「講演」佳順知能李特氏:如何にスマート物流の時代にビジネスチャンスを一足早く掴むか

LINEで送る

【演讲】佳顺智能李特:如何在智能物流爆炸时代抢占商机

 

2018-01-13 19:51 • 高工机器人网

摘要当今已经进入了智能物流爆炸的时代,主要表现为“商机无限”和“群雄逐鹿”两大方面。

【文/潘敏瑶】1月11日下午,在以“新时代•新机会•新使命”为主题的2017高工机器人年会上,佳顺智能董事长李特发表了题为《如何在智能物流爆炸时代抢占商机》的演讲。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63163-.html

 

李特分析,当今已经进入了智能物流爆炸的时代,主要表现为“商机无限”和“群雄逐鹿”两大方面。

在政治、人口、经济三重环境下促成了商机无限。首先,我国目前政策明确支持机器人产业发展,到2020年,会形成较为完善的工业机器人产业体系,培育3-5家具有国际竞争力的龙头企业和8-10个配套产业集群。其次,我国正在面临老龄化的社会问题,机器人能够有效减少劳动力不足问题。最后,随着我国人民收入不断扩大,一些高危类型需求逐步紧缺,机器人发展能够有效地弥补对高危岗位的需求。

日本、美国、韩国、欧洲是全球工业机器人市场的传统领导者,素有工业机器人“四大家族”之称的发那科、安川电机、ABB、库卡就分属于日本、瑞士、德国。日益崛起的中国机器人公司使“四大家族”量价齐降,谷歌、阿里巴巴等互联网企业进军机器人市场,正在形成工业机器人领域新的竞争格局。这些现象都在表明,机器人行业进入群雄逐鹿的局面。

为应对这一局面,李特提出了佳顺智能的五大对策,以在智能物流爆炸时代抢占商机。

方向聚焦化

只有持续的聚焦,包括技术聚焦、产品聚焦、行业聚焦,才能建立自己的核心优势。

技术专业化

要在激烈竞争中抢占商机,持续专业化是必经之路。李特表示,国外工业机器人行业已经先我们起步,且专业化程度较高。与此同时,国内较大规模的工业机器人企业也已经有足够的竞争优势。“如果没有更加专业的技术,则只能与市场机遇擦肩而过!”

系统标准化

一体化的应用系统是工业机器人产业化的必要条件,包括操作更加“傻瓜”,客户需要“简单易学”的产品;升级更加简单,市场需要不断更新的技术;推广更加便利,越“标准化”,越容易“产业化”。

制造精细化

“制造精细化” 是把握商机的制胜法宝,如能在激烈的竞争中凸显优势,就能在不断升级的客户需求中持续生存。

服务人性化

人性化服务是持续守护商机的强大保障,可显著增加智能产品的附加值,也可显著提高竞争力,同时,人性化服务可显著提高客户满意度。

最后,李特得出结论,只有拥有核心优势,包括专业的技术、标准化的系统、精湛的制造能力、人性化的服务,才是持续获得未来商机的唯一出路!

 

 

「講演」佳順知能李特氏:如何にスマート物流の時代にビジネスチャンスを一足早く掴むか

 

2018-01-13 19:51 •高工ロボットネット

「概要」スマート物流が盛り上がる時代が来た。その主な特徴は「無限のビジネスチャンス」と「熾烈な競争」の2つだ。

【文/潘敏瑶】1月11日午後、「新時代・新機会・新使命」をテーマとする2017年「高工ロボット」の年末会で、佳順知能の代表取締役李特氏が「如何にスマート物流の時代にビジネスチャンスを一足早く掴むか」というタイトルの講演をした。

 

画像引用元::http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63163-.html

 

李特氏の分析によると、スマート物流が盛り上がる時代が来た。その主な特徴は「無限のビジネスチャンス」と「熾烈な競争」の2つだ。

政治、人口、経済という三大要素が無限のビジネスチャンスをもたらした。まず、今中国の政策は明確にロボット産業の発展を支援している。2020年までに、ほぼ完全な工業用ロボット産業システムを形成し、国際的競争力を持つリーディング企業カンパニーを3〜5社とロボット関連の産業を集めた産業クラスター8〜10個を育てていく計画だ。次に、中国は老齢化の社会問題に直面しており、老齢化がもたらした労働力不足の問題を解決するには、ロボットが一つの有効な手段として重視されている。最後に、国民の収入の上昇につれ、危険性の高い仕事をする人が少なくなり、ロボットがその代わりとなり、そういった仕事の労働力不足を補うことができる。

日本、アメリカ、韓国、ヨーロッパは産業ロボット市場の昔からのリーダーであり、産業ロボット「四大家族」のファナック、安川電機、ABB、KUKAはそれぞれ日本、スイス、ドイツに属している。日増しに成長している中国のロボット会社が「四大家族」のロボット販売量と販売額に影響を与え、グーグルやアリババなどのインターネット企業がロボット市場に進出し、産業ロボットの分野に新しい競争の局面形成している。それから見ると、ロボット産業は熾烈な競争状態に入ったことが分かる。

これに対応をして、スマート物流爆発の時代にビジネスチャンスを掴むために、李特が佳順知能の五大対策を発表した。

方向集中化

技術、製品、業界の面で、持続的に集中してこそ、自分の核心的な優位性を得られる。

技術の専門化

持続的な専門化は激しい競争の中でビジネスチャンスを掴むためには避けて通ることのできない道だ。外国の産業用ロボットは中国より一足早く開発が始まり、専門化の程度が高い。中国国内の比較的大規模な産業用ロボット企業も既に十分な競争力を持っている。「より専門的な技術がなければ、この市場のチャンスとすれ違うしかできないのです!」と李特氏は述べた。

システム標準化

一体化した応用システムは工業ロボット産業化の必要条件だ。というのは簡単な操作(顧客の需要)、アップデート(市場の技術更新の需要)とプロモーション(産業化の需要)のことであり、「標準化」するほど簡単に「産業化」できる。

製造精密化

「製造精密化」はビジネスチャンスを掴むコツだ。激しい競争の中でアドバンテージを生かすことができれば、絶えず上昇していく顧客の需要の中でも生存することができるものだ。

サービスの気配り化

気配りの行き届いたサービスはビジネスチャンスを守る大きな保障であり、スマート製品の付加価値を付け加え、競争力を強化できる。同時にそれによって、顧客の満足度を向上させることができる。

最後に、専門的な技術、標準化のシステム、精密な製造能力、気配りの行き届いたサービスを含む核心的アドバンテージを得ることこそ、未来のビジネスチャンスをを獲得するための唯一の道だと、李特氏は結論を出した。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63163-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...