【ヒット】ドイツは新しいナノマシン電気駆動技術を開発した/ブラジルの企業は競争して工業4.0を接合する

LINEで送る

【热点】德国开发全新纳米机器人电驱动技术/巴西企业竞相对接工业4.0

 

2018-01-25 10:22 • 高工机器人网

【文/虞超】

前沿

德国开发出新的纳米机器人电驱动技术

目前各发达国家都在竞相为未来的纳米工厂开发新技术,并期望有一天像流水线作业一样,利用分子机器来分析生物样品或生产药物,但传统方法需通过添加酶、DNA链或借助光的作用将模块激活,借助这种生化开关让纳米机器人执行某些任务,例如摄取和运输分子,快则需要数分钟,慢则需要数小时。慕尼黑工大合成生物系统物理系主任弗里德里希•西麦尔教授领导的研究团队,通过施加电场,首次成功实现电控纳米机器人,新的驱动技术比以前的方法快10万倍。

资本

扩博智能Clobotics获五百万美金A+轮融资

机器视觉技术公司扩博智能Clobotics宣布获得五百万美元A+轮融资。此轮融资由韩国最大的投资机构KTB 领投,GGV纪源资本和首建投资本跟投,是扩博智能Clobotics继2017年6月宣布接受GGV纪源资本首轮投资之后的第二轮融资。扩博智能Clobotics聚焦图像识别,3D建模,无人机全自动飞行等技术方向,依托计算机视觉,深度学习算法,致力于改变传统行业运营效率。

海外

巴西企业竞相对接工业4.0

在经济危机过去之后,巴西企业开始实施对接工业4.0的方案。对于该国政府和分析师来说,2018年是关键的一年,是巴西不被排除在工业4.0时代之外的重要时机。有机构预计在未来十年内,工业领域中有15%将会包含在工业4.0的概念内。巴西工业发展局(ABDI)的数据显示,如今巴西不到2%的企业纳入了工业4.0概念。但发展局负责人表示,2018年将标志着巴西数字化转型的开始。

地方

江苏智能制造业获专属金融服务

23日,江苏省经信委和浙商银行在宁签署《共同推进江苏智能制造战略合作备忘录》,通过“融资、融物、融服务”等一揽子综合金融服务方案,支持江苏智能制造业发展。截至目前,江苏省累计有12个项目入选国家智能制造试点示范项目计划、26个项目获得国家智能制造专项支持、2个项目(不含南京)入选中德智能制造合作试点示范。6家企业入选国家制造业和互联网融合发展试点示范,6家企业入选国家两化融合管理体系贯标示范,73家企业入选国家两化融合管理体系贯标试点企业;共评定50家省制造业和互联网融合发展示范企业、230家省制造业和互联网融合发展试点企业、259家省两化融合管理体系贯标试点企业;已经创建智能车间455家,

佛山陶企摘下行业首个 “绿色智能制造示范基地”

1月23日,行业首个“中国建筑陶瓷绿色智能制造示范基地”在新明珠肇庆禄步智能工厂揭牌。也意味着该智能工厂成为全国建筑陶瓷行业绿色、智能制造的标杆,将承担起引领建陶行业向绿色、智能制造转型升级的重任。

 

 

【ヒット】ドイツは新しいナノマシン電気駆動技術を開発した/ブラジルの企業は競争して工業4.0を接合する

 

2018-01-25 10:22 • 高工ロボットネット

【文/虞超】

最前線

ドイツは新しいナノマシン電気駆動技術を開発した

現在各先進国は競争して未来のナノマシン工場のために新技術を開発し、いつかパイプラインのように、分子機器を利用して生物サンプルを分析し、あるいは薬物を生産することを期待している。伝統的な方法では、酵素やDNA鎖の添加、あるいは光の作用の利用を通してモジュールを起動しなければならないが、この生物化学のスイッチを利用し、ナノマシンに一部の任務を実行させる。例えば、分子の摂取と運輸では、早ければ数分で完成し、遅ければ数時間で完成する。ミュンヘン工大の合成生物システム物理系主任フリードリヒ・ウェストマール教授が率いる研究チームは、電界を加える方法で、はじめて電気制御のナノマシンの実現に成功し、新しい駆動技術は以前の方法より10万倍速くなった。

資本

拡博知能Cloboticsは五百万ドルのA+ラウンドの融資を得た

機器視覚技術会社の拡博知能Clobotics社は五百万ドルのA+ラウンドの融資を得たと発表した。今回の融資では韓国最大の投資機構KTBが先頭となって投資し、GGV紀源資本と首建投資本がそれに引き続いて投資したが、これは拡博知能Clobotics社が2017年6月GGV紀源資本の始めの投資を受けると発表した後の第二回目の融資である。拡博知能Clobotics社は画像の識別、3Dモデリング、ドローン全自動飛行などの技術方向に焦点をあて、またコンピューターの視覚を利用し、計算の仕方を深く学習し、伝統業界の運営効率を変えることに力を入れる。

海外

ブラジルの企業は競争して工業4.0に対応する

金融危機の後、ブラジルの企業は工業4.0に対応する方案を実施し始めた。ブラジル政府と分析家にとって、2018年は肝心な一年であり、ブラジルが工業4.0から取り残されないための重要な時機である。ある機構は未来の十年内、工業領域では15%が工業4.0の概念に含められると予測する。ブラジル工業発展局(ABDI)のデータによると、現在工業4.0の概念に含まれているブラジル企業は2%に満たない。だが、発展局の責任者は、2018年がブラジルのデジタル化の転換が始まる印であると表した。

地方

江蘇スマート製造業は専属の金融サービスを得た

23日、江蘇省経済情報化委員会と浙商銀行は南京で『共同で江蘇スマート製造の戦略的な合作を推進する備忘録』に調印し、「資金融合、物融合、サービス融合」などの一連の総合金融サービス方案を通して、江蘇スマート製造業の発展を支持する。今までのところ、江蘇省では累計して12件のプロジェクトが国家スマート製造試験点モデルプロジェクト計画に含まれており、26件のプロジェクトが国家スマート製造特殊項目の支持を、2件のプロジェクト(南京を含めまない)が中徳スマート製造協同モデル場所とした。6社の企業は国家製造業及びインターネット融合発展試モデル場所とし、6社の企業は国家両化融合管理システム標準実行モデルとし、73社の企業は国家両化融合管理システム標準実行試験企業に入れた。全部で、50社の省級国家製造業及びインターネット融合発展モデル企業、230社の省級国家製造業及びインターネット融合発展試験企業、259社の両化融合管理システム標準実行試験点企業である;。スマート工場は455箇所創設した。

仏山陶企は業界内のはじめての「エコロジースマート製造モデル基地」を得た

1月23日、業界内のはじめての「中国建築陶磁器エコロジースマート製造モデル基地」は新明珠肇慶禄歩スマート工場で除幕した。またこれは、このスマート工場が全国の建築陶磁器業のエコロジー、スマート製造のモデルになり、建築陶磁器業をエコロジー、スマート製造の方向に転換しアップデートする重要な任務を引き受けることも意味する。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63246-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...