「職人気質」を習うには、国民はまだ少し不足があり(2)

LINEで送る

什么是真正的“工匠精神”

本当の「職人気質」は一体何か?

 

“工匠精神是一种精益求精的态度,这并非一日之功”,富冈女士说,“更不可能是凭借一己之力就能做到”。她指出,工匠精神的培养,对一个人使用的工具、工作的环境,精神状态甚至指导的师傅都有着相当严格的要求。“例如在我们京都非常有名的清水烧(一种陶瓷制品),一个学徒需要学习三年的时间才能初步掌握这门技术,在这三年的时间里,师傅也许一句话都不会和学徒说,学徒需要细致入微的观察师傅的每一个动作,神情甚至呼吸都要尽可能和师傅保持一致。”

「職人気質は絶えず進歩を求める態度であり、1日で習得するわけでもなく、自分一人の力で辿り着けることでもありません。」富岡さんが指摘した。職人気質を育成するために、職人が使用する工具、作業環境、精神状態強いては指導する師匠にかなり厳しい要求があります。「例えば京都でとても有名な清水焼、弟子が焼く技術を身に付けるには少なくとも3年がかかる。3年の間に、師匠は弟子に一言も教えないかもしれないから、弟子は師匠の動作を極細かくまで観察、吟味し、表情から呼吸までも師匠と一致する必要がある。

 


画像引用元:http://mt.sohu.com/20161122/n473870516.shtml

 

“在日本,工匠们都会把自己的产品像对待孩子般精心呵护,他们认为,产品都是有灵魂的,因此一定要倾注自己的心血。”富冈女士解释道。而在这种心态下制造出来的产品,其品质自然有保障。但于此同时,工匠们也非常喜欢把“我最好的作品永远是下一个”当成自己的座右铭,恰恰是这种不断挑战自我超越自我的精神,使得“日本制造”成为国际市场响当当的金字招牌。

「日本では、職人達は自分の製品を自分の子供みたいに心を配って保護します。製品も魂を持っているから、自分の心血を注がなければならないと彼たちが思ったいます。」富岡さんが説明した。このような心理状態の下で生産された製品はもちろん品質的に保証がある。同時に、職人達は「私の一番いい作品は次の作品だ」という言葉を自分の座右の銘にするのが好きだ。自分を絶えず挑戦し、自分を超える精神があるこそ、「日本製造」は国際市場の立派なブランドになっただのだ。

 


画像引用元:http://www.takefoto.cn/viewnews-729825.html

 

关于工匠精神的典型,富冈女士并没有列举任何有代表性的知名企业,而是讲了这样一个小故事:在京都,有一家拥有百年历史的面包老店,曾经做出京都第一根法国长棍面包。当初,那位面包师为了学习如何制作法式面包,特意去学习了法国历史,尤其是法式点心的发展史,然后再特意远赴欧洲的美食之都法兰西,进修了三年,系统学习法国的面包烘焙理论知识和烘焙技术。学成之后,他也没有急着回到家乡,而是在东京继续学习和磨练自己的技艺,当他再度回到京都的时候,完美的口感使得“京都第一”的法式长棍面包名至实归。

「職人気質」の代表的な例にを上げると、富岡さんは有名な企業の名前を出すではなく、ある物語を語った。京都で曾て日本初のフランスパンを作った百年歴史を持つパン屋がある。そのパン屋のパティスリーはフランスパンの制作方法をマスターするために、わざわざフランスの歴史、特にフランスデザートの発展歴史を勉強した。それから欧州の美食の宮であるフランスまで行って、フランスのパンを焙じる知識と技術をシステム的に勉強しました。卒業した後に、彼はすぐに自分の故郷へ戻るではなく、引き続き東京にいて自分の技を磨いた。再び京都に帰った時に、彼が焼いたパンはすでに完璧な食感で「京都一番」をになった。

 

“工匠精神”的学习需要自上而下

「職人気質」の習うには上から下まで進行する必要がある

 

在现代社会,工匠精神诞生的前提条件是爱岗敬业,日本企业的终身雇佣制在一定程度上使得企业内部人与人之间的关系更加平等,对企业也更有归属感,愿意尽自己最大的力量去为企业做出贡献。“在日本企业主看来,每个员工都是不可替代的,都是这个企业的重要组成部分。”富冈女士说,“甚至连残疾人员工都能得到如正常人那般平等的对待,例如日本著名的医疗器械制造商欧姆龙,其员工有70% 都是残疾人,但每个人都坚信自己不比健全人要差,在消费者拿到产品的那一刻,一定没有人会想到,这些精密的医疗仪器是出自一群心灵手巧的特殊匠人。”

