「最前線」西安交通大学教授は多視覚ロボットによるスマート製造システムの開発に成功した

LINEで送る

【前沿】西安交大教授成功研发群视觉机器智能制造系统

 

2018-04-19 10:22 • 高工机器人网

摘要西安交通大学4月17日举行科技成果新闻发布会,学校自动控制研究所韩九强教授团队研发的“工业5.0”时代群机器智能制造系统模型引人关注。

西安交通大学4月17日举行科技成果新闻发布会,学校自动控制研究所韩九强教授团队研发的“工业5.0”时代群机器智能制造系统模型引人关注。这套由四个机器人组成的群视觉机器智能制造系统,正在演示多个机器人共同的工作场景。其中两个机器人正在装配零件,另两个则在下象棋。中间的传送带同时传送零件和棋子,机器人可自行识别、抓取所需物品,并准确摆放或装卸。韩九强教授称,他和团队打造这套模型,是为了展示他们眼中的“工业5.0”。

西安交通大学自动控制研究所教授韩九强:“每一次工业革命,都是以机器衍生出,类人某一种重要器官机能的机器机能为标志。那么在这个基础上我们就推论出,工业5.0是机器衍生出类人智力机能的机器学习的机能。”

韩教授说,目前常见的工业机器人,只能取代普通工人从事流水线上的单一重复劳动。但“工业5.0”时代,机器人可以通过学习,掌握多种操作技能与工作机制,并根据现场情况自行判断需要进行的劳动,类似于工程师。

西安交通大学自动控制研究所教授、博士生导师韩九强:“工业5.0普及以后,它是主要解决产品多品种定制化这种高效的精准服务。我们觉得应该是由中国来引领工业5.0走向世界。”

 

 

「最前線」西安交通大学教授は多視覚ロボットによるスマート製造システムの開発に成功した

 

2018-04-19 10:22 • 高工ロボットネット

「概要」4月17日西安交通大学で科学技術成果の記者会見が行われた。学校自動コントロール研究所の韓九強教授グループの開発した「工業5.0」時代のグループロボットによるスマート製造システムの模型が目を引いた。

4月17日西安交通大学で科学技術成果の記者会見が行われた。学校自動コントロール研究所の韓九強教授グループの開発した「工業5.0」時代のグループロボットによるスマート製造システムの模型が目を引いた。四つのロボットからなる多視覚ロボットスマート製造システムはいくつかのロボットが一緒に作業をする場面を実演していた。その中で、二つのロボットは部品を取り付けていたが、その他の二つは中国の将棋を指していた。中間のベルトコンベアには部品と駒を運んでいて、ロボットは自動的に見分けて取るべきものを取ってから、確実に置いたり、あるいは着脱した。韓九強教授によると、彼とグループがこの模型を作ったのは、彼らの見ている「工業5.0」を実演するためだ。

西安交通大学自動コントロール研究所の韓九強教授は、「毎回の工業革命は、すべて機械から派生し、人類はある重要器官機能の機械機能をマークとなっている。これに基づくと、工業5.0は機械から派生する人類知力機能を伴う機械学習の機能だと判断できます。」と言った。

韓教授によると、今よく見る工業ロボットは普通の作業員の代わりにアセンブリラインの単一な作業しか務められない。しかし、「工業5.0」時代、ロボットは勉強によって、多種の操作技術と作業機序を把握できるし、技術士のように現場の状況によってやるべき仕事を自動的に判断できる。

西安交通大学自動コントロール研究所の教授で、博士課程学生の指導教官である韓九強は、「工業5.0が普及して、主に産品多品種のオーダーメイド化のような高効率で確実なサービスの解決に取り組みます。我々は中国が工業5.0において先頭を走ります。」と言った。

 

記事引用元:www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63776-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください