けて実施する。その内、一期は総投資金1750万ユーロで主にハイエンドロボットケーブルを生産し、世界最大手ドイツロボット企業KUKAへ供給する。2期は1期の基礎の上に投資や生産、販売などの規模を2倍にする。同時に医療用、通信など新分野のケーブルを開発し、グローバルリーダーとなる特殊ケーブル生産基地を作る。

紅太陽“効率的+知能” 太陽光発電産業の先頭

長沙市国産化率最高の500MW PERC高効率太陽エネルギーバッテリースマート製造プロジェクトは「紅太陽光電」で正式に生産を始める。このスマート工場に装備216台があり、その内、コアスマート装備は171台である。特筆すべきはこの171台の国産化率は91.8%で、国内でスマート装備の国産化能力最大である太陽エネルギーバッテリー製造メーカーである。

《2017年世界トップ100革新機構》発表、鴻海科技集団が初ランクイン

1月25日に「2017年革新機構TOP100」が公開された。データによるとアジアは2016年に僅かな差で北米に惜敗した後、2017年に再びグローバル革新センターの地位を取り戻した。

グローバル電子産業のトップ企業鴻海科技集団は初ランクインし、継続的に研発開発に投入し、電子類、ロボットと自動化、光電子、精密機械など多くの分野で全面的開花が実現できた。

最前線

ミリ単位の磁気コントロールソフトロボットが登場した

1月23日に英国の『ネイチャー』誌で発表された工学論文で、ドイツの科学者はミリ単位の磁気ロボットが異なる形式で運動でき、この長方形のロボットで物を運ぶ時に、這う歩く泳ぐの三つモードで切り替えることができ、ミクロエンジニアリングと健康医療分野で大きな潜在力を発揮すると報告された。

地方

浙江省は未来5年で工業ロボット10万台増

第13回浙江省人民代表大会の初会議は1月25日午前に開催され、省長の袁家军軍氏は未来5年内にデジタルエコノミーを中心に、新経済発展に注力し、現代化経済体系を加速すると話した。工業インターネット、企業のクラウド導入と自動化の改造をきっかけに伝統産業のレベルアップを推進する。「浙江製造」の基準を3000個定め、工業ロボット10万台を増加して300個の産業革新サービス複合体を作る。「無人工場」と「無人生産場」を建設し、万億産業8項目、軍民融合産業及び伝統産業の高品質発展を促進して、世界トップの先進製造業集合群を作る。

広東2018年にスマート製造工程を実施し工業インターネットを建設

2018年は、ロボット産業発展を専攻し、通年でロボット2万台を投入すると省長馬興瑞氏は政府報告で話した。工業インターネット革新発展戦略を実施し、3000社の工業企業のデジタル化改造を推進する。主に生物医薬、新材料、新エネルギー車などの新興産業の発展を加速する。新しい工業企業技術改造3年行動計画を実施し、8000社以上の工業企業を技術改造に導く。サプライチェーンサービスを強化し、営業所得100億元以上のサプライチェーンサービス企業10社を育成する。

16個のスマート製造プロジェクトは麓谷を占有し、総投資約462億元以上

1月24日に長沙高新区「産業事業建設年」で2018年スマート製造事業集中契約式が行われた。年間10万トンのアノード材料を生産している杉杉エネルギー生産基地や清控(長沙)革新基地や威胜エネルギーインターネット産業園項目や中鉄環境総部プロジェクト等を含む16項目を集中契約し、総投資額は462億元以上になる。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63256-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...