現代社会では、仕事を愛する心は「職人気質」が誕生する前提である。日本企業特有の終身雇用制度は一定の程度から企業内部の人間関係をもっと平等にする役割を果たした。社員は企業に対して帰属感を持っていて、自分の力を尽くして企業の発展に貢献する意欲がある。「日本会社にとって、スタッフは企業の重要な構成要素で、一人一人でも代わりのない存在です。」富岡さんが言った。「たとえ体の不自由なスタッフでも普通のスタッフのように平等に扱われます。例えば日本で有名な医療器械製造者のオムロン、70%のスタッフは体の不自由な人です。彼らには自分が普通の人より劣るという考えはありません。消費者は製品を手に入る際に、こんな精密な器械は頭の回転が速くて手先も器用の特殊職人が作ったとは思えないでしょう。」

 


画像引用元:http://mt.sohu.com/20161122/n473870516.shtml

 

欧姆龙同样是工匠精神的代表

オムロンも「職人気質」の代表である

 

反观中国,或许很多企业的管理者在内心深处都不曾有过诸如“每个员工都有着自己的个性,每个人都是不可替代的”这种想法,在他们看来,员工不过是零部件,不能用了,随时更换。用人单位虽然在签订合同时会说诸如“我们不是雇佣关系,而是合作共赢”之类的话,但实际上被雇佣者和企业之间并没有太强的粘性,无法对企业产生深厚的感情,更难以热爱自己的职业——充其量,只是谋生的手段罢了。在一家企业,如果自上而下充斥着这样的想法,那么“工匠精神”也便无从说起。

ところで中国を振替で見れば、「スタッフ一人一人が自分の個性を持つ変わりのない人間だ」と心から真剣に考える企業管理者はいないだろう。彼らにとって、スタッフは単に企業の部品に過ぎない、壊れたらすぐに交換できる。労働契約を結ぶ時に「私達は雇用関係ではなく、ウインウイン関係です」と一言をを言うかもしれないが、実際では、社員と企業の間に強い絆はないだ。社員は企業に対して感情を生じにくく、自分の仕事を愛するのはさらに難しいだ。仕事はせいぜい生計を立てる手段に過ぎない。もし企業の内部では上から下までこんなふうに考える人ばかりいると、「職人気質」はどうしてもできないだろう。

 


画像引用元:http://www.ks-hxjx.com/newsshow/C1zI7z.html

 

“中国制造的产品质量很好,制造工艺也不差,真正缺乏的是一种精神,”富冈女士指出,要喜欢自己的工作,对自己的职业倾注足够的感情,这是学习工匠精神的基础。也许身为一个日本人,富冈女士说不出“爱岗敬业”这四个字,但几十年前那一串串令人熟悉的名字和渐渐远去的身影,让人猛然间发现,中国也曾经有许多极具工匠精神的劳动者,但现如今浮躁的社会使得他们精神的继承者变得凤毛麟角。

「中国製造の商品は品質もいいし、工芸もいいですが、不足なのはこのような精神です。自分の仕事が好き、自分の職業に十分の感情を注ぐことは職人気質を習う基礎です。」富岡さんがこう指摘した。日本人としての富岡さんは「爱岗敬业」という中国特色の言葉を言えないかもしれないが、何十年前に覚えのある名前とだんだん遠ざかる後ろ姿を思い出せると、昔の中国も「職人気質」を持つ労働者がいっぱいたことが分かる。しかし、今の落ち着けない社会ではその精神の受け継ぎ者がめったにいないだ。

“中国的华南地区有许多企业渴望升级转型,很多当地领导也开始转变意识,和京都的中小型企业加强交流合作,力求对日本企业进行全方位的学习,这很让人欣慰”,富冈女士说。随着两国经贸关系的不断深入,也许不久的将来,中国可以重新拾起失去的东西。

「中国の華南地域で多くの企業は産業の構造転換と高度化を求めていて、当地のリーダー達も考え方を変えて、京都の中小企業と交流や協力を強め、日本企業を全面的に参考の対象にしています。それはいいことだと思います。」富岡さんが評論した。両国の経済貿易関係の深めることにつれて、近い将来に、中国は昔になくなったものを取り戻せるかもしれない。

 

亜太日報 虞超

http://mt.sohu.com/20161122/n473870516.shtml

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください