【クローズアップ】51ロボット:ロボット業界の「天猫」をつくる(下)

LINEで送る

【特写】51ROBOT:打造机器人行业的“天猫”(下)

 

2018-12-24 09:01 • 高工机器人网

51Robot涵盖了机器人标准系统、机器人周边设备、机器人维保、机器人再制造、项目承接、技术合作六大业务模块,其中工业机器人和机器人标准系统占60%,二手机器人占20%—25%,机器人周边设备占10%左右,51ROBOT总经理辛志表示,明年51ROBOT将会调整业务,让业务占比更加平均。

在51ROBOT平台,集成商可以根据机器人应用、末端工具及客户标准来选定最适合的解决方案,从而轻松完成机器人的整体解决方案,而不需要花大量时间找厂家订制这些配件。

此外,51ROBOT外延布局“51 CONTROL”、“51 SYSTEM”、“51RENEW”及“51 CLOUD”等几个子平台,形成“工业机器人本体、电控设备、机器人工作站-培训-机器人标准系统-系统集成-实时远程健康监控系统软件-维护保养-二手机器人回收-翻新再制造”的循环式工业机器人全生命周期生态链,全产业机器人平台已初步形成。

其中,51cloud作为技术合作的平台,主要负责工业4.0的项目的实施,目前正在筹备设立中。“我们会做更多关于工业云这一块的业务,会有更明确的目标。”辛志说,“未来,客户只要在51Robot下单,一系列的问题都能解决,甚至如果有客户不再需要机器人的话,我们也可以进行回收。”

打造机器人行业的“天猫”

2018年,虽然整个机器人行业的需求增速放缓,但是总体来看需求量还是挺大的,包括外企在内的各家机器人企业还在继续扩大产能。辛志表示,机器人厂家越来越关注各种工艺包,并逐渐开始接受开放的销售平台,像KUKA、ABB等都已经逐渐接受平台式的销售,正式开始做官方授权,这对于51ROBOT正是利好的消息。

目前,51ROBOT与ABB、KUKA、安川等全球领先机器人厂家签署战略合作协议,推出电焊、弧焊、码垛、搅拌摩擦焊等多款标准工作站,并获得了海斯坦普、延锋比欧、大连大众等领先车企的保养服务项目订单。未来,51ROBOT还将整合更多国内外优质机器人品牌为系统集成商提供更多选择。

目前对于系统集成商来说,最大的问题就是资金短缺的问题,为此,51Robot制定了一系列融资租赁政策,与银行合作,进行贷款,此外,企业也可以选择机器人产品租赁业务以缓解资金压力。

除了资金短缺的压力之外,小型的系统集成商还普遍面临着技术实力薄弱、应用更加复杂的问题,51ROBOT也提出了应对的措施。辛志说:“针对技术薄弱的情况,我们有工程师可以提供培训,目前51Robot已经有ABB、库卡等机器人应用的培训工作站,此外,对工人、操作工和管理层,51Robot也可以提供培训服务;针对复杂应用方面,由于51Robot的团队基本上都是从机器人企业出来的,拥有十几年关于各种各样应用包开发的经验积累,再加上专家的支持,能够很好地应对企业在复杂应用上的痛点问题。”

以丰富的渠道和客户资源、专业的机器人应用技术为核心能力,51ROBOT这两年实现了快速发展。辛志说:“51ROBOT要成为机器人行业的‘天猫’,未来,51ROBOT将从进口和出口两个方面进行战略布局,以期保持持续增长态势。”

在进口方面,51ROBOT将会引进更多机器人品牌和周边设备,并大力推进国产机器人在冲压、焊接领域的应用,为了保证产品的品质,在客户选择上,51ROBOT始终坚持选择顶尖的机器人品牌;在出口方面,51ROBOT将会为供应商以及机器人厂家提供更深入的配合,开拓更优质的应用领域,在航空航天等军工领域开发更多的客户。

 

 

【クローズアップ】51ロボット:ロボット業界の「天猫」をつくる(下)

 

2018-12-24 09:01 • 高工ロボットネット

51 robotはロボット標準システム、ロボット周辺機器、ロボットのメンテナンス、ロボット再製造、プロジェクトの受け継ぎ、技術協力の6大業務モジュールをカバーしている、そのうち工業ロボットや標準システムは60%を占め、中古のロボットが20% ~ 25%を占め、ロボット周辺機器が10%前後となっている。51 ロボットの辛志社長は、「来年の51 ロボットは業務を整理し、業務の割合をもっと平均化させる。」と話した。

51 ロボットプラットフォームでは、インテグレーターは、ロボットアプリケーション、エンドツールと顧客基准に基づいて、最も適切な解決案を選ぶことができる。それによって、ロボット全体の解決策を簡単に完成でき、多くの時間を必要とせずにこれらの部品を発注することができる。

また、51 ロボットは外部レイアウトに「51コントロール」、「51 システム」、「51リニュー」や「51クラウド」など、いくつかの小プラットフォームを配置し、「工業ロボット本体、電気制御装置、ロボットワークステーション-訓練-ロボット標準システム-システム統合-リアルタイム遠隔健康監視システムのソフトウェア-メンテナンス-中古ロボット回収・リサイクル再製造」循環型工業ロボット全ライフサイクル生態チェーンを形成し、ロボット全産業のプラットフォームは既に初歩的に形成されている。

このうち、51クラウドは技術協力のプラットフォームとして、主にインダストリアル4.0のプロジェクトの実施を担当し、現在設立準備中である。「産業クラウドというビジネスについてもっと取り組み、より明確な目標を立てていきたい。」辛志氏は、「今後はお客様が51 ロボットで注文すれば、一連の問題すべてが解決でき、お客さんがロボットを必要としなければ回収も可能だ。」と話した。

ロボット業界の「天猫」をつくる

2018年に、ロボット業界全体の需要の伸びは鈍化しているが、全体としても需要は大きい。外国企業を含む各ロボット企業は生産能力を引き続き拡大している。辛志氏は、「ロボットメーカーは、様々なプロセスバッグに注目し、徐々にオープンな販売プラットフォームを受け入れ始め、KUKAやABBなどはすでにデスクトップの販売を受けていて、正式に公式ライセンス付与を行っている。これは51 ロボットにとっては良いニュースだ。」と述べた。

現在、51 ロボットはABB、KUKA、安川などのグローバルトップロボットメーカーと戦略的な協力協議を締结し、溶接、アーク溶接、パレタイジング、摩擦撹拌溶接などの多数のモデルワークステーションを出し、Gestamp、Yanfeng Plastic Omnium、大連フォルクスワーゲンなどのトップ自動車企業のメンテナンスサービスプロジェクトのオーダーを得た。今後、51 ロボットはさらに多くの中国国内外のれたロボットブランドを統合して、システムのンテグレーターのためにもっと多くの選択肢を提供する。

今のシステム開発業者にとって一番深刻な問題は、資金不足である。そのため、51 ロボットは一連の融资リース策を制定し、銀行と協力し、融資を行う。それ以外にも、企業はロボット製品のレンタル事業で資金難を緩和することもできる。

資金不足の圧力のほか、小型のシステムインテグレーションはまた全体的に技術力が弱く、応用がもっと複雑であるという問題に直面している。51 ロボットもこれに対して対応策を提出した。辛志氏は、「技術が弱いという状況に対して、私たちのエンジニアがトレーニングを提供できる。現在51 ロボットはABBやKUKAなどのロボットに応用された訓練所があり、そのほかにも、労働者、操作者、管理者に対して、51 ロボットも訓練サービスを提供することができる。複雑な応用については、51 ロボットのチームは基本的にはロボット企業から出てきたもので、十数年にわたってさまざまな応用開発に関する経験を積み重ねてきた上に、専门家の支持もあり、複雑な応用問題にうまく対応できる。」と述べた。

豊富なチャンネルと顧客资源、専門的ロボット・応用技術を軸に、51 ロボットはこの2年間で高度成長を実現した。辛志氏は、「51 ロボットはロボット業界の『天猫』になる。これから先、51 ロボットは輸入と輸出の両面で戦略的な配置を行い、持続的な成長を維持する情勢を期待している。」と話した。

輸入の面では、51 ロボットはより多くのロボットブランドと周辺機器を導入し、国産のロボットによるプレス・溶接への応用も推進している。そして、製品の品質を保証するために、お客様が選択した上で、51 ロボットは常にトップのロボットブランドを選択する。輸出に関しては51 ロボットがサプライヤーとロボットメーカーにより深い協力を提供し、優れた応用分野を開拓し、航空、宇宙など軍事工業の分野でより多くの顧客を開拓する。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65724-.html

 

 

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください