「視点」自社ブランドのロボットの好調な売れ行きはスマート製造を推進する  専門家は肝要な基礎技術を身につけるべきだと主張

LINEで送る

【视点】自主品牌机器人热销推动智能制造 专家称还要掌握关键基础技术
 
2017-11-16 10:13 • 高工机器人网
 
智能制造现在是全球竞相争夺的制高点。在15日举行的第三届中国制造高峰论坛上,智能制造也成为焦点。什么才是智能制造的核心竞争力,硬件和软件哪个更重要?专家就此展开了讨论。
 
一说起智能制造,不少人首先想到的都是机器人。数据显示,我国机器人产业发展迅速,上半年,接近九成的自主品牌机器人企业新增订单同比增长。机器人多了,制造业就能工程化和产业化。中国机械工业联合会会长王瑞祥认为,机器人光有数量还不行,接下来要发展高档机器人、高档机械设备。
王瑞祥:加快组织研发具有深度感知、智慧决策、自动执行功能的高档数控机床,工业机器人等智能装备和智能产品,加快节能与新能源汽车、绿色制造、服务型制造的发展。
 
不过,同样是用机器人,不同企业生产出来的产品在质量上也可能千差万别。中国工程院院士柳百成注意到,有一个因素直接导致了这个差别。

柳百成:智能制造涉及面很宽,包括智能产品,包括智能装备,包括智能制造的生产过程,也包括智能制造的生产模式。但是这些方面它必须要有一个底层,就是智能制造的关键基础技术,这个关键的基础技术按照我的理解就是数字化设计与制造。
 
比如飞机的起落架,以前从设计到制造要12年,而用数字化设计制造却只要6年。再比如,波音777飞机当初开创民航客机先河,没有设计图纸竟然就上天了,原因就是使用了数字建模与仿真技术。
 
国务院发展研究中心企业研究所所长马骏的观点是,发展智能制造不能只盯着生产线。
 
马骏:由于产品的智能化,企业和客户的关系也在发生变化,从一次性交易转变为长期服务。因为你的产品卖出去以后,通过网络它终生保持在线,企业可以提供在线检测、在线升级,以及开发增值服务。

在马骏看来,企业在制造、研发、服务当中形成的大数据,可以用于进一步改进企业的产品质量,开发更多用户需求,所以,企业要把大数据作为核心资产。

值得注意的是,无论硬件还是软件,现在都有不少企业通过模仿的方式获得技术。而格力电器董事长董明珠则认为,发展智能制造,要走自主研发之路。
 
董明珠:一定要打破过去的观念,不能再做跟随型,模仿型。当然,我们不反对到国外购买技术或者是谈合作,但是真正成为一个创造者,要看到自己的责任所在,我们一定要走一条自主研发的道路。
 
 
「視点」自社ブランドのロボットの好調な売れ行きはスマート製造を推進する  専門家は肝要な基礎技術を身につけるべきだと主張
 
2017-11-16 10:13 • 高工ロボットネット
 
スマート製造は今、全世界が先を争って争奪し合っている要所である。15日に行われた第3回中国製造ピークフォーラムでは、スマート製造も焦点となった。スマート製造のコアコンピタンスは何か?ハードウェアとソフトウェアどちらがより重要か?専門家はこれらについて討論を展開した。
 
スマート製造と言えば、まずロボットを思い浮かべる人も少なくない。データから、中国のロボット産業は急速に発展し、上半期に、9割近くの自社ブランドロボット企業の追加注文が前年同期比より成長したことが明示されている。ロボットが多くなれば、製造業の工程の効率化や産業化ができる。中国の機械工業連合会の王瑞祥会長は、ロボットの数量が多いだけはダメで、次はハイレベルなロボット、ハイレベルな機械設備を発展させるべきだと考えている。
 
王瑞祥:「深い感知能力、スマート行動決定機能、自動執行能力を持っているハイレベルNC旋盤、工業ロボットなどのスマート装備及びスマート製品の研究開発活動を加速すべきだ。また、省エネルギーと新しいエネルギーの自動車、エコな製造、サービス型製造の発展も加速すべきだ」
 
しかし、同じようにロボットを使う場合でも、異なる企業が生産した製品は品質は千差万別であるかもしれない。中国工程院の柳百成氏は一つの要因がこの差に直接つながっていることに気づいた。
 
柳百成:「スマート製造は関連する方面が広く、スマート製品、スマート設備、スマート製造の生産過程、スマート製造の生産モデルが含めている。しかしこれらの方面は1つの土台がなければならない。その土台とはスマート製造の重要な基礎技術である。この重要な基礎技術は私の理解ではデジタル化の設計と製造である」
 
たとえば、飛行機の降着装置は、以前は設計から製造まで12年を要したが、デジタル化の設計と製造を使用したら6年しかかからない。また、当時ボーイング777は民航機の先鞭をつけたが、なんと設計図面無しで、飛行できた。その理由としてはデータモデリングとシミュレーション技術を使ったことだ。
 
国務院発展研究センター企業研究所の馬骏駿所長の観点は、スマート製造の発展は生産ラインと睨めっこするだけではいけないということだ。
 
馬駿:「製品のインテリジェント化のため、企業と取引先の関係も変わって、使い捨ての取引から一転長期サービス。あなたの製品が売れるから、ネットを通じてそれを一生オンラインができて、企業がオンライン検出、オンラインのアップグレードと開発の付加価値サービスを提供することができる」
 
馬駿から見れば、企業の製造、研究開発、サービスの中で形成されたビッグデータが、企業の製品の品質をさらに改善し、より多くのユーザーの需要を開発ことに用いることができる。だから、企業はビッグデータをコア資産として重視すべきとのことだ。
 
注意すべきことは、ハードウェアもソフトウェアも、今は真似の方式を通じて技術を得る企業が多い。そしてグリーエレクトリックアプライシアンズの董明珠代表取締役は、スマート製造の発展は、自主開発の道を行くべきだと考えている。
 
董明珠:「必ず過去の観念を破り、他に追従する形、真似をする形を取ってはならない。もちろん、私たちは海外からの技術購入、或は技術提携に反対はしない。しかし本当のクリエーターとなるには、自分の責任の所在を見つけなければならない。私達は必ず自主研究開発の道を行くべきだ」
 
 
記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62632-.html
 

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください