「一帯一路」は多くの国への架け橋となり、相互発展を助ける

LINEで送る

“一帯一路”倡议为多国建立桥梁 助力共赢发展

2019-07-04 11:50:30  来源:亚太日报

亚太日报记者弓晨

7月3日,由中国公共外交协会、上海市政协主办的“一帯一路”——中国企业走进亚太研讨会在上海国际会议中心举办。

智利、菲律宾、泰国、美国、新加坡、新西兰、巴基斯坦、哈萨克斯坦、俄罗斯、韩国等十个国家的驻沪领事馆官员、知名专家和相关企业负责人,共计350余名海内外嘉宾应邀出席会议。智利、菲律宾、泰国驻沪领事馆官员在研讨会上进行主旨、专题演讲,10余家国内主流媒体对研讨会进行全程报道。

智利驻沪总领事伊克纳希奥•孔查出席研讨会并发表主旨演讲。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

孔查在致辞中表示,中国与智利的渊源源自1970年两国建交,1999年智利支持中国加入WTO,2005年与中国签署了《自由贸易协定》,推动了中国与智利友好关系的发展。而如今,“一帯一路”倡议下中国企业走向世界,鉴于智利是拉美发展最稳定的国家之一,其可以成为中国企业进入拉美的桥头堡,进一步助力中国企业在拉美其他国家的发展。而中国也是智利的第一大贸易伙伴,去年两国的贸易额达到4200多万美元,占智利总贸易额的30%。智利与中国的双边贸易中,智利主要对中国出口铜、酒、化学产品、新鲜水果、三文鱼等,从中国进口汽车、电脑等消费产品。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

孔查强调,参与多边的国际组织,对于一个国家的发展来说非常重要,中国的改革开放是非常伟大的举措,智利在很多方面与中国相似,正因改革开放之举,智利开放经济发展,降低关税,与中国的贸易合作零关税。智利愿与中国共同推动“一帯一路”的建设,在中国和智利之间建立起更多的桥梁,将拉丁美洲与中国连接得更加紧密,特别是建立起电子的“一帯一路”。智利如今也加入了亚投行,希望获得中国在基建、火车、道路、隧道、无线通讯网等方面的投资。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

孔查指出,智利希望能够进一步深化双方的自由贸易,在自由贸易协定之内拓展更多领域,加强双边旅游合作。今年的APEC会议智利将是东道国,希望能够借此机会深化双边贸易合作,吸引更多的中国投资。到2020年中智建交50周年将有系列纪念活动,同时举办在上海的智利周,积极参与进博会等。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

泰国国家研究院泰中战略研究中心副主任唐隆功•吴森提兰谷博士出席研讨会,并在题为“泰国——连接压条的枢纽”的主旨演讲中表示,泰国能生产75%的世界稻米需求,因此是世界上最大的稻米出口国。泰国就像世界的厨房,出口的农产品无论是天然形式,还是加工冷冻食品,泰国都拥有重要的优势。泰国的中小企业,在泰国的发展中发挥至关重要的作用,涉及了食品、饮料、加工、定制制造、汽车零件制造、宝石珠宝制造、纺织制品制造、乳胶、橡胶制品、泰国本草药等行业。然而泰国的中小企业目前仍然需要提升技术和专业知识,以便有效竞争国际化。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

吴博士强调泰国政府为所有的外国投资者,提供特殊和优惠的条件。比如制造目的的原材料和进口的机械免征所得税,相当于“一帯一路”的零利率战略。泰中合作不仅体现在高速列车方面,泰国正在加速建设一条双轨,以连接泰国的三个机场,未来将看到东盟与中国贸易投资、旅游联系大大增加。在这样的联系下,加之泰国位于太平洋和印度洋之间的战略位置,以及泰国目前在基础设施建设方面的重大投资,泰国将成为东南亚贸易和投资中心,空中、陆地和海上贸易路线的中心,成为中国到东盟的主要门户。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

“目前,泰国东部走廊(EEC)是极受政府关注的项目,EEC工业区的双轨铁路项目非常欢迎外国投资。未来最重要的建设是泰国运河,在泰国南部建设构思,以创造出南中国海到印度洋的捷径,运河将使得船舶的航行距离缩短1200海里,并将航行时间缩短了2至3天,因此减少了时间和成本,增强了该地区的贸易和发展,这条运河未来将成为连接中国、日本及其他东南亚国家,印度、中东国家,欧洲和中东的最繁忙的贸易路线。”在谈到泰国经济特区的发展现状及前景时,吴博士如是说。

吴博士评价泰国以及“一帯一路”倡议对地区发展带来的好处时提到两方面,一是“一帯一路”连接了中国和东盟国家的经济带,二是21世纪海洋丝绸之路,将连接中国和东南亚、印度、非洲、欧洲。随着泰国的中心地位日益突显,泰国和中国之间的经济、文化交流加快发展,泰国是推动“一帯一路”倡议实现的重要伙伴,是连接亚太的枢纽。

(来源:亚太日报)

 

 

「一帯一路」は多くの国への架け橋となり、相互発展を助ける

 

2019-07-04 11:50:30  出所:アジアパシフィックデイリーニュース

7月3日、中国公共外交協会、上海市政治協議委員会が主催する「一帯一路」―中国企業がアジア太平洋に入る―セミナーが上海国際会議センターで開催された。

チリ、フィリピン、タイ、アメリカ、シンガポール、ニュージーランド、パキスタン、カザフスタン、ロシア、韓国など10ヶ国の駐上海領事館官員、有名な専門家、関係企業の責任者など、国内外のゲストが350名以上出席した。チリ、フィリピン、タイ駐上海領事館官員は、シンポジウムで、特別講演を行い、10数社の国内主流メディアが全行程の報道を行った。

チリ駐総領事イグナシオ・コンチャ氏はシンポジウムに出席し、スピーチテーマを発表した。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

コンチャ氏はあいさつで、中国とチリの源は1970年に両国が国交を樹立し、1999年チリは中国がWTOに加入することを支持、2005年に中国との「自由貿易協定」に署名して、中国とチリの友好関係の発展を推進した。現在、「一帯一路」は中国企業が世界へ向かうことを提唱する。チリはラテンアメリカの中で発展がもっとも安定した国の一つとして、中国企業がラテンアメリカに入る足がかりとなり、中国企業がラテンアメリカの他の国の発展に更に力をいれることへの手助けとなる。中国もチリの第一貿易パートナーとして、去年、両国間の貿易額は4200万ドルを達して、チリ総貿易額の30%になる。チリと中国の二国貿易では、チリは中国へ銅、酒、化学製品、新鮮な果物とサーモンなどを輸出し、自動車やコンピュータなど消費製品を輸入している。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

コンチャ氏は、多国間の国際組織に参加することは、一つの国の発展には非常に重要なことで、中国の改革開放は非常に偉大な取り組みである。チリは多くの方面で中国に似ていて、改革開放で、チリは経済発展を開放し、関税を下げて、中国との貿易はゼロ関税とした。チリは中国とともに「一帯一路」の建設を推進して、中国とチリの間にもっと多くの架け橋をかけ、ラテンアメリカと中国との連結をさらに緊密にし、特に電子の「一帯一路」を建立することを望んでいる。チリは今アジアインフラ投資銀行にも加入しており、中国にインフラ建設、列車、道路、トンネル、無線通信網などへの投資を求めている。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

コンチャ氏は、チリは両国の自由貿易が更に深化され、自由貿易協定内で更に多くの分野を開拓し、相互両国の観光旅行を強化することを望んでいると指摘した。今年の   APEC会議ではチリがホスト国となり、この機に両国の貿易を深め、より多くの中国への投資を誘致することを希望している。2020年までに両国国交50周年の記念イベントが行われ、上海ではチリ週間が開催され、輸入博覧会などに積極的に参加することになる。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

タイ国家研究院タイ中戦略研究センター副主任Dr. Tharakorn Wusatirakulがセミナーに出席し、「タイ―つなぐハブ」というスピーチテーマで,タイは世界の米の需要の75%を生産できることから,世界最大の米輸出国であると述べた。タイは世界の台所のように、輸出された農産物は天然でも冷凍食品でも、重要な優位性を持っている。タイの中小企業は、タイの発展において重要な役割を果たし、食品、飲料、加工、カスタム製造、自動車部品製造、宝石製造、紡績製品製造、ラテックス、ゴム製品、タイ本薬草などの業界に関連している。しかし、タイの中小企業はまだ技術と専門知識を向上させ、国際化競争を有効にする必要がある。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

Dr. Tharakorn Wusatirakulはタイ政府がすべての外国投資家に特殊と優遇の条件を提供することを強調している。例えば、製造目的の原材料や輸入の機械は所得税を免除し、「一帯一路」のゼロ金利戦略に相当する。タイの3つの空港を結ぶためにタイは高速列車だけでなく、タイでの複線鉄道建設を加速しており、将来的にASEANと中国の貿易投資、観光旅行関係が大きく増加することが予想される。このようなつながりの中で、タイは太平洋とインド洋の間の戦略的な位置に位置し、また現在インフラ建設に重大な投資を行っており、タイは東南アジア貿易と投資センター、空中、陸地と海上貿易ルートの中心となり、中国からASEANまでの主要な門戸となっている。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

 

「現在、タイ東部回廊(EEC)は政府の注目を集めているプロジェクトで、EEC工業団地の複線鉄道プロジェクトは外国投資を非常に歓迎している。未来の最も重要な建設はタイ運河で、タイ南部で構想を建設し、南シナ海からインド洋への近道を建設、運河は船舶の航行距離を1200海里短縮、航行時間を2日から3日間に短縮、時間とコストを減らして、この地区の貿易と発展を強め、この運河は将来中国、日本及びその他の東南アジア国家、インド、中東国家、ヨーロッパと中東のを結ぶ最も繁栄する貿易ルートとなるだろう。」とタイ経済特区の発展の現状や行く末に触れたとき、Dr. Tharakorn Wusatirakulはこのように述べた。

Dr. Tharakorn Wusatirakulはタイと「一帯一路」計画が地域発展にもたらす利益を評価する時、一つは「一帯一路」が中国とASEAN国家の経済圏を連結すること、二つ目は21世紀の海洋シルクロードで、中国と東南アジア、インド、アフリカ、ヨーロッパにつながることであるとした。タイの中心的地位がますます強調され、タイと中国間の経済、文化交流の発展が加速され、タイは「一帯一路」の実現を推進する重要なパートナーとなり、アジア太平洋をつなぐ中枢となる。

(出所:アジアパシフィックデイリーニュース)

 

記事引用元:https://cn.apdnews.com/special-columns/zjyt/958538.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください