「最前線」インダストリー4.0は密かにサプライ・チェーンを変えている

LINEで送る

【前沿】工业4.0正悄悄改变供应链

 

2017-12-26 13:35 • 高工机器人网

摘要 第四次工业革命的发展速度前所未见,相较于过去的工业革命,现在工业4.0正呈现指数成长,而非线性成长。工业4.0正改变世界各国的所有产业,牵涉到整个生产、管理与治理流程。

第四次工业革命的发展速度前所未见,相较于过去的工业革命,现在工业4.0正呈现指数成长,而非线性成长。工业4.0正改变世界各国的所有产业,牵涉到整个生产、管理与治理流程。

工业4.0正悄悄改变供应链

工业4.0会结合供应链所有步骤,变成一个更具弹性的虚实整合系统。

世界经济论坛(World Economic Forum)创办人Klaus Schaub表示,第四次工业革命的发展速度前所未见,相较于过去的工业革命,现在工业4.0正呈现指数成长,而非线性成长。工业4.0正改变世界各国的所有产业,牵涉到整个生产、管理与治理流程。

Schaub认为,工业4.0是由数据推动,而主要的内涵在于大量数据的搜集、处理与分析。过去十年来,客户期待的改变,或许是工业历史上最大的改变力量。随着数字化进步,客户也期望得到非常快速的响应。

在已开发世界,许多B2B与B2C客人希望得到高度订制化的服务,而且必须在最短时间内送达。在这个浪潮下,产品必须满足客户需求,供应链也必须跟着改变。当今的供应链,是由各个独立的步骤结合而成,但工业4.0会结合所有步骤,变成一个虚实整合系统,比传统供应链更具弹性。

这些智能生态系统可以支持自动化制造科技。新的认知运算,从概念发想、研发、营销、制造、配送等,可以从头打造智能价值链,成为智能工厂。云端平台、数据分析、人工智能和智能自动化,势将颠覆市场、产业和社会期待。

资诚(PwC)分析供应链数字化的冲击,认为对许多公司而言,数字化科技结合了传感器网络,整合企业的不同部门与上下游,包括原物料与零件供货商、生产流程本身、终端产品的仓储与配送业者、以及客户,从中央控制中心进行管控,并由数据分析引擎进行管理。

未来的供应链可能有三大发展趋势:

第一是预测性分析,让公司了解客户的需求与购买行为;

第二是采购4.0,让采购部门从成本中心变成利润中心,让该部门了解供货商、市场与创新;

第三是智能仓储,结合无人机与机器人,加速仓储内的物料处理速度。

 

 

「最前線」インダストリー4.0は密かにサプライ・チェーンを変えている

 

2017-12-26 13:35 • 高工ロボットネット

まとめ 第四回産業革命の発展のスピードは未曾有の速さであり、過去の産業革命と比べ、現在インダストリー4.0は現在指数的に増加しており、線形成長ではない。インダストリー4.0は世界各国の全産業に変わり、生産、管理と整備の全プロセスに関わっている。

第四回産業革命の発展のスピードは未曾有の速さであり、過去の産業革命と比べ、現在インダストリー4.0は現在指数的に増加しており、線形成長ではない。インダストリー4.0は世界各国の全産業に変わり、生産、管理と整備の全プロセスに関わっている。

インダストリー4.0は密かにサプライ・チェーンを変えている

インダストリー4.0はサプライ・チェーンの全部のステップを結合し、より柔軟性があるCPSになっていく。

世界経済フォーラム創立者Klaus Schaub氏は、第四回産業革命の発展のスピードは今までにないほどであり、過去の産業革命と比べ、現在インダストリー4.0は現在指数的に増加しており、線形成長ではないと表した。インダストリー4.0は世界各国の全産業を変えており、生産、管理と整備の全プロセスに関わっている。

Schaub氏は、インダストリー4.0がデータから推し進められており、主な内容は大量のデータの収集、処理と分析である。過去の十年、顧客の期待の変化はもしかすると工業史上の最大の変化の力なのかも知れない。デジタル化の進歩に従い、顧客も迅速な反応を期待している。

既に開発の進んだ世界では、多くのB2BとB2Cの顧客は高度に特注化されたサービスを受けたいと希望している上に、必ず最短時限で届けなければならない。このブームでは、製品は必ず顧客の需要を満たし、サプライ・チェーンもそれに伴って変化しなければならない。今のサプライ・チェーンはそれぞれ独立のステップが結合してできているが、インダストリー4.0は全部のステップを結合し、CPSになり、伝統的なサプライ・チェーンより柔軟性がある。

それらのスマート生態システムは自動化製造科学技術をサポートできる。新たな認知演算は、概念の発送から、研究、経営、製造、配達などまで、一からスマートバリューチェーンを作り出し、スマート工場になる。ネットフォーム、データ分析、人工知能とスマートオートメーションは将来市場、産業、社会の期待を覆す見込みだ。

資誠(PwC)はサプライ・チェーンのデジタル化の衝撃を分析し、多くの会社について言えば、デジタル化の科学技術がセンサーネットワークを結合し、企業の異なる部門、上層と下層部を組み合わせ、原材料と部品のサプライヤー、生産過程そのもの、端末製品の倉庫保管、配達業界関係者と顧客も含め、中央制御センターからコントロールし、データ分析エンジンで管理すると考えている。

未来のサプライ・チェーンは三つの発展動向があるかもしれない:

一つ目は予測的分析で、つまり会社に顧客の需要と購買力を理解させることである。

二つ目は4.0を調達するということ、つまり調達部門がコスト中心から利益中心に変更し、その部門にサプライヤー、市場、イノベーションを理解させることである。

三つ目はスマート倉庫保管ということ、つまりドローンとロボットを結合し、倉庫の材料処理スピードをアップさせることである。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63018-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...