「市場」嘉騰の海外進出:グレーターチャイナ初 EUCEのAGV認証証書を獲得

LINEで送る

【市场】嘉腾布局海外市场:获大中华区首张AGV欧盟CE认证证书

 

2018-04-28 09:18 • 高工机器人网

摘要4月25日,德国莱茵TüV为广东嘉腾机器人自动化有限公司(以下简称“嘉腾”)自主研发生产的潜伏牵引型AGV产品,颁发了大中华区首张符合欧洲机械指令MD2006/42/EC的CE认证证书。

【文/潘敏瑶】4月25日,德国莱茵TüV为广东嘉腾机器人自动化有限公司(以下简称“嘉腾”)自主研发生产的潜伏牵引型AGV产品,颁发了大中华区首张符合欧洲机械指令MD2006/42/EC的CE认证证书。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63850-.html

 

TüV莱茵德国总部Christian Schacherl为嘉腾董事长陈友颁发证书

由此,嘉腾成为国内首家获得TüV莱茵CE认证的AGV生产企业,标志着其产品满足了欧盟相关法规及技术要求,获得了进入欧盟市场的通行证。

此次成功通过欧盟CE认证的AGV产品,是嘉腾自主研发的一款潜伏牵引型AGV,采用磁导航,载重量大,通过中央控制系统远程集中调控,并搭载独立安全保护系统,可广泛应用于智能物流、电子、家电等行业。

4月23日,同样是在德国汉诺威展上,原KUKA最大股东德国GRENZEBACH集团与嘉腾签订了战略合作协议,此举为嘉腾进一步开拓海外市场奠定了基础。

据了解,格林策巴赫机械(德国)有限公司(GRENZEBACH)是欧洲顶级的自动化服务商,成立于1960年,是戴姆勒集团、奥迪汽车、可口可乐公司、博世集团等国际企业的供应商,年营业额3亿欧元。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63850-.html

 

GRENZEBACH集团与嘉腾签订战略合作协议

经过一年的相互考察与沟通,嘉腾和GRENZEBACH达成战略协议:双方将互补技术短板,嘉腾作为GRENZEBACH在全球第三家合作伙伴,将帮助GRENZEBACH向大中华地区提供自动化服务。同时,GRENZEBACH也成为嘉腾在欧洲及北美地区的重要合作伙伴,将协助嘉腾向欧洲终端客户提供以AGV为核心的智能物流技术服务。双方将于今年7月互派技术人员进行交流学习。

嘉腾成立于2001年,是BVL德国物流联盟成员。2005年,嘉腾推出第一款无人搬运车,之后陆续加入了惯性导航、激光导航、二维码导航、磁导航等技术,推出了一系列智能“机械脚”。

2016年,嘉腾推出无人搬运车中央调度系统“嘉腾Brain”,该系统通过传感器将机器人连接起来,然后进行任务分配,让企业能够对多台机器人进行控制和调度。

2018年2月1日,嘉腾机器人正式发布二维码导航的仓储机器人——小蚂蚁BusyAnt AGV。小蚂蚁BusyAnt AGV采用了由中航工业旗下公司军工技术制作的自动顶升机构,解决了顶升机构高故障的老大难问题。

目前,嘉腾机器人畅销的产品有10多款,定制化产品有100多款,最大负载达40T,客户涵盖广汽集团、本田、丰田、大众等汽车生产商,华为、美的、海信、联想、纬创资通等通信、电子、电器类公司的国内外工厂或仓库,及南车等交通、电力、航空、食品等众多领域公司。

 

 

「市場」嘉騰の海外進出:グレーターチャイナ初 EUCEのAGV認証証書を獲得

 

2018-04-28 09:18 • 高工ロボットネット

「概要」4月25日、広東嘉騰オートメーションロボット株式会社(嘉騰)は自主的に潜伏牽引型AGVを開発したため、グレーターチャイナで初めてドイツテュフラインランドTüVからヨーロッパの機械指令を満たしたMD2006/42/ECのCE認証証書を授与された。

【文/潘敏瑶】4月25日、広東嘉騰オートメーションロボット株式会社(嘉騰)は自主的に潜伏牽引型AGVを開発したため、グレーターチャイナで初めてドイツテュフラインランドTüVからヨーロッパの機械指令を満たしたMD2006/42/ECのCE認証証書を授与された。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63850-.html

 

TüVラインのドイツ本社のChristian Schacherl社長は嘉騰の陳友社長に証書を与える

これにより、嘉騰は国内で初めてTüVラインCEに認証をもらったAGV生産会社となり、同社の製品がヨーロッパの関連法規と技術要求を満たせると証明し、ヨーロッパ市場への通行証を獲得したということである。

今回EUのCE認証をクリアしたAGV製品は嘉騰が自主的に開発した潜伏牽引型AGVである。磁気ナビゲーションを採用し、積載量の大きい潜伏牽引型AGVは中央コントロールシステムを通じて集中的に遠隔操作でき、さらに独立セキュリティーも導入されているため、スマート物流や電子、家電などに広く応用できる。

4月23日、同じくドイツのハノーバーショーで、元KUKA最大の株主だったドイツGRENZEBACH社と戦略的協力協議を契約した嘉騰は海外進出の基礎を築くこととなった。

聞くところによると、GRENZEBACH株式会社はヨーロッパでトップクラスのオートメーションサービスプロバイダであり、1960年に創立され、ダイムラー社、アウディ自動車、コカ・コーラ社、そしてボッシュ社などの国際企業のサプライヤーである。一年の売上高は三億ユーロである。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63850-.html

 

GRENZEBACH集団は嘉騰と戦略的協力協議を契約する

一年間の相互視察とコミュニケーションを経て、嘉騰は以下のようなことについてと戦略的協議を達成した。お互いに短所を補足し合って、GRENZEBACHの第三の提携パートナとして、嘉騰はGRENZEBACHがグレーターチャイナに自動化サービスを提供する助けになる。一方同時に、GRENZEBACHも嘉騰のヨーロッパや北米地域での重要なパートナとして、嘉騰がヨーロッパの末端ユーザーにAGVを核心にしたスマート物流サービスを提供することに協力する。今年の7月、双方はお互いにエンジニアを派遣し、相互学習を行う予定である。

2001年に設立された嘉騰はBVLドイツ物流連盟のメンバーである。2005年、嘉騰は初めて自動リフトを開発してから、続々と慣性ナビゲーション、レーザーナビゲーション、QRコードのナビゲーション、磁気なナビゲーションなどの技術を導入し、一連のスマート機械脚を開発した。

2016年、嘉騰は自動リフトの中央コントロールシステムとなる「嘉騰Brain」を開発した。当システムはセンサーを通じてロボットと接続し、任務を分配し、複数のロボットに対して、企業はコントロールや調整などができる。

2018年2月1日、嘉騰ロボットはQRコードのナビゲーションが導入された倉庫ロボットーー小さなアリBusyAnt AGVを正式に発表した。BusyAnt AGVは中航工業の子会社の軍事工業技術で作られた自動ジャッキ機構を使用し、ジャッキ機構の故障しやすいという長きに渡った問題を解決した。

現在、嘉騰ロボットにはヒット製品が10種以上もあり、オーダーメイド製品が100種以上もあり、ピーク負荷は40トンに至る。顧客は広汽集団、ホンダ、トヨタ、フォルクスワーゲンなどの自動車生産会社から、ファーウエイ,MIDEA,ハイシン,レノボ,Wistronなどの通信、電子、電気系の会社まで、そして、南車などの交通、電力、航空、食品など広範囲の領域の会社も含まれている。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63850-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください