「講演」 麦荷ロボット株式会社王岸氏:協働ロボットが中小企業の力になる

LINEで送る

【演讲】麦荷机器人王岸:协作机器人助力中小企业

 

2018-01-14 13:00 • 高工机器人网

摘要适应中小企业需求的机器人还没有大量的出现,而中国中小企业使用机器人制约因素正是获得成本和柔性。

【文/潘敏瑶】1月12日上午,在以“新时代•新机会•新使命”为主题的2017高工机器人年会上,麦荷机器人副总裁王岸发表了题为《协作机器人助力中小企业》的演讲。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63170-.html

 

王岸首先阐释了SME项目,这是2005年协作型机器人缘起的欧盟中小企业项目,旨在通过机器人技术增强欧洲中小企业劳动力水平,降低成本,提高竞争力,从而防止制造业就业机会流失到劳动力成本更低的地方。

反观中国中小企业使用机器人的现状,从产业工人占比来看,截止至2016年末,大型工业企业占据33.20%;中小工业企业工人占比为66.80%。而机器人占比的数据显示,大型工业企业的机器人占比为66.80%;中小工业企业为33.20%。

“实际上,中小企业非常迫切需要机器人进行自动化的升级改造,而为什么目前还没有达到一个非常合适的应用比例呢?我们认为是因为适应中小企业需求的机器人还没有大量的出现,而中国中小企业使用机器人的制约因素正是获得成本和柔性。”王岸分析。他分享了麦荷机器人应对中小企业需求的产品设计和商业模式。

提高柔性:快速部署与切换任务

在实际应用中,人们希望机器人像人一样,手不但可以自由变换不同的工具,而且当使用过某一工具时,使用这一工具的程序就会自动被机器人所记住,这样当再次拿起这一工具时,机器人就已经知道该怎么使用。

“虽然目前机器人还很难像人这样灵活,但是为了让机器人接近人的灵活度和柔性度,麦荷给机器人设计了适配器。”王岸介绍,机器人有特别设计的腕部接口,适配器安装在末端执行工具上,当机器人自动抓取到末端执行工具后,通过适配器的连接,它不仅可以实现机械上紧密的连接,同时实现电源、信号以及气源的自动对接,从而实现“即插即用”。即使手动更换末端执行器,所需时间亦小于1分钟。

王岸指出,即插即用柔性化功能的前提是末端执行工具曾经在这台机器人上做了程序编校,每个末端执行器上会有一个专用的身份编号,这台机器人记住了这些编号。

此外,协作型机器人拥有轻巧机身,可快速变换部署位置,或搭载于移动平台上。这一特点让协作机器人不仅非常适合于在工厂内自如前往工作岗位,还可以应用到更多非工厂领域中实现移动。

在示教方面,麦荷协作机器人可以通过图形界面示教器及腕部拖拽式示教环配合,实现新任务的快速编教。在总线设计方面,麦荷协作机器人内置电、气、信号总线,末端执行器所需的电源、气源、I/O接口直通腕部,无需外部绕线。

低成本以及对成本的掌控力

“要想降低获得成本只有一个办法,就是我们能掌控它的制造成本。”因此,麦荷机器人坚持自主研发所有的核心部件,包括减速器、伺服电机、驱动器等,将这些核心零部件组合成关键模块,通过改变核心零部件的尺寸和相应的参数,就可以做出不同大小、不同类型的关节,从而可以得到不同类型的机器人。

王岸分享了一条等式:RBM模块(集成关节轴 承、减速机、伺服电机)+低成本薄型大中孔高精度绝对值编码器+超小型大功率伺服驱动器=气、电、信内置式关节模块,可自由组合成2-7关节机械臂。

相对自由的定价和供应模式

通过自主研发之路,麦荷机器人获得对成本的掌控力之后,可以相对自由的对市场做定价,同时提出不同的商业模式。

王岸着重介绍了麦荷机器人的aPMC模式,即先进生产力管理合同。他解释:“可以把机器人看做一个劳动力,把它派遣到需要劳动力的企业里。在这种情况下,企业的获得成本是零,因为在劳动力的使用过程中会给企业创造价值。麦荷通过和企业签订先进生产力管理合同,从机器人给企业创造的价值里去获得属于我们的利润。”aPMC包含了转销售、销售、分期付款销售等方式。

 

 

「講演」 麦荷ロボット株式会社王岸氏:協働ロボットが中小企業の力になる

 

2018-01-14 13:00 • 高工ロボットネット

まとめ 中小企業の需要に応じたロボットはまだ大量には現れていないが為に中国の中小企業がロボットを使う上でのネック要素は獲得コストと柔軟性である。

【文/潘敏瑶】 1月12日午前、「新時代、新チャンス、新使命」をテーマにした2017年高工ロボットの年会で、麦荷ロボットの王岸副総裁は「協働ロボットが中小企業の力になる」をテーマにした講演を行った。

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63170-.html

 

王岸氏はまずSMEプロジェクトについて解説した。これは2005年協働ロボットをきっかけにしたEU中小企業のプロジェクトで、製造産業の雇用機会を労働コストのより低いところに流失しないように、ロボット技術を通してヨーロッパにおける中小企業の労働力レベルを高め、コストを削減し、競争力も高めることが目的だ。

逆に、中国における中小企業のロボットの使用状況から見れば、産業の従事人数においては、2016年末までに大型企業は33.2%を占め、中小企業の従業員の割合は66.8%である。一方ロボットの割合のデータによると、大型企業のロボットの比率は66.8%を占めるが、中小企業は33.2%である。

「実際に、中小企業には差し迫ってロボットによる自動化のモデルチェンジが必要になっているが、なぜいまだに非常に適当な応用比率に達していないのだろうか。私たちが思うに、中小企業の需要に応じるロボットはまだ大量には現れていないので、ロボットの使用において、中国の中小企業とっての制限要因は獲得コストと柔軟性である。」王岸氏はそう分析し、また麦荷ロボットの中小企業の需要に応じる製品設計とビジネスモデルをシェアした。

柔軟性を高める:速やかにミッションを配置し、切り替える

実際の応用では、使用者はロボットが人間のように手を異なるツールに自由に切り替えられるだけでなく、そのツールを使った後は使用手順をロボットが自動で記憶することを望んでいる。こうすれば再びそのツールを持つと、ロボットはそれをどう利用するかわかる。

「目下、ロボットは人間のようにしなやかに動くのは難しいが、人間の機敏性と柔軟さに近づくように、麦荷はロボット向けのソケットアダプタを取り付けた」。王岸氏はこう紹介し、ロボットの腕の部分に特別な接続口があり、ソケットアダプタは末端の実行ツールに取り付け、ロボットが末端の実行ツールを自動的に取ると、ソケットアダプタの連結を通して機械との緊密な連結を実現するだけでなく、電源、信号及びエア源の自動的な接続もできるので、挿しこむだけで使える。末端実行ツールを手動で替えても時間は1分かからないくらいだ。

王岸氏は、挿し込むとすぐに使えるこの柔軟性機能の前提とは末端実行ツールがこのロボットにかつてプログラミングを施させたことだと指摘した。各末端実行ツールは専用の照会番号があるので、このロボットはこれらのナンバーを覚えたのだ。 

その他、協働ロボットは本体が軽いので、配置の位置を速やかに切り替えたり、移動型のプラットフォームに搭載することもできる。この特徴のお陰で、協働ロボットは工場内で持ち場へ自由に向かうのに適しているだけでなく、より多くの工場以外の場所でも移動できる。

動作の指示において、麦荷協働ロボットは図形界面示教機器や腕部のドラッグ式示教機との連携を通して新しい任務の急速なプログラミングを実現する。バスの設計の面では、麦荷協働ロボットは電気、ガス、信号バスを内蔵し、末端の実行ツールの必要な電源、エア源、I / Oインターフェースは腕に直通している為、外部接続線を必要としない。

低コストとコストのコントロール力

「コストを減らしたいなら方法は1つのみで、私たちがその製造コストをコントロールできることです。」そのため、麦荷ロボットはあらゆる中核部品の自主開発を堅持している。その中には減速機、サーボモータ、ドライバなどを含んでおり、これらの中核部品を組み合わせて重要モジュールを作り、中核部品のサイズと相応のパラメータを変えることで、様々なサイズとタイプの関節を作ることができ、それによって異なるタイプのロボットを作り出せる。

王岸氏は一つの等式を発表した:RMBモジュール(集積関節ベアリング、減速機、サーボモータ)+低コストで薄型の大中穴高精度絶対値エンコーダー+低コストで薄型大規模な高出力サーボドライバ=ガス、電気、信号内蔵式の関節モジュールというもので、これで2~7の関節機械アームに自由に組み合わせることができる。

相対自由の定価と供給モデル

自主的に開発することで、麦荷ロボットはコストの制御力を獲得した後で、相対的自由に市場に対して定価をつけることができる同時に、異なったビジネスモデルを提案することができる。

王岸氏は、麦荷ロボットのaPMCモデルという先進的な生産力管理契約を紹介した。彼は「ロボットを労働力として必要がある企業に派遣することができる。この場合、企業の獲得コストはゼロとなる。なぜなら労働力の使用中に企業に対して価値を創造するからである。麦荷は企業と先進的な生産力管理契約を結ぶことにより、ロボットが企業に生み出す利益から私たちの利益を獲得する。」と説明した。aPMCモデルには転売、販売、分割払いなどの方式が含まれている。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63170-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください