「市場」ロボット柔軟性操作スマート生産ライン解決法案は3Cを少人数化させる

LINEで送る

【市场】机器人柔性操作智能产线解决方案让3C少人化

 

2018-03-30 19:13 • 高工机器人网

摘要近年来,随着机器人市场的迅速扩展和机器人技术的迅速成熟,工业机器人产业迎来了前所未有的良好发展机遇,然而有许多因素阻碍了机器人的普及,其中一个主要因素是:机器人的智能性。

【文/潘敏瑶】近年来,随着机器人市场的迅速扩展和机器人技术的迅速成熟,工业机器人产业迎来了前所未有的良好发展机遇,然而有许多因素阻碍了机器人的普及,其中一个主要因素是:机器人的智能性。

目前3C制造企业对机器人的使用大部分还停留在简单地代替工位阶段,这是由于大多数机器人都是“瞎子”,它们对周围环境几乎没有感知能力,仅仅通过编程或单纯示教来执行某一特定动作。

 

画像引用元:www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63649-.html

 

“工业4.0需要的不是机械臂,机器人智能化最核心的问题是‘大脑’,没有‘大脑’,很多事情都没法做,自然无法扩展到更广的应用场景中。”库柏特CEO李淼博士正带领团队致力于为机器人造一个“大脑”,将人们从繁复、枯燥的工作中解放出来。  

从软件切入市场,库柏特专注于机器人操作系统而非机器本体的研发,为机器人赋予视觉和触觉双重感知能力。  

由此,库柏特自主研发了一款机器人柔性操作系统——COBOTSYS,这是一款集合机器人视觉、智能力控、抓取规划与机器学习等技术为一体的智能工业机器人操作系统。通过此操作系统,用户可快速开发各种机器人应用。  

在库柏特总裁闫琳博士看来,智能机器人包括两大技术:力、视觉。视觉就是解决机器人的位置和姿态的问题;力就是人得以和机器人交互的内因。  

拥有了技术后,如何在终端企业的发展变化中抓住合作的机遇?如何真正把握细分行业的的痛点问题?这是行业内值得探讨的问题。  

在此背景下,2018年3月30日,由高工机器人举办的“第三届机器人+3C家电终端应用大会暨第三届机器人终端行业全国巡回调研活动启动仪式”将在深圳会展中心六楼茉莉厅举办。  

会上,库柏特机器人系统部总经理廖圣华将带来以《如何利用智能力控装配技术和智能视觉检测技术让3C生产少人化》为主题的演讲。  

本次大会汇聚国内3C、家电、锂电池、锂电设备行业与机器人本体、系统集成商从业者与领导者,集合趋势、技术、整合、连接四大元素,从市场、技术、设备多个维度,探讨行业的热点话题,共探自动化升级之路。  

大会还将作为一个高频深度碰撞的平台,助您构建供应链人脉,挖掘商机,达到合作共赢。期待您的莅临!

 

 

「市場」ロボット柔軟性操作スマート生産ライン解決法案は3Cを少人数化させる

 

2018-03-30 19:13 • 高工ロボットネット

「概要」近年、ロボット市場の急速な拡張とロボット技術の急速な成熟に連れて、工業ロボット産業は今までにない良い発展チャンスに臨んでいる。しかし、多くの要素がロボットの普及に障っている。その中で、一つの要素はロボットの知能性である。

【文/藩敏瑶】近年、ロボット市場の急速な拡張とロボット技術の急速な成熟に連れて、工業ロボット産業は今までにない良い発展チャンスに臨んでいる。しかし、多くの要素がロボットの普及に障っている。その中で、一つの要素はロボットの知能性である。

今3C製造会社のロボットの使用はワークステーションの代わりとしてのみに留まっている。これはロボットが「盲人」だからである。彼らは周囲の環境を感知できず、プログラミングあるいは単純な指示で教える特定の動作をするしかない。

 

画像引用元:www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63649-.html

 

「工業4.0で要るのはロボットアームではありません。ロボット知能化の最も重要な核心点は頭脳です。頭脳がなければ、いろいろなことはできず、もっと広い範囲の応用場面に拡大できません」という。庫柏特(コボット)のCEO李淼博士はグループを率いて、ロボットの頭脳を作り、人間を複雑でつまらない仕事から解放することを目指している。

ソフトから市場に進出する庫柏特は機械本体の開発だけではなく、ロボット操作システムにも力を入れ、ロボットに視覚と触覚の二重感知能力をあげる与えた。

そうして、庫柏特は自主的にCOBOTSYSというロボット柔軟性操作システムを開発した。このシステムはロボット視覚、知能コントロール、掴み取るための計画とロボット学習などの技術を一体化する知能工業ロボット操作システムである。このシステムによって、ユーザーは速やかに各種のロボットアプリを開発できる。

庫柏特のゲン琳社長から見ると、AIロボットは力と視覚という二つの技術を含んでいる。視覚とはロボットの位置と姿の問題を解決することで、力とは人間とロボットのインタアクティブの内因である。

技術を手に入れた後、どのようにしてハイエンド企業の発展・変化の中で連携の機会をつかむか。どのようにして業界の重要な問題をしっかり把握するか。これらは業界内で検討する価値がある。

この背景には、2018年3月30日、高工ロボットによって行われた「第3回ロボット+3C家電ハイエンドアプリ大会第3回ロボットハイエンド業界全国巡回調査研究活動起動式典」が深セン展示センター六階茉莉庁で開催されたことがある。

会議で、庫柏特ロボットシステム部社長寥聖華さんは「どのようにして知能コントロール取付技術と知能視覚検査技術を生かして3Cを少人数化させるか」を主題として公演を発表した。

今回の大会で、国内3C、家電、リチウム電池、リチウム設備業界とロボット本体、システム作成就業者とリーダーが集まり、傾向、技術、整合、連接という4つの要素を集め、市場、技術、設備など多次元から業界のヒットした話題を検討し、自動化進化の道を共に探査した。

大会を高頻度で綿密なやり取りのプラットフォームとして、人脈の連鎖を築き、ビジネスチャンスを発掘し、協力して共に勝つ。ご臨席を楽しみにしている。

 

記事引用元:www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63649-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください