「視点」野心満々!中国工業ロボット業界が世界に影響している

LINEで送る

【视点】野心不小!中国工业机器人业正影响世界

 

2017-10-11 09:29 • 高工机器人网

摘要近年来,受到人力成本和人口结构的影响,亚洲地区机器人产业快速增长,中国成为了世界最大的机器人市场。

【文/GGII】据国际机器人联合会(IFR)预测,到2020年,将有170万个新工业机器人应用到世界各地的工厂中。

工业机器人是实现柔性自动化的基础设施,越来越灵活的机器人产品满足工厂的需求,有利于加快企业对市场的响应速度。2017年全球机器人市场保持着强劲的增长趋势,报告显示,亚洲澳大利亚地区的机器人安装量增加了21%,美洲机器人供应增长16%,欧洲增长8%。

1、全球工业机器人五大市场

去年,全球机器人市场主要分布在中国、韩国、日本、美国和德国这五个国家,这五个国家占据了全球机器人的四分之三市场。

中国——全球最大的机器人市场,2016年销量达到85000台。此外。中国本土机器人供应商地位不断提升,市场占有率已经达到31%。

韩国——世界第二大工业机器人市场,韩国是液晶显示器和内存芯片制造市场的领导者,韩国加大了电气和电子工业方面机器人的投资。在韩国制造业中,每10000名员工中就有大约630个机器人安装,是世界机器人密度最高的国家。

日本——日本是主要的机器人生产国,为满足工业机器人日益增长的需求,日本机器人厂高不断增长生产能力。2016年产量达到全球机器人总供应数量的一半。

美国——美国为了提升工业竞争力,不断发展自动化生产,通过优惠政策把国外制造业引回本土,增加同内生产投资,为机器人创造了良好的市场环境。美国机器人密度为每10000名员工中1261台安装量,仅次于韩国之后,美国大多数的机器人都是从日本、韩国和欧洲进口。

德国——世界第五大机器人市场,也是欧洲市场中最大的一个。

2、中国工业机器人销量快速增

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62287-.html

 

数据来源:高工产研(GGII)

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62287-.html

 

数据来源:高工产业研究院(GGII)

GGII数据显示,2016年中国工业机器人销量达8.50万台,同比增长23.91%,增速相对放缓。原因:

2013-2014年,受益于前期政策实施刺激以及行业低基数影响,机器人销量高速增长,平均增速超50%;

2015-2016年,随着中央政策的调整,由金融税收等政策刺激转变为行业规范引导产业协调健康发展,同时,由于宏观经济下行、制造业不景气影响,增速放缓;

GGII认为,随着国内“稳增长”政策效果的进一步显现,同时工业转型升级步伐加快,经济发展内生动力增强,为顺利实现产业结构调整,推进智能化生产,工业机器人需求增速能继续保持在25%以上。

3、系统集成企业大者恒大

 

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62287-.html

 

数据来源:高工产业研究院(GGII)

GGII调研显示,目前中国规模top20的系统集成商中,焊接集成占13席,可以说焊接领域是目前中国集成大厂商的集中营;

GGII认为,焊接集成商主要集中在汽车行业,自身的技术积累较深,与车厂的合作较为密切,车身焊接整线是焊接集成商起量的主要驱动力;

随着汽车产业需求趋于平稳,工业机器人需求开始由汽车行业向一般工业转移,GGII认为,随着以3C、新能源等行业为代表的一般工业需求的释放,部分系统集成商将逐步跨行业跨领域协作,未来有望诞生综合的大集成商。

 

 

「視点」野心満々!中国工業ロボット業界が世界に影響している

 

2017-10-11 09:29 • 高工ロボットネット

「概要」近年来、人件費と人口構造の影響で、アジアロボット産業は急速に伸びている。中国は世界で最大市場になった。

【文/GGII】国際ロボット連合会(IFR)の予測によると、2020年までに170万の新工業ロボットが世界各地の工場に応用されると予測されている。

工業ロボットは柔軟性自動化を実現する基礎施設である。柔軟性に富むロボットが工場のニーズを満たすことは企業の市場反応速度を加速する。2017年、グローバルロボット市場は強力な増加を保持している。報告によると、アジア、オーストラリアのロボット設置数は21%増加、アメリカの供給量は16%増加、ヨーロッパは8%増加した。

1、グローバル工業ロボット市場トップ5

昨年、グローバル工業ロボットは主に中国、韓国、日本、アメリカとドイツの五か国に分布している。この五つの国は世界の4分の1のロボット市場を占めている。

中国——世界最大のロボット市場、2016年に85000台の販売量に達した。他にも、中国本土のロボットサプライヤーの地位を高めていて、市場シェアは31%となった。

韓国——世界2位の工業ロボット市場で、液晶モニターとメモリチップ製造市場のリーダーである。電気と電子工業ロボットへの投資を強化している。韓国の製造業においては、10000人のスタッフにつき約630のロボットがある。世界でロボット密度が最も高い国である。

日本——主要なロボット生産国。工業ロボットの日増しのニーズを満たすために、日本のロボット工場は生産能力を向上している。2016年の生産量はグローバル供給量の半分に達した。

アメリカ——工業競争力を増強するために、自動化生産を断続的に発展させている。優遇政策を通して、外国の製造業を輸入し、国内生産投資を増加して、ロボット産業に良い市場環境を構造した。米国ロボット密度は10000名のスタッフにつき1261台で、韓国に続いて世界第二位である。アメリカのロボットは主に日本、韓国、ヨーロッパから輸入される。

ドイツ——世界五位のロボット市場で、ヨーロッパ市場で最大である。

2、中国工業ロボットの生産量が高度成長

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62287-.html

 

データソース:高工産業研究院(GGII)

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62287-.html

 

データソース:高工産業研究院(GGII)

GGIIデータによると、2016年に中国工業ロボットの生産量は前年同期比で23.91%増加の8.50万台に達した。増速が鈍化した原因は:

2013-2014年、前期政策の刺激と業界の低基数の影響で、ロボットの生産量は高速成長し、平均増速は50%を上回った。

2015-2016年、国家政策の調整に従って、金融税金収入などの政策から、業界規範が産業を協調して健康的に発展させる方向に転換し、同時にマクロ経済と製造業が不景気となり、増速が鈍化している。

GGIIの予測によると、安定成長という政策効果が現れていて、同時に工業モデル転換を加速するとともに、経済発展の内生的原動力が増強するとされる。産業構造の調整を実現して、人工知能化生産を推進するために、工業ロボットのニーズは25%以上を維持する。

3、システムインテグレーター 強い者は相変わらず強い

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62287-.html

 

データソース:高工産業研究院(GGII)

GGIIの調査から見ると、目下の中国において規模トップ20のシステムインテグレーターの中で、溶接インテグレーターが13席を占めた。溶接インテグレーターが中国の最大のインテグレーターと言っても良い。

GGIIによると、溶接インテグレーターは自動車業界に集中しており、自身の技術蓄積が深く、自動車工場と密切に連携している。自動車溶接インテグレーターは主な駆動力である。

自動車産業のニーズが安定に向かうとともに、工業ロボットニーズは自動車産業から一般工業に転換しつつある。GGIIは「3C、新能源なといった一般工業業界がニーズを増加するに従って、一部分のシステムインテグレーターが異業界、異分野に連携しつつある。未来に総合的なインテグレーターが生まれる望みがある。」としている。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62287-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください