「一帯一路」の海上での協力:沿線国家とともに三つのブルー経済ルートを建設する

LINEで送る

“一带一路”建设海上合作:与沿线国家共建三条蓝色经济通道

 

2017-11-16 21:38:00 来源:亚太日报

国家发改委11月16日发布的《“一带一路”建设海上合作设想》(以下简称《合作设想》)称,将进一步与沿线国加强战略对接与共同行动,推动建立全方位、多层次、宽领域的蓝色伙伴关系,保护和可持续利用海洋和海洋资源。 根据《合作设想》,“一带一路”建设海上合作以中国沿海经济带为支撑,密切与沿线国的合作,连接中国-中南半岛经济走廊,经南海向西进入印度洋,衔接中巴、孟中印缅经济走廊,共同建设中国-印度洋-非洲-地中海蓝色经济通道;经南海向南进入太平洋,共建中国-大洋洲-南太平洋蓝色经济通道;积极推动共建经北冰洋连接欧洲的蓝色经济通道。

就合作重点而言,将与沿线国共同制定若干行动计划,实施一批具有示范性、带动性的合作项目。具体包括保护海洋生态系统健康和生物多样性、加强海洋资源开发利用合作、提升海洋产业合作水平、深化海洋科学研究与技术合作、建立海洋高层对话机制等。

目前,中国与有关国家已开展了一系列合作项目,总体进展顺利。如与泰国、马来西亚、柬埔寨、印度、巴基斯坦等国签署了政府间海洋领域合作协议、合作备忘录和联合声明;中国统筹国内资源,设立了中国-东盟海上合作基金和中国-印尼海上合作基金;巴基斯坦瓜达尔港运营能力提升,港口自由区建设、招商工作也在稳步推进。

 

(来源:澎湃新闻)

 

 

「一帯一路」の海上での協力:沿線国家とともに三つのブルー経済ルートを建設する

 

2017-11-16 21:38:00 出所:アジアパシフィックデイリーニュース

11月16日、国家発展改革委員会による「一帯一路」の海上での協力構想(以下は「協力構想」と略称する)は、「更に沿線国家との戦略接合及び共同行動を強化し、全面的で多様性があり、且つ広い分野でのブルーパートナー関係(海上ルートでのパートナー関係)の樹立を推進する。また海洋と海洋資源を保護し、持続可能な利用をする」と発表した。「協力構想」によると、「一帯一路」の海上での協力は中国沿海の経済を柱として、沿線の国との協力関係を密接にする。中国-インドシナ半島の経済ルートを繋ぎ、南シナ海を経て西のインド洋に入り、中国とパキスタン、バングラデシュ、インド、ミャンマーという経済ルートも繋ぎ、共同で中国-インド洋-アフリカ-地中海のブルー経済ルートを築く。南海を経て太平洋に入り、共同で中国-オセアニア-南太平洋のブルー経済ルートを築く。北極海を経てヨーロッパを繋ぐブルー経済ルートの建設を積極的に推進する。

協力の重点について、沿線国家とともに若干の行動計画を立て、手本を示す協力項目を実施する。具体的に言えば海洋生態系の健全性と生物多様性の保護、海洋資源開発の協力の強化、海洋産業の協力レベルの向上、海洋科学研究と技術協力の推進、海洋トップ対話システムの設立などに関わる。

現在、中国と関係国家は一連の協力項目を展開した。総じて順調に進んでいる。例えばタイ、マレーシア、カンボジア、インド、パキスタンなどの国とともに政府間の海洋分野の協力協議、協力備忘録と共同声明に署名する。中国は国内の資源を按配し、中国-ASEAN(東南アジア諸国連合)海上協力基金と中国-インドネシア海上協力基金を設ける。パキスタンのグワダル港は運営能力を向上し、港口自由区の建設、投資を誘致することも着実に推進している。

 

(出所:澎湃ニュース)

 

記事引用元:http://cn.apdnews.com/business/789554.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...