「情報」中国地面ロボットが初めて極地の探査に投入

LINEで送る

【资讯】我国地面机器人首次投入极地考察

 

2018-02-14 17:25 • 高工机器人网

摘要正在进行的我国第34次南极科考中,由中国科学院沈阳自动化研究所自主研发的探冰机器人成功执行了“南极地形勘测”项目地面勘察现场试验任务,这是我国地面机器人首次投入极地考察冰盖探路应用。

正在进行的我国第34次南极科考中,由中国科学院沈阳自动化研究所自主研发的探冰机器人成功执行了“南极埃默里冰架地形勘测”项目地面勘察现场试验任务,这是我国地面机器人首次投入极地考察冰盖探路应用。中国极地研究中心李院生研究员认为,该探冰机器人是安全有效的冰盖未知区域安全路线探测技术装备,将在未来建立中山站至埃默里冰架冰上安全运输路线中发挥重要作用。据悉,探冰机器人目前正在回沈阳的路上,将回家休整。

这台探冰机器人针对南极天气条件和环境特点进行专门设计,长2米,宽2米,高1.5米。采用全地形底盘悬挂,具有轮式和履带两种驱动形式,控制速度可达20公里/小时。采用燃油提供能源和动力,续航能力大于30公里。探冰雷达任务载荷,可对冰盖表面以下深100米冰盖结构进行探测。据现场执行人、中科院沈阳自动化研究所助理研究员眭晋介绍,“南极埃默里冰架地形勘测”项目现场机器人组装、调试、测试、执行探路任务等过程中,遭遇了低温、白化天、大风、降雪、大雾等恶劣天气,顺利通过了复杂冰雪路面行走的检验。25天的时间中,机器人行走总里程约200多公里,任务测线长约140公里。现场测试与应用验证了探冰机器人系统设计的有效性。

探冰机器人系统研制负责人卜春光副研究员介绍,在国家863计划支持下,中科院沈阳自动化所从“十一五”开始,与我国极地科考实施牵头单位中国极地研究中心合作,开展了南极科考机器人关键技术与系统应用研究。截至目前,已研制出地面科考机器人5台套,参加现场考察的地面机器人4台套,实现应用的地面机器人有2台套。

 

 

「情報」中国地面ロボットが初めて極地の探査に投入

 

2018-02-14 17:25 • 高工ロボットネット

「概要」現在進行している中国の第34回の南極の科学調査では、中国科学院瀋陽自動化研究所が自主研究開発した氷中探索ロボットは「南極エモリー地形測量調査」プロジェクトの地面測量調査現場試験任務に成功し、これは中国地面ロボットが初めて極地の氷床下の陸地探査の応用に投入されたということである。

現在進行している中国の第34回の南極の科学調査では、中国科学院瀋陽自動化研究所が自主研究開発した氷中探索ロボットは「南極エモリー地形測量調査」プロジェクトの地面測量調査現場試験任務に成功し、これは中国地面ロボットが初めて極地の氷床下の陸地探査の応用に投入されたということである。中国極地研究センター李院生研究員の考えでは、その氷中探索ロボットは安全かつ有効的に氷床の未知区域の安全ルートを調べる技術装備であり、将来中山駅からエモリーパー棚氷上での安全運送ルートで重要な役割を果たすようだ。知るところによると、氷中探索ロボットは瀋陽に帰り、休息させ整備される見込みだ。

その氷中探索ロボットは南極の天気条件と環境特徴に対して専門的にデザインされ、長さ2メートル、幅2メートル、高さ1.5メートルである。全地形対応車台を採用し、タイヤ式とキャタピラー式の二つの駆動形式があり、コントロールスピードは時速20キロに達する。燃油でエネルギーと動力を提供し、航続能力は30キロ以上。氷中探索のレーダー任務負荷は氷床表面以下の100メートルの氷床構造を探測できる。現場の実行者であり、中国科学院瀋陽自動化研究所助手研究員の眭晋氏の紹介によると、「南極エモリー棚氷地形測量調査」プロジェクトの現場ロボット組み立て、デバッグ、テスト、ルート探索の実行任務などの過程で、低温、雪満天、大風、雪、霧などの悪天候に遭い、複雑な氷雪地面の走行検査をクリアした。25日間、ロボットの総走行距離は200キロメートルぐらいであり、任務検測ルートは約140キロメートルである。現場のテストと応用は氷中探索ロボットのシステムデザインの有効性を実証した。

氷中探索ロボットのシステムデザインの開発責任者卜春光研究員は、国家863計画の支持の下、中国科学院瀋陽自動化研究所は「第十一次五ヶ年計画」時期から、中国の極地科学探査実施にける先頭単位である中国極地研究センターと連携し、南極の科学探査ロボットの重要な技術とシステム応用の研究を展開していると紹介した。現在までに、研究し作り上げた地面科学探査ロボットは5セットあり、現場での探査に参加する地面ロボットは4セットあり、応用が実現した地面ロボットは2セットである。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63393-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...