「速報」ハルビン工業大学のスマート機器創業創新基地と24の企業が契約

LINEで送る

【快讯】哈工大智能装备双创基地与24家企业签约

 

2018-10-16 09:24 • 高工机器人网

【文/廖文清】当前,合肥经开区牢固树立和践行新发展理念,奋力创新转型升级,智能制造产业迎来了创新发展、开放合作的新态势。作为智能制造行业先进代表的哈工大机器人(合肥)智能装备双创基地,以创新、创业和产业联动发展的新模式,构筑起了智能制造领域产业发展的新型生态圈。

2018年10月15日,哈工大机器人(合肥)智能装备双创基地项目集中签约仪式在合肥市经开区智能装备科技园举行。哈工大机器人集团高级副总裁、合肥基地负责人于振中代表基地与现场24家企业代表进行签约。

哈工大机器人集团董事长王飞,合肥经开区管委会副主任孙余洲分别致辞。哈工大机器人集团董事长王飞表示,合肥经开区不断推进产业集群、校企合作、机器人小镇及空港经济圈等创新创业生态建设,为智能制造产业提供了跨越式发展的机遇和沃土。以此次集中签约为契机,哈工大机器人集团将进一步深化合肥基地的平台赋能,构筑“创新研发、创业孵化、产业集聚”链式发展的产业生态圈,为入驻项目提供品牌、资金、技术、人才、市场等系统化培育资源。

2016年7月10日,哈工大机器人(合肥)智能装备双创基地项目落户合肥,由合肥经开区与哈工大机器人集团共同建设。项目总投资20亿元,总建筑面积15万平方米,规划建设哈工大机器人(合肥)国际创新研究院、哈工大机器人集团华东制造基地、哈工大机器人集团华东区域中心三大板块。

自落户以来,哈工大机器人(合肥)项目受到了合肥市委、市政府的倾心关注,得到了合肥经开区管委会和相关部门的鼎力支持。目前,基地已初步构筑集创新研发、创业孵化、产业集聚、市场投资、科普教育等多功能为一体的成果转化平台,形成了技术创新、人才创业、规模产业互融共促的“发展共同体”。

作为国内机器人产业头部企业,哈工大机器人(合肥)智能装备双创基地项目落户经开区以来,平台效应快速彰显,此次项目集中签约,将助力基地进一步丰富“成果转化一站式、产业发展集群式”生态,加快建设成世界一流、全国领先的机器人及智能制造产业示范基地。合肥经开区将继续围绕“建设全球知名先进制造业集聚区,打造四个千亿产业”的战略目标,营造“亲商、安商、助商”的良好服务环境,为项目建设发展保驾护航。

据悉,此次现场集中签约的24个项目中,已入驻企业16家,新入驻企业8家,入驻项目涵盖智能制造、智慧城市、智慧教育和机器人及智能制造服务平台等多个产业领域,项目均建成后,预计可实现并带动周边相关产业产值超20亿元。

目前,双创基地已引进产业链上下游企业近30家,涵盖核心零部件、机器人本体、系统集成、软件服务的全产业链式布局蓝图渐成现实,为本地几十家企业提供了产业转型升级服务。

值得一提的是,为了攻克工业机器人制造中壁垒最高的核心零部件技术,塑造精密减速器的民族品牌,打破减速器长期依赖国外进口的僵局,助力国产机器人生产制造降本增效。哈工大机器人项目团队经过持续攻坚,研发出具有完全自主知识产权的精密摆线针轮减速器,性能接近国外水平,已具备小批量生产的能力,明年上半年将实现量产,并主导制定了《机器人用精密摆线针轮减速器》国家标准。

 

 

「速報」ハルビン工業大学のスマート機器創業創新基地と24の企業が契約

 

2018-10-16 09:24 • 高工ロボットネット

「文/廖文清」現在、合肥経開区は、しっかりと新たな発展の理念を確立し、全力を挙げ革新的な転換を果たし、スマート製造産業は革新的な発展、開放的な協力の新しい態勢を迎えた。スマート製造業の先駆者であるハルビン工業大学ロボット(合肥)スマート装備創業創新基地は、革新、創業、産業と連動して発展した新しいモデルであり、スマート製造分野の産業発展の新型生態系を構築している。

2018年10月15日、ハルビン工業大学ロボット(合肥)スマート装備創業創新基地プロジェクト集中調印式は合肥市経開区スマート装備科学パークで行われた。ハルビン工業大学ロボットグループの高級副総裁、合肥基地担当者は、振中代表基地と現場24社の代表と契約を結んだ。

ハルビン工業大学ロボット集団の王飛取締役会長と合肥経開区委員会の孫余洲副主任がそれぞれあいさつした。ハルビン工業大学ロボット集団の王飛取締役会長は以下のように表した。「合肥経開区は産業クラスター、学校企業協力、ロボットの町、空港経済圏などの革新的な創業生態系の建設を絶えず推進し、スマート製造産業のために発展のチャンスと豊かな土地を提供した。今回の集中契約を契機として、ハルビン工業大学ロボット集団は更に一歩、合肥基地プラットホームエンパワーメントを進めていき、「創造開発、ビジネスインキュベーション、産業集中」のチェーンが発展した産業生態系を構築する。参入しているプロジェクトを育成する為に、ブランド、資金、技術、人材、市場などの資源をシステム化し提供する。

2016年7月10日、ハルビン工業大学ロボット(合肥)スマート装備創業創新基地プロジェクトが合肥に上陸し、合肥経開区とハルビン工業大学ロボットグループが共同で建設した。プロジェクトは総投資額20億元で、総建築面積は15万平方メートル、ハルビン工業大学ロボット(合肥)国際革新研究院、ハルビン工業大学ロボットグループの華東製造基地、ハルビン工業大学ロボットグループ華東地区中心の3つのプレートを建設する計画だ。

上陸以来、ハルビン工業大学ロボット(合肥)プロジェクトは、合肥市委員会や市政府の関心を集め、合肥経開区管委員会と関係部門の大きな支持を得た。現在、基地は革新的な開発、ビジネスインキュベーション、産業集中、市場投資、科学普及教育などの多機能を一体とした成果の事業化プラットフォームを構築し、技術革新、人材創業、産業が相互に融和する「発展共同体」を形成している。

国内のロボット産業の大手企業としては、ハルビン工業大学ロボット(合肥)スマート装備創業創新基地プロジェクトが上陸して以来、プラットフォーム効果は急速に明らかになってきた。今回のプロジェクトは集中契約であり、「成果の事業化のワンストップ化、産業発展クラスター式」の生態を更に豊かにし、全国でリードしているロボットとスマート製造産業モデル基地を世界一流レベルに建設する。合肥経開区は、「世界的に有名で先進的な製造業集中区を建設し、4つの千億産業を構築する」という戦略目標をめぐって、「親商、安商、助商」の良好なサービス環境を構築し、プロジェクト建設のための後ろ盾になる。

聞くところによると、今回、現場で集中契約した24のプロジェクトのうち、既存の企業は16社、新しく参入した企業は8社である。参入するプロジェクトは、スマート製造、スマート都市、スマート教育、ロボット、スマート製造サービスプラットフォームなど複数の産業分野をカバーしている。プロジェクトが完成した後、周辺関連産業の生産額は20億元超に達すると予想される。

現在、創業創新基地はすでに産業チェーンの上流・下流の企業を30社近く誘致し、コア部品、ロボット本体、システムインテグレーションをカバーすることで、ソフトウェアサービスの全産業チェーン配置計画を現実のものとし、地元の数十社の企業のために産業モデルチェンジアップグレードサービスを提供した。それに値するのは、工業ロボットを製造する中の最高のコア部品技術を攻略する為に、精密減速器の民族のブランドを作り、減速器を長期にわたって海外からの輸入に依存している状況から脱却し、国産ロボットの生産製造のコスト効率を助けることだ。ハルビン工業大学ロボットプロジェクトチームは、完全に自主的な知的財産権を持つ精密な配置のサイクロイド歯車減速器を開発し、性能は国外のレベルに近づき、すでに少量生産能力を備えており、来年上半期に量産を実現する。また、「ロボット用精密サイクロイド歯車減速器」の国家標準を制定した。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65140-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください