「市場」ロボット浸透率が韓国の1/10にも足りない! 中国製造2025計画が前途多難!

LINEで送る

【市场】机器人渗透率不足韩国1/10!中国制造2025计划前路漫漫!

 

2018-05-22 10:42 • 腾讯新闻

摘要近日,据我国工业和信息化部发布的最新的数据显示,截止到目前,我国每万人产业工人对应机器人数量约为60台,这个数字与工业强国的发达国家相比差距巨大。甚至未达到国际平均水平。看似突飞猛进的中国制造业,其实远没有国人想象的那么强大。我国需要积极加大研发投入,获得关键零部件和控制系统等核心技术,才能在机器人产业中不被其他国家卡脖子。

【高工机器人综合报道】

近日,据我国工业和信息化部发布的最新的数据显示,截止到目前,我国每万人产业工人对应机器人数量约为60台,这个数字与工业强国的发达国家相比差距巨大。甚至未达到国际平均水平。看似突飞猛进的中国制造业,其实远没有国人想象的那么强大。我国需要积极加大研发投入,获得关键零部件和控制系统等核心技术,才能在机器人产业中不被其他国家卡脖子。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-64014-.html

 

据统计,2017年,我国制造业机器人市场规模为62亿美元。连续五年成为全球第一大应用市场,虽然发展速度世界第一,但渗透率却还差的太远。甚至未达到国际平均水平的每万人74台标准。而韩国的机器人密度为每万人631台,日本为303台,德国为309台。我国只相当与韩国1/10,日本德国的1/5。而我国仅有的工业机器人在关键零部件和控制系统上还长期受制于人,必须从国外进口。这一局面无法支撑“中国制造2025”计划。更不可能完成从制造大国到制造强国的转变。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-64014-.html

 

相比于中兴事件,如果国外对我国工业机器人机型禁运封锁。影响的将不仅仅是一家企业,而是多个行业!从机器人行业我们可以看出,如今的中国制造业,与德国和日韩相比还有较大的差距。像工业机器人、高端精密机床和新材料等领域,都被国外严密封锁,就算我国现在认识到了问题的严重性,也不是一朝一夕就能突破的,这需要巨额资金的投入,和长时间的技术积累!

 

 

「市場」ロボット浸透率が韓国の1/10にも足りない! 中国製造2025計画が前途多難!

 

2018-05-22 10:42 ・ テンセントニュース

「概要」近日、中国工業及び情報化部が発表した最新データによると、今まで、中国の産業作業員一万人当たりのロボット対応数は約60台で、このレベルは工業強国と比べると大きな差があって、国債平均水準にさえ達してない。実は、ぐんぐん伸びているように思える中国製造業界は中国人の想像のようには強くはない。積極的に研究開発の投入を増やし、肝心な部品とコントロールシステムなどの核心技術を得てこそ、ロボット業界でほかの国に牽制されないようになる。

【高工ロボット総合報道】

近日、中国工業及び情報化部が発表した最新データによると、今まで、中国の産業作業員一万人当たりのロボット対応数は約60台で、このレベルは工業強国と比べると大きな差があって、国債平均水準にさえ達してない。実は、ぐんぐん伸びているように思える中国製造業界は中国人の想像のようには強くはない。積極的に研究開発の投入を増やし、肝心な部品とコントロールシステムなどの核心技術を得てこそ、ロボット業界でほかの国に牽制されないようになる。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-64014-.html

 

データによると、2017年中国の製造業界ロボット市場の規模は62億ドルである。五年連続全世界第一の応用市場となって、発展のスピードが世界一だが、浸透率がまだまだで、国際平均水準の一万人当たり74台の標準にさえ達してない。一方で、韓国のロボット密度が一万人当たり631台で、日本が303台で、ドイツが309台である。中国のは韓国の1/10、日本とドイツの1/5に相当するだけである。それに、中国の有する工業ロボットの肝心な部品とコントロールシステムはほかの国に長期的に牽制され、海外輸入に頼っている。こういう状況では「中国製造2025計画」を支えられないのは言うまでもなく、製造大国から製造強国になることも不可能である。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-64014-.html

 

中興事件と比べると、海外から我が国の工業ロボット機種への輸出禁止と封鎖をされた場合、その企業だけではなく、多くの業界に影響を与えるということである。ロボット業界から見ると、今の中国製造業界はドイツと日本と比べるとまだ大きな差がある。工業ロボット、ハイエンド精密工作機械と新材料などの領域のように海外に厳密的に封鎖されて、今問題の深刻さを意識するに至ったとはいえ、簡単に解決するとはいかない。かなりの資金投入と長時間の技術の累積が不可欠の条件である。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-64014-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください