【スピーチ】アトム・ロボット:自主的に研究開発するのは国産ロボットの第一の活路

LINEで送る

【演】阿童木机器人:自主研是国机器人的第一出路

 

2018-08-24 09:26 • 高工机器人网

以“做并联机器人第一品牌”为信念,阿童木机器人希望在行业内塑造产品品质跟ABB一致,但服务更好、更适合中国客户的品牌认知。阿童木机器人的终极目标就是希望客户一提到并联机器人,就能想到阿童木机器人,为了通往这个终极目标,刘松涛认为必须始终坚持与别人不一样的自主研发道路。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65732-.html

 

在由高工机器人、高工产研联合举办的“利元亨•2018高工机器人年会暨阿童木机器人•高工金球奖颁奖典礼”上,阿童木机器人董事长刘松涛发表了《自主研发是国产机器人的第一出路》的主题演讲,进一步阐释他对这一理念的看法。

成立于2013年1月的阿童木机器人,专注于并联机器人的研发和推广,经过5年的持续现场应用和技术提升,现在累计服务客户超过300家,出货量超过一千台,形成了比较专业的生产交付流程和高效的售后服务团队。

无论是从趋势、现状,还是从国内工业机器人的市场空间来看,工业机器人在中国都是一个具有巨大潜在机会的市场。但是也面临着一些问题,目前在新能源、日化、食品、医药、3C等这些行业,普遍存在着物料散乱、卫生环境标准相对其他行业要求严格的问题。

随着协作机器人和小六轴机器人的出现,在负载上已经能够弥补机器人在新的领域的应用,然而生产速率仍然是限制机器人应用重大的问题。非标定制设备虽然速度很快,但是存在定制周期长、不同物料无法通用、行业通用性几乎为0,占用空间为机器人2—3倍的问题。

刘松涛表示,所有机器人面临都面临着两个通用问题,第一个就是核心部件的问题,第二个就是国内厂商同质化竞争的问题,当然目前有很多的企业在行业的发展起到了引领作用。但是如果采用同质化竞争会带来利润率的下降,如果企业没有利润,将会影响后续的发力。

“我们做的第一项主要工作是专注并联机器人的本体研发和制造,经过5年的发展从机构的自由度上来说,目前已经有2自由度、3自由度、4自由度和5自由度的并联机器人产品,为了让并联机器人更加切合生产线上的应用,我们又开发了典型的装箱装框单元,这个单元产品可以跟工厂开箱机进行无缝对接,方便客户进行模块化的搭接。”刘松涛表示。

谈到阿童木机器人产品的特点,刘松涛指出,钻石、金刚、闪电系列产品最主要就是速度快,“根据我们5年实际生产经验来看,单台机器人作业效率大概相当于4名员工。”

随后,刘松涛具体介绍了阿童木并联机器人的型号:2自由度系列产品负载范围涵盖了1公斤到30公斤,工作范围从350mm到1000mm。3自由度系列产品从教学级到工业级,负载从0.5公斤到10公斤都有产品覆盖;4自由度和5自由度系列产品也有对应的型号。

“并联机器人相对行业来说是一个比较新的机器人产品,行业有一个接受度的过程,我们这些年其实做了一个重要工作就是树立标杆的应用场景。”刘松涛说。

正如刘松涛所说,自主研发是国产机器人的第一出路。自成立以来,阿童木机器人持续投入自主控制系统的研发。在视觉系统方面,阿童木机器人研发了视觉定位软件,实现了成本降低达到50%;在本体技术方面,阿童木机器人首创了运动学、动力学、弹性动力学融合方法,现在可以实现模块化、快速设计,在这套设计方法下机器人能耗降低了30%,精度提升20%;在控制系统上,阿童木机器人自主研发了并联机器人专用控制系统,将标准算法融合进去,使并联机器人满足更高的应用。目前,阿童木机器人已经发表了多项软件著作权论文。

 

 

【スピーチ】アトムロボット:自主的に研究開発するのは国産ロボットの第一の活路

 

2018-08-24 09:26 •高工ロボットネット

「並列ロボット第一ブランド」を信念にして、アトム・ロボットは業界で製品の品質をABBと一致することを望んでいて、サービスがより良く、中国の取引先のブランドに対しての認知により適している。アトム・ロボットの究極の目標は、顧客が並列ロボットに言及する時に、アトム・ロボットを思い出してもらうことである。この究極の目標を達成するために、劉氏は、常に他の人とは違う自主研究開発の道を堅持しなければならないと考えている。

 

画像引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65732-.html

 

高工ロボット、高工産研が共同で開催した「利元亨・2018高工ロボット年会及びアトム・ロボット・高工ゴールデングローブ賞授賞式」では、アトム・ロボット会長の劉松濤氏が「国産ロボットの第一の活路」というテーマ演説を発表した。その理念に対する彼の見解をさらに説明する。

2013年1月に設立されたアトム・ロボットは、並列ロボットの研究開発と普及に専念し、5年間の継続的な現場の応用と技術の向上を経て、現在では累計サービス取引先数は300社を超え、出荷量は1000台を超え、専門的な生産引渡しの流れと効率的なアフターサービスチームを形成している。

トレンドや現状から、国内の工業ロボットの市場空間から見ると、工業ロボットは中国では巨大な潜在的なチャンスがある市場を有している。しかし、今のところ、新エネルギー、日用化学製品、食品、医薬、3 C(中国強制認証)などの業界において、材料がバラバラで、衛生環境基準が他の業種に対してより厳しい問題が存在している。

協力ロボットと小六軸ロボットの出現に従い、負荷上はすでにロボットが新しい分野での応用を補うことができるが、生産速度は依然としてロボットの適用を制限するという重大な問題が存在している。非標準オーダーメイド設備は速度が速いが、オーダーメイド期間が長く、異なる物が通用しない、業界共通性はほぼ0で、ロボットの2 - 3倍の空間を占用する問題もある。

劉松濤氏の話によると、全部のロボットが二つの共通の問題に直面している。1つ目はコア部品の問題で、つ目は国内メーカーが同質化競争している問題である。無論、現在は多くの企業が業界の発展をリードしている。しかし、同質化競争によって利益率の低下をもたらす場合、企業の利益がなければ、後に力を注ぐ際に影響を与えられる。

「第1の主要な仕事は、並列ロボットの本体の開発と製造に専念することです。5年の発展を経て、機構の自由度から言えば、今は2自由度、3自由度、4自由度と5自由度の並列ロボット製品があります。並列ロボットをより生産ラインに適用させるために、典型的な箱詰めユニットも開発しました。このユニットの製品は工場の開梱機につなぎ目のない接着を行わせることができて、取引先はモジュール化の接続を行うことが便利になります。」と劉松濤氏は話した。

アトム・ロボット製品の特徴について、劉松濤氏は、ダイヤモンド、金剛、電撃シリーズの製品が最も重要と指摘し、「私たちの5年間の実際の生産経験によって、1台のロボットの作業効率は約4人の従業員に相当します。」と話した。

その後、劉松濤氏はアトム・並列ロボットのモデルを具体的に紹介した。2自由度シリーズの製品の負荷範囲は1キロから30キロまでカバーされ、作業範囲は35 mmから1000 mmまで。3自由度シリーズの製品は教育級から工業級まで、負荷は0.5キロから10キロまで、製品がカバーされている。4自由度と5自由度のシリーズ製品にも対応するタイプがある。

「並列ロボットは業界にとっては比較的新しいロボット製品であり、業界には受容性の過程があり、この間に行う重要な仕事が、模範的なアプリケーションシーンをうち立てることです。」と劉松濤氏は話した。

劉松波氏の言うように、自主的に研究開発したのは国産ロボットの第一の活路である。創立以来、アトム・ロボットは自主制御システムの開発を続けてきた。視覚システムの上で、アトム・ロボットは、視覚測位ソフトが開発され、コストが50 %減少に達した。本体の技術では、アトム・ロボットが初めて運動学、動力学、弾性力学の融合方法を創造した。現在はモジュール化、高速設計を実現することができ、この設計方法の下でロボットエネルギーは30 %減少し、精度は20 %アップする。アトム・ロボットは、並列ロボット専用制御システムを開発され、標準的なアルゴリズムを融合させ、並列ロボットに、より高いアプリケーションを満たさせるようにした。現在、アトム・ロボットは既に複数のソフトウェア著作権論文を発表している。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65732-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください