「年会」中国国産ロボットの冬来たりなば春遠からじ

LINEで送る

【年会】国产机器人冬天已经到了,春天还会远吗

 

来源:高工机器人网    发布时间:2018-12-13 09:06

【文/千千】2017年机器人行业的小井喷与2018年整体的不达标已经形成明显的反差;同时这一轮经济整体下行,资本隔江观望;面对中国市场的进一步开放,国外大品牌在华的新一轮跑马圈地;中美贸易战的持续升温……这些问题,让今年的高工年会显得尤为有看点。

寒冬下是死亡更是新生,最近的“孟晚舟事件”让“华为与5G”再度成为大众舆论的焦点,这表示华为背后所代表的新生代中国企业已经开始慢慢对世界经济格局产生影响。而这对机器人行业,影响又有几何?

从短期看,影响微乎其微,中国市场的机器人进口国主要是欧盟与日本,出口国主要集中在“一带一路”的国家,所以这种层次的贸易战对机器人市场基本没有大的冲击力。

但是,从长期看,影响是不容忽视的。美国拥有世界上最多的机器人科研中心,虽然没有众多的机器人本体企业,但是拥有众多的软硬件核心零部件企业,而对于机器人来讲,软硬件缺一不可。这种长期的贸易战对于将来国产机器人国际市场的并购将会产生很大影响。

目前国际上以中国和印度为例,产生了两种各种截然不同的发展模式,当年中国遭受西方国家封锁,手无寸铁,一步一个脚印搞出了大量的尖端科技装备,而印度则是要什么有什么,但是截至到现在,印度整个现代工业生产中,产业链断裂且科研能力不足,严重依赖外界。

而回首国内市场,受2017年行业产能不足影响,国内核心零部件企业如雨后春笋般破土而出,大量机器人本体企业凭借其背景平台加上政策利好,纷纷在国际市场纵横捭阖,大量收购技术企业,同时大量外设例如夹爪与机器视觉企业也开始纷纷出现,在集成商方面,一方面快乐的是业务增长但痛苦的是垫资之痛。

但是无论如何,整个国产机器人产业链在一步步迈向国产化。现在的当务之急就是稳步发展,虽然在这个过程中,肯定会有如Rethink一样倒下的,但是先行者是为后来者探明了前行的方向。

业内人士统一看法就是下一步将会以技术驱动取代市场驱动,这种情况下,核心技术与产品才是根本,低价只能算是旁门左道,撑得了一时,成不了一世,国产机器人已经开始迈上正轨。

留给国产机器人的时间确实不多,但是还没到“国足逼平叙利亚”的地步,准确把握市场脉搏,切不可贪一时之力,走低价之路,损人不利己。做好自己,多一份行至水穷处,坐看云起时的淡然心境,spring is coming。

 

 

「年会」中国国産ロボットの冬来たりなば春遠からじ

 

出所:高工ロボットネット  2018-12-13 09:06

「文/千千」2017年ロボット産業が伸びた変化と2018年全体的に標準に達しなかった状況が著しいコントラストを示していると同時に、ロボット産業の経済は全体的に下降し、投資者も成り行きを見守っている。中国市場がさらに開放することに対して、海外ブランドは協力パートナーを探し、中国で有限の市場を奪っている。それに加え、中米貿易戦争も依然として激しくなっている。これらの問題は、今年の高工年会の見所の一つになる。

冬は死であり更に新生なのである。最近の孟晩舟事件はHUAWEIと5Gを再び世論の話題にさせた。この事件はHUAWEIなどの次世代の中国産業がますます世界経済の構成に影響を与え始めていることを示す。そして、ロボット産業に対しては、どのような影響を与えるのだろうか。

短期的に見れば、影響がほぼないのである。中国市場のロボット輸入国は主にEUと日本で、輸出国は主に「一帯一路」の国なので、このような貿易戦争はロボット市場に巨大なショックを与えないのだ。

しかし、長期的に見れば、影響を決して軽視してはならない。アメリカは最も多くロボット研究センターを持つ国であり、ロボット本体の生産企業はあまり多くないが、ソフトウェアとハードウェアの核心部品を生産する企業数が多い。ロボットにとって、ソフトウェアとハードウェアは欠かせないものなので、このような長期的な貿易戦争は将来国産ロボットの国際市場の企業合併に多大な影響を与える。

目下、中国とインドを例として、世界では二つの異なる発展モデルを形成した。昔の中国はほかの国に封鎖され、何もなかった状況で着実に発展し、大量の先進的設備を生産した。一方で、以前のインドには必要なものは何でもあったが、現在ではインドの現代工業生産は産業チェーンが断裂し、開発能力も不足し、ほとんどの部分をほかの国に頼っている。

そして、国内市場の状況を見ると、2017年ロボット産業の生産能力不足の影響で、国内の核心部品の生産企業が次々に出てきて、大量のロボット本体生産企業は背景基盤及び政策の支持にて国際市場で大量の技術企業を買収し、つかみ金具のような外部機器と機械視覚企業が絶え間なく大量に出現した。インテグレーターにとって、業務の増加を喜びに感じる一方、資金を立て替えることに悩んでいる。

しかし、どうなっても、国産ロボットの産業チェーンは確かに国産化の道を進めている。目下の急務は穏やかに発展することである。この過程で、Rethinkのように倒れる企業が出てくるはずではあるが、先行企業は後続の企業に方向性を示すのではないか。

業界内の人々は、次は技術駆動が市場駆動に取って代わるという意見を持っていて、そしてこの状況で、核心技術と製品こそ最も重要であるという。低価格は短期間で効果があるが、長期的に見れば無駄なことである。現在、国産ロボットはすでに正しい軌道に乗っている。

国産ロボットに残された時間は確かに短いが、まだ「中国サッカーはシリアに追いつく」のようにそこまで要求することはない。正確に市場の動きを把握するだけでなく、一時の利益で低価格の道を選んで、他人も自身の利益も損害してはいけない。自分の仕事をうまくやり、水が貧しいところに行ったら、ただ雲が動き始めるのを座ってみるように、世の中のことに気にかけない心境でいれば、春はきっと来る。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65656-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください