「G20」2018年、この国産ロボット企業は革新を続けている

LINEで送る

【G20】2018年,家国机器人企

 

2018-12-19 15:51 • 高工机器人网

【文/虞超】2018年对于国产工业机器人而言是值得铭记的:制造业深受内外双重因素影响,3C行业,自动化升级遭受挫折,其它行业也受到不同程度的影响,企业购买能力和自动化升级愿望的低落,中国工业机器人增速明显下滑。众多国产工业机器人厂家也因此饱受煎熬,无比焦虑。

复杂的国内外形势,是挑战也是机遇。2018年,华数机器人“以创新求发展,以服务求支持”,瞄准用户的需求,在机器人核心部件、机器人整机产品和自动化解决方案方面都取得了不错的成绩。

华数机器人每年都会投入大量的自主研发经费,同时研发速度也非常迅速。2018年,华数先后研发了HSR-BR609s、HSR-BR5110码垛机器人、Co602协作机器人、HSR-SR6700机器人等8款机器人产品,并实现了产业化;其中HSR-BR5110灵活、高速的码垛机器人具有灵活、高速、360度全覆盖、便捷等特点,负载大,可应用于各种姿态下的抓取动作,如物料水平放置、垂直放置、倾斜放置等;SR-Co602智能、安全的协作机器人具备更智能、更安全、更便捷的特点,具备碰撞检测等动力学辨识功能,减免机器人误伤作业人员的事故,可随意移动,柔性化作业更加便捷。

HSR-JR603是华数新推出的高精度桌面3C工业机器人,主要特点在于体积小巧,特别适合在较小的空间安装,精度较高,速度很快,精度方面更是超过了±0.02mm。

当人机共融越发成为智能制造未来的趋势,华数又基于多元感知等尖端技术,自主研发了智能人机共融机器人,通过对力矩、声音、视觉等多元信息感知,融合动力学刚柔控制、智能语音交互、主动环境感知等前沿技术,实现真正的人与机器、环境之间的共融交互。

在机器人核心零部件领域,华数同样颇有建树:新一代控制统HSC3机器人控制系统于2018年10正式发布,该系统基于工业嵌入式硬件平台,融合先进的运动学、动力学、人机协作技术,搭载丰富的工艺知识库、工艺软件、工具软件,具有高速、高精、智能的新一代开放式控制系统,目前已进入智能机器人控制系统开发阶段;在动力学参数辨识与模型建立取得重大突破;人机共融方向国内领先,具备语音控制、拖动示教、安全监测等功能。

华数机器人总经理杨海滨说,自己的心态很好,所以并没有被业界的焦虑情绪影响,但对于整个行业的发展,他依旧存在紧迫感。或许正得益于这份紧迫感,让华数机器人能够不断推陈出新,在创意和技术上引领行业走向。

2018年,通过对应用端的深入研究,华数研发了一系列创新性的智能制造解决方案,包括基于深度学习的AI视觉分拣技术、一脑双控、机器人动态柔性跟随系统、3C智能打磨系统、双臂协同焊接工作单元、Delta快速分拣工作单元、HSR-JR603涂胶工作站等方案,显示了华数机器人强大的解决方案设计能力和在多个应用领域的丰富经验。

对于即将到来的2019年,杨海滨不仅希望华数机器人能推出更多的新产品和新技术,同时也希望上下游能密切合作,为终端用户提供性价比更好的产品和解决方案。

作为高工机器人重要的合作伙伴,G20成员之一的华数机器人将在12月17日出席由高工机器人在深圳沙井维纳斯皇家酒店举办的“利元亨•2018高工机器人年会暨阿童木机器人•高工金球奖颁奖典礼”。届时,华数机器人总经理杨海滨将发表以《集成商做强做大的思考和实践》为主题的演讲。期待您的莅临!

 

 

G202018年、この国産ロボット企業は革新を続けている

 

2018-12-19 15:51 • 高工ロボットネット

「文/虞超」2018年に国産工業ロボットにとって、製造業は国内外二重の影響を受け、3 C業界、オートメーション化が挫折し、その他の業界も影響を受け、企業の購買能力とオートメーション化の願望の低下、中国の工業ロボットの成長率は明らかに下がっている。多くの国産工業ロボットメーカーもそのために苦労している。

複雑な国内外の情勢は、挑戦するのもチャンスだ。2018年には、華数ロボットは「革新的な発展を求め、サービスをサポートしていきたい」として、ユーザーのニーズを狙って、ロボットの中核部品、ロボット完成製品、自動化ソリューションの面で良い成績を収めた。

華数ロボットは毎年大量の独自研究開発経費を投入し、同時に研究開発速度も非常に迅速である。2018年には、華数は続いて、HSR-BR609s、HSR-BR5110スタックロボット、Co602協力ロボット、HSR-SR6700ロボットなど8つのロボット製品を開発し、産業化を実現した。その中で、HSR-BR5110は柔軟性、高速、360度の全カバー、便利さなどの特徴があり、負荷が大きい。材料の水平配置、垂直配置、傾斜配置など、SR-Co602スマート、安全な協力ロボットは、よりスマートで、より安全で、より便利な特徴を備えており、衝突検出などの動力学弁識機能を備えている。ロボットは作業員の不慮の事故による負傷を軽減し、自由に移動することができ、柔軟な作業はより便利なものとなった。

HSR-JR603は華数の新しく発売された高精度のデスクトップ3 C工業ロボットで、主な特徴は体積が小さく精巧で、特に小さい空間に取り付けることができ、精度が高く、スピードはとても速く、精度方面は更に±0.02 mmを上回っていた。

人間と機械の融和はますますスマート製造の未来の傾向になって、華数はまた多元の感知などの先端技術に基づいて、独自にスマートヒューマンコンピュータロボットを研究開発して、力のモーメント、音、視覚などの多元の情報に対して感知して、動力学が柔軟に制御、スマート音声のインタラクティブ、自発的な環境感知などの以前の技術を融合させて、本当の人と機械、環境の間の共有を実現する。

ロボットコア部品の分野では、華数は同じように建樹していた:新世代制御システムHSC3ロボット制御システムは、2018年10日に正式に発表された。このシステムは、工業の埋め込み式ハードウェアプラットフォームに基づいて、先進的な運動学、動力学、ヒューマンコンピュータ協力技術を融合させ、豊富なプロセス知識ストック、プロセスソフト、ツールソフトを搭載し、高速、高精度、スマート化の新世代開放を備えている。開放式制御システムは、現在すでにスマートロボット制御システム開発段階に入っている。動力学パラメータの識別とモデルの確立に重大な突破をおさめた。ヒューマンコンピュータの融和は中国国内で一番であり、音声制御、デモンストレーション、安全監視などの機能を備えている。

華数ロボットの楊海浜総経理は、自分の心理状態が良く、業界の不安に影響されていないが、業界全体の発展に対して、彼は依然として緊迫感がある。このような緊迫感に恵まれているのかもしれないが、華数のロボットがどんどん新しくなり、アイデアや技術で業界をリードしていくことができると述べた。

2018年には、アプリケーションを深く研究することによって、華数は、深さの学習に基づくAI視覚分別技術、1つの脳で2つの方向制御、ロボット動態柔軟性に基づくシステム、3 Cスマートスイングシステム、双腕協働溶接作業ユニット、Deltaの迅速な分類作業ユニット、HSR-JR603ゴム引き作業ステーションなどのプログラムを開発した。ロボットの強大なソリューションの設計能力と多くの応用分野での豊富な経験を表した。

もうすぐやって来る2019年には、中国では、杨海滨氏は華数ロボットがさらに多くの新しい製品と新しい技術を発表することができるだけでなく、川下でも密接に協力してもらいたいと言う。ターミナルユーザーのために、より良い製品とソリューションを提供したいと考えている。

高工ロボットの重要な協力パートナーとして、G20メンバーの1つの華数ロボットが12月17日、深セン砂井ヴィーナスロイヤルホテルで開催される「利元亨・2018高工ロボット年会及びアトムロボット・高工ゴールデングローブ賞授賞式」に出席する。その時、華数ロボットの楊海浜総経理は「インテグレーションビジネスを強く大きくする思考と実践」をテーマにしたスピーチを発表する。皆様がお越し下さることを楽しみにお待ちしております。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65696-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください