「注目点」河南省、はじめて「緑バス計画」を出す エコ貨物運送、物流買収は新潮流になる

LINEで送る

【热点】河南省首次推出“绿巴计划” 绿色货运、物流并购将成新趋势

 

2018-01-09 10:35 • 高工机器人网

摘要近日,河南交通运输部联合公安部、商务部印发《关于组织开展城市绿色货运配送示范工程的通知》,决定从2018年初启动城市绿色货运配送示范工程,计划至2020年底,力争在示范城市建成“集约、高效、绿色、智能”的城市货运配送服务体系。

公司

▪ 白山云科技获3.3亿元C轮融资

云链服务提供商“白山云科技”宣布完成3.3亿元C轮融资,本轮融资由阿尔法资本和春珈资本领投,新增两家战略投资机构跟投。此前,公司于2015年8月获得过数千万元A轮融资,并在2016年7月完成1亿元的B轮融资。

据悉,白山云科技已服务了包括微软、美团、小米、海康威视等在内的300多家行业头部客户。2017年营收规模达到上年度的300%以上,连续两年实现规模化盈利。

本轮融资后,资金将主要用于技术研发与产品创新,并继续发力云后市场。

▪ 海胶集团联合研发割胶“机器人”首次亮相 有效提升橡胶产量

海南海胶集团与青岛中创瀚维精工科技有限公司联合研发的割胶“机器人”,1月7日,在海胶集团红光分公司橡胶园举行割胶系统技术测试演示。该系统目前已取得阶段性成果,推广成功,将成为天然橡胶产业一项革命性的突破,可大幅降低人工成本,提升橡胶产量。

▪ 黑芝麻智能科技完成近亿元A+轮融资

1月5日,黑芝麻智能科技有限公司宣布完成近亿元A+轮战略融资。本轮融资由蔚来资本领投,芯动能投资基金、北极光创投等共同参与投资。 2016年11月黑芝麻已获得北极光领投的A轮融资。黑芝麻(bst.ai)是一家视觉感知核心技术开发与应用提供商,主攻领域为嵌入式图像、计算机视觉。2016年9月,黑芝麻分别在上海和美国加州硅谷成立研发中心。团队成员已超过80人。

政策

▪ 王泽山获国家科技最高奖

1月8日,2017年度国家科学技术奖励大会在人民大会堂举行,南京理工大学教授、中国工程院院士、中国机器人峰会顾问王泽山获国家最高科学技术奖。自2000年中华人民共和国国家科技奖开评以来,共有29人获此殊荣,平均年龄超过80岁。

在机器人峰会上,王泽山与多位专家共同交流科学发展前景,并分享了火药炸药装备行业的智能制造。

地方

▪ 河南省首次推出“绿巴计划” 绿色货运、物流并购将成新趋势

近日,河南交通运输部联合公安部、商务部印发《关于组织开展城市绿色货运配送示范工程的通知》,决定从2018年初启动城市绿色货运配送示范工程,计划至2020年底,力争在示范城市建成“集约、高效、绿色、智能”的城市货运配送服务体系。

“绿巴计划”的核心就是提升资源利用率,减少资源浪费,实现节能降耗,低碳环保。目前郑州的公共交通对新能源车的利用率就比较高,全市6000多辆公交车,92%是新能源车,在全国排名也比较靠前。未来“绿色物流、物流并购、零担物流综合化,将是2018年物流行业发展的大趋势。

海外

▪ 亚马逊获创新按需3D打印零售服务专利

近日,亚马逊获得一项新零售系统专利,该系统使亚马逊能够处理定制3D打印物品的订单。客户可以通过服务获得设计3D打印,然后通过邮递收到它们。亚马逊的零售系统可以将3D打印的许多优势提供给生产项目,满足日常消费者的需求。

 

 

「注目点」河南省、はじめて「緑バス計画」を出す エコ貨物運送、物流買収は新潮流になる

 

2018-01-09 10:35 • 高工ロボットネット

まとめ 近ごろ、河南交通運輸部が公安部、商務部と連合で『都市のエコロジー貨物運送模範工程の展開を組織することについての通知』を公布し、2018年のはじめに都市のエコロジーの貨物運送配送模範工程を始動することに決まり、2020年末までにモデルの都市で「集約、高効率、エコロジー、スマート」の都市貨物運送配送体系を確立することに力を入れる見込みだ。

会社

・白山クラウド科技は3.3億元のCラウンド融資を得た

クラウドリンクサービスプロバイダー「白山クラウド科技」は3.3億元のCラウンド資金調達を完成したと公表した。今回の融資はアルファ資本と春珈資本が筆頭で投資し、新たに二社の戦略投資機構が続いて投資した。この前には、会社は2015年8月では数千万元のAラウンド融資を得、更に2016年7月で1億元のBラウンド融資を得た。

聞くところによれば、白山クラウド科技は既にマイクロソフト、美団、小米、海康威視などの300社の業界トップ達を顧客としてサビースを提供している。2017年売上高規模は前年度の300%以上に達し、2年連続で規模化で利益アップを実現した。

今回の資金調達の後、資金は主に技術の研究開発と製品の革新に使い、クラウドのアフターマーケットに力を入れることを持続する。

・海胶集団が協力開発したゴムタッピング「ロボット」がはじめて登場する ゴムの生産量を有効的に向上できる

海南海胶集団が青島中創瀚維精工科技有限会社と協力開発したゴムタッピング「ロボット」は、1月7日に海胶集団赤光支社ゴム園でゴムタッピングシステム技術テストの実演を行った。このシステムは既に段階性の成果を上げ、普及に成功したら、天然ゴム産業の革命的進歩になり、人工コストを大幅に減少でき、ゴムの生産量を向上できる。

・黒ごま知能科技は近億元のA+ラウンド資金調達を完成した

1月5日、黒ごま知能科技有限会社は1億元ほどのA+ラウンドの戦略的資金調達を完成したと発表した。今回の融資は蔚来資本が筆頭で投資し、芯動能投資基金、北極光創新投資などがともに投資に参加した。2016年11月黒ごま社は既に北極光が筆頭のAラウンド融資を得ていた。黒ごま(bst.ai)社は視覚感知の核心技術の開発応用のサプライヤーで、専門の領域は嵌め込み型画像とコンピューター視覚だ。2016年11月9月、黒ごま社はそれぞれ上海とアメリカカリフォルニア州のシリコンバレーで研究開発センターを成立した。チームメンバーは既に80人を超えた。

政策

・王澤山は国家科学技術最高賞を得た

1月8日、2017年度国家科学技術表彰大会が人民大会堂で行われ、南京理工大学の教授、中国工程院院士、中国ロボットサミット顧問王澤山氏が国家最高科学技術賞を得た。2000年の中華人民共和国国家科学技術賞のはじめての選評以来、全部で29人が受賞し、平均年齢も80歳を超えている。

ロボットサミットでは、王澤山氏は複数の専門家と共同で科学発展の前景について交流を交わし、更に火薬爆薬装備業界のスマート製造についてをシェアした。

地方

・河南省はじめて「緑バス計画」を出す エコロジーの貨物運送、物流買収が新しい動きになる

近ごろ、河南交通運輸部が公安部、商務部と連合で『都市のエコロジー貨物運送模範工程の展開を組織することについての通知』を公布し、2018年のはじめに都市のエコロジーの貨物運送配送模範工程を始動することに決まり、2020年末までにモデルの都市で「集約、高効率、エコロジー、スマート」の都市貨物運送配送体系を確立することに力を入れる見込みだ。

「緑バス計画」の核心は資源の利用率を向上し、資源の浪費を減少し、エネルギーの節約、消耗の減少、低CO2、エコを実現することである。現在鄭州の公共交通の新エネルギー車の利用率は相当に高く、全市では6000台余りのバスがあり、その内92%が新エネルギー車であり、全国のランキングでも上位になっている。将来「エコロジー貨物運送、物流買収、LTL物流総合化」は2018年物流業界の大きな流れになる見込みだ。

海外

・アマゾンは創新需要を基づいて3D印刷小売りサービスパテントを得た

近ごろ、アマゾンは新しい小売りシステムパテントを得、このシステムはアマゾンがオーダーメイドで3D印刷品物の注文を処理できるようにしたということである。顧客はサービスを通し、3D印刷で設計でき、配達で品物をもらえる。アマゾンの小売りシステムは3D印刷の多くの優位性を生産プロジェクトに提供し、日常消費者の需要を満たせるだろう。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63131-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...