「巡回」スマホODMの自動化生産ラインへの三大需要

LINEで送る

【巡回】手机ODM 对自动化产线的三大需求
 
2017-08-10 18:15 • 高工机器人网
 
8月10日上午,高工机器人“2017年全国巡回调研活动”手机专场调研了上海与德通讯技术有限公司深圳分公司。
 
【文/杨阳】8月10日上午,高工机器人“2017年全国巡回调研活动”手机专场调研了上海与德通讯技术有限公司深圳分公司(以下简称“与德通讯”)。
与德通讯于2010年成立,专注于移动通讯和智能终端的开发、设计和制造,是全球领先的移动终端原始设计制造商(ODM)。为全球80%的手机品牌客户提供产品解决方案。2016年交付规模超过3000万支,销售收入超过100亿元。
 
目前,公司的主要合作客户包括联想、TCL、魅族、华硕等电子行业龙头企业。在2016年全球十大手机设计公司排名中,与德通讯位列前三。
 
生产方面,公司有5个外加厂,2个自建工厂。工厂产线还暂未导入机械手,但已经在准备工作阶段。团队方面,已经搭建自动化产线专门研发团队,主要做系统开发测试,并根据工序寻求产线整套解决方案。在要求上,希望提供的系统方案可以拉通每个工艺流程,包括MES和ERP等软件系统与产线设备的良好协调等方面。在公司制造中心副总经理文磊看来,这是与德通讯目前在产线自动化硬件设备之外的关注焦点,也是智能制造的一大关键。
 
具体到产线上,公司已经有10余条组装产线在运行中,与此同时,规划的6条SMT线已经有2条在运行。产线的自动化需求主要集中于组装和包装段,表现在三个方面:其一、贴合,此次巡回交流中,与德通讯对大族电机的二合一、三合一贴合机,以及全自动贴胶机比较感兴趣,表示可应用于手机及行车记录仪等产品的前段产线,以及辅料的贴合中;其二、在MMI测试段用到机械手的概率比较大,用于和其它自动化设备配合,以取代人工;其三、螺丝机、镭雕机,以及音频、相机等测试用设备也有较大需求。
 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/uploadFile/images/20170810/1502360206165846.jpg
 
此次巡回活动由大族电机、中集智谷、新松机器人、佳顺智能等四家企业全程赞助。调研活动旨在为业内提供最真实的手机行业信息以及自动化需求,进一步推动机器人企业与手机供应链企业的需求对接。
 
 
「巡回」スマホODMの自動化生産ラインへの三大需要
 
2017-08-10 18:15 • 高工ロボットネット
 
8月10日午前、高工ロボットは「2017年全国ツアー調査研究イベント」のスマホ専門のイベントで上海与徳通訊技術有限会社の深セン子会社を調査研究した。
[文、楊陽]8月10日午前、高工ロボットは「2017年全国巡回調査研究イベント」のスマホ専門のイベントで上海与徳通訊技術有限会社の深セン子会社を調査研究した。(以下「与徳通訊」と略する)
 
与徳通訊は2010年に設立され、モバイル通信とスマート端末の開発、設計と製造に力を入れ、世界有数のモバイル端末のオリジナルデザインのメーカー(ODM)である。全世界80%の携帯ブランドのユーザーに製品のソリューションを提供している。2016年には3000万本を超える規模で交付し、売り上げは100億元を超えた。

現在、会社の主な協力顧客はLenovo、TCL、MEIZU、ASUSなどの電子業界をリードする会社が含まれる。2016年全世界十大スマホデザイン会社のランキングで、与徳通訊はベストスリーに入った。
 
生産の方面では、会社は連携の加工のメーカーが五つ、自社のメーカー二つがある。メーカーの生産ラインは今はまだロボットを導入していないが、準備しているところだ。チームの方面では、既に自動化生産ラインの専門開発チームを組んで、主にシステムの開発とチェックの作業をし、生産プロセスに基づいて、生産ライン全体のソリューションを探す。要求の方面では、提供されたシステム方案は生産の全てのプロセスに使用でき、MESとERPなどのソフトウェアのシステムと生産ラインの連携を良くすることなどを含める。会社の製造センターの文磊副社長からみれば、これは現在与徳通訊が生産ライン自動化ハードウェアの設備以外に関心を置いていることで、またスマート化製造のキーポイント(“キー(鍵key)”をつける方が“关键”の感じに沿っています)である。
 
具体的には、生産ラインの方面では、会社は10本あまりの組立の生産ラインを運用しており、それと同時に企画された6本のSMTラインのうち2本が既に運用を開始している。生産ラインの自動化の需要は主に組立と包装に集中しており、次の三つの方面に表われる。一つ目は、貼り合わせで、今回の巡回交流の中で、与徳通訊は大族電気機機(会社名)の二つを一つに貼り合わせる、三つを一つに貼り合わせるラミネート機、並びに全自動化のラミネート機に興味を持ち、携帯やドライブレコーダーなどの製品の前段階の生産ラインに応用できると示した。二つ目は、MMIチェックの段階でロボットの手を使う可能性が高く、他の自動化設備と連携し、人に取って代わることだ。三つ目は、ネジを供給する機械、レーザー彫刻の機械、並びにオーディオ、カメラなどのテスト用の設備に役立つことだ。
 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/uploadFile/images/20170810/1502360206165846.jpg
 
今回の巡回イベントは大族電機、中集智谷、新松ロボット、佳順智能などの四社の会社のサポートで行われた。調査研究イベントの目的は業界へ最もリアルなスマホ業界の情報と自動化の要求を提供し、更にロボット企業とスマホのサプライチェーンの企業の需要の合致を推進することである。
 
出所:高工ロボットネット
 
記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-61755-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください