「講演」創維の葉闖:家電大工場のスマート配備の道

LINEで送る

【演讲】创维叶闯:家电大工厂的智能装备之路

 

来源:高工机器人网    发布时间:2018-12-21 09:25  

【文/千千】“我们家电行业的难点很多,我们的整体策略就是要打造全世界最具统治力的家电工厂,要做到平台化、智能化、品质化和个性化。我们的目标从2010年就开始进入家电的自动化,到2013年进行“31工程”,花3000万省1000人,到2016年我们信息化开始建设,2018年完成了两化样板建设,目前有6条智能产线生产,所以到2022年我们希望机器人拥有量达1000台/万人,生产率提高250%,机器换人率达到70%。”创维智能装备厂厂长叶闯如是说。

12月18日,在由高工机器人、高工产研联合举办的利元亨·2018高工机器人年会暨阿童木机器人·高工金球奖颁奖典礼”上,创维智能装备厂厂长叶闯做了题为《家电产业的智能装备之路》的主题演讲。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65716-.html

 

叶闯表示:“在中国制造2025大背景下创维集团有一个“1334战略”,从单一的制造业发展专项综合性的制造服务,以平台化实业布局工厂,智能化技术武装车间,以品质化管理铸造精品,以个性化定制抢占市场,精心打磨智能制造的生产力量,打造全世界最具统治力的家电工厂。”

为了让高端智能装备和信息化大数据得以有效落实和持续深化,让创维在家电行业的智能装备之路走的更远、更稳、更有成就,孕育出创维智能装备有限公司,公司成立于2006年,业务涵盖智能装备、精密模具、注塑三大模块。业务主要为:智能产线和设备集成、智能制造信息化系统、激光导航AGV系统、高精密模具和注塑产品。

叶闯表示家电行业产品多、工序复杂、周期短、节拍快,制造过程中成本很高、品质难保证,效率慢,同时环保要求高、场地受限,智能制造是必然趋势,但是这个过程并不好走。

针对于此,创维的步伐是先点后线再区域再面,对于设备是先单机再工段再模块再系统化。先点后面,以高效适用为准则,同时坚持可持续发展,优先选用机器人,在选机器人的时候也是优先考虑国产机器人。在生产上做到自动化与信息化融合,最终做到智能化发展,实现数字化和柔性多品种生产。

叶闯表示:“成果很显著,2018年我们机器人拥有量达到150台/万人,生产率提高120%,机器换人率达到30%。现在我们有很多成功的案例,比如各种螺丝机、全自动QC视觉检测做到电视检测工段的无人化,还有全自动整机包装一体化满足电视整机包装90%的作业。”

对于大型工厂而言,智慧工厂是下一步的发展趋势,在这个过程中,单机的自动化已经无法满足大规模的效率提升,所以以创维为代表的大工厂将会越来越注重系统集成,实现自动产线和系统有效集成,还可以做到可持续发展,满足产品的升级换代需求。

 

 

「講演」創維の葉闖:家電大工場のスマート配備の道

 

出所:高工ロボットネット  2018-12-21 09:25 

「文/千千」「家電産業の難点が多いので、当社の全体戦略は全世界で最も統治力のある家電工場を建設、プラットフォーム化、スマート化、品質化及び特殊化の商品を生産することを目指しています。当社の目標は2010年家電の自動化生産に入ることから、2013年『31工程』を進めて、3000万元をかけ1000人の労働力を省き、2016年私たちは情報化建設を始め、2018年サンプル建設をして、目下6つのスマート生産ラインを有するまで、次第に達成していきました。ですから、2022年では、保持するロボットの数量が1000台/万人に達し、生産率を250%まで高め、ロボットの労働力代替率70%を達することを希望しています。」創維スマート配備工場の工場長、葉闖氏は述べた。

12月18日、高工ロボットと高工産業研究院が連合し行った「利元亨•2018高工ロボット年会及びアトムロボット・高工ゴールデングローブ賞授賞式」で、創維スマート配備工場の工場長、葉闖氏は「家電産業スマート配備の道」をテーマにしてスピーチをした。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65716-.html

 

葉闖氏は「中国製造2025の大きな背景で、創維集団は『1344戦略』があります。単一の製造産業から専門総合性のある製造サービスまで発展し、プラットフォーム化実業で工場のレイアウトを行ったり、作業場にスマート化技術を備えたり、品質化管理で上等品を製造したり、特殊化のオーダーメイドで市場を占領したり、スマート製造生産に力を入れて増強し、世界中で最も統治力のある家電工場を建設すること目指しています。」と述べた。

ハイエンドスマート配備と情報化のビッグデータが有効的に実行し、深化し続け、創維が家電産業のスマート配備の道でより遠く、より平穏に、より成功するため、創維スマート配備株式会社を設立した。会社は2006年に設立し、業務範囲はスマート配備、精密な金型、射出成型の三つの方面を含める。主な業務内容は:スマート生産ラインと設備集成、スマート製造情報化システム、レーザナビゲーションAGVシステム、高精密な金型及び射出成型製品である。

家電産業の製品は多く、工程が複雑であり、周期が短く、仕事がハイスピードであり、製造過程のコストも高く、品質が保証しにくく、効率も低い。同時に、環境保護の要求が高く、場所も制限されるので、スマート製造は必然的な趨勢であるが、この過程は進みやすくないと葉闖氏は述べた。

これに対して、創維の足並みはまず点から線まで、そして区域から面まで、設備に単一なマシンから生産組織、モジュール化、システム化まで進むつもりである。点から面まで、高効率適用を基準とし、同時に持続可能な発展原則に従って、優先的にロボットを選んで使用し、ロボットを選ぶ時も優先的に中国国内生産のロボットを考慮して選ぶ。生産方面では、自動化と情報化を融合することにより、最後はスマート化発展を達成し、デジタル化で柔軟に多品種生産を実現する。

「成果は著しいです。2018年当社が持つロボットの数量は150台/万人に至り、生産効率は120%まで高まり、ロボットの労動力代替率も30%に達しました。当社は現在、多方面で成功例を獲得しました。例えば各種のスクリューマシン、全自動化のQC視覚検測はテレビ検測工程の無人化ができること、または全自動化マシン全体とパッケージの一体化はテレビ全体パッケージの90%の作業を満たすことができることです。」と葉闖氏は話した。

大型工場にとっては、スマート工場は次の発展趨勢である。この過程では、単一なマシンの自動化はすでに大規模な効率アップを満たすことはできないので、創維が代表として、大工場はますますシステム集成を重視し、自動化生産ラインとシステムの有効集成を実現する。そのほかにも、持続可能な発展ができ、製品のアップグレードによる世代交代の需要も満たすことができる。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65716-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください