【ヒット】GGII:2017年中国は13.6万台の工業ロボットが増加

LINEで送る

【热点】GGII:2017年中国新增工业机器人13.6万台

 

2018-01-24 09:44 • 高工机器人网

【文/西门】

数据

GGII:2017年中国新增工业机器人13.6万台

GGII数据显示,2017年中国市场新增工业机器人13.6万台,同比增长达到60%;自2013年中国成为全球最大工业机器人需求市场以来,截至2017年年底,已连续五年蝉联全球最大工业机器人市场。

公司

遨博智能成为首个通过CR认证的协作机器人公司

遨博协作机器人继CE、NRTL、KCs等国际认证后,又通过了中国CR认证。这也是国内第一家通过该认证的协作机器人。

通过安规认证、EMC认证、功能安全认证、工厂审核四项认证内容,遨博协作机器人在满足工业机器人所有要求的基础上,协作机器人的四种协作功能(受监控停止、拖动示教、速度与监控分离、力与功率限制)均通过CR认证,符合机器人最新国标要求。

德国库卡下调Ebit利润率指引

在进行全面评估后将2017财年EBIT-利润率预估从此前公布的5.5%下调至4.3%左右;销售收入预测上调至约34.5亿欧元,较2016财年的29.5亿欧元增长17%。

宏润建设拟不超10亿元收购巨什科技100%股权

宏润建设23日晚间公告,公司拟不超10亿元,收购上海巨什机器人科技有限公司100%股权。巨什科技主要为制造业企业提供智能制造生产线的全套解决方案,2018年-2022年承诺的净利润分别为1亿元、1.3亿元、1.69亿元、1.94亿元和2.23亿元。

地方

沈阳高新技术企业增至847家 跃居东北首位

2017年,沈阳新增高新技术企业292家,总量跃居东北首位;高新技术产品产值占地区生产总值比重达到55%,较5年前提高14个百分点;制造业重点企业高端产品产值占比均超过50%;全市高端装备制造业产值占比为23%,较5年前提高7个百分点。

上海将实行“智能上海”行动

上海将新建北斗导航、机器人、工业互联网、低碳技术、临床研究等共性技术研发与转化平台。继续推进紫竹、杨浦、漕河泾、嘉定、临港、松江G60科创走廊等科创中心重要承载区特色发展。加快建设国家大众创业万众创新示范基地,引导众创空间专业化、国际化、品牌化发展。

政策

国务院:推进电子商务与快递物流协同发展

国务院发布《关于推进电子商务与快递物流协同发展的意见》,加强大数据、云计算、机器人等现代信息技术和装备在电子商务与快递物流领域应用;鼓励快递物流领域加快推广使用新能源汽车和满足更高排放标准的燃油汽车,逐步提高新能源汽车使用比例。

 

 

【ヒット】GGII:2017年中国は13.6万台の工業ロボットが増加

 

2018-01-24 09:44 • 高工ロボットネット

【文/西門】

データ

GGII:2017年中国は13.6万台の工業ロボットを増加した

GGIIのデータによると、2017年中国市場では、13.6万台の工業ロボットが増加し、前年比で60%成長した。2013年で中国が世界最大の工業ロボット需要市場になって以来、2017年末まで五年間連続で世界最大の工業ロボット市場を保持する。

会社

遨博知能は初めてのCR認証を通過した協働ロボット会社になった

遨博ロボット会社はCE、NRTL、KCsなどの国際認証以外に、中国のCR認証も通過した。これは国内で初めてその認証を通過した協働ロボットである。

安全規格認証、EMC認証、機能安全認証、工場査定という四項目の認証内容を通過し、遨博協働ロボットは工業ロボットのすべての要求を満たすという基礎に加え、協働ロボットの四種類の協力機能(監視の制御で停止する機能、ドラッグティーチング機能、スピードと監視を分離する機能、力と工率を制限する機能)は全部CR認証を通過し、ロボットにおける最新の国家基準の要求を満たす。

ドイツのクカ社はEbit利潤率を引き下げる見込み

全面的な評価した後、2017年度EBIT-利潤率は以前発表した5.5%から4.3%ぐらいまで引き下げる見込みだ。販売収入は34.5億ユーロに達する見込みで、2016年度の29.5億ユーロより17%増長する予測である。

宏潤建設は10億元以内で、巨什科技の100%の株所有権を買い上げる見込みだ

宏潤建設の23日夜の公式発表によると、会社は10億元以内で、上海巨什機器人科技有限会社の100%の株の所有権を買い上げる見込みだ。巨什科技は主に製造業企業に対してスマート製造生産ラインの全セット解決方案を提供する企業であり、2018年―2022年の間で、承諾した場合の純利益はそれぞれ1億元、13億元、1.69億元、1094億元、2.23億元である。

地方

沈陽先端技術企業は847社まで増加した 一躍で東北の一位になった

2017年、沈陽では先端技術企業が292社増加し、総量は一躍で東北の一位になった。先端技術製品の生産額は地方の総生産額の55%に達し、5年前と比べ、14%高まった;。製造業重点企業のハイエンド製品の生産額の割合は50%を超えた。全市のハイエンド装備製造業の生産額の割合は23%になり、5年前と比べ、7%高まった。

上海は「スマート上海」活動を実行する見込みだ

上海は北闘ナビゲーションシステム、ロボット、工業インターネット、低炭素技術、臨床研究などの共通点のある技術研究開発と転換フォームを建設する見込みだ。紫竹、楊浦、漕河泾、嘉定、臨港、松江G60科学創新回廊などの科学創新センターの重要荷重区での特色の発展を持続的に推進する。「大衆が創業し新たに創り出す」モデル基地の建設をはやめ、共同作業場所の専門化、国際化、ブランド化の発展を導く。

政策

国務院:電子商務と速達物流の共同発展を推し進める

国務院は『電子商務と速達物流の共同発展の推進についての意見』を発表し、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、ロボットなどの現代情報技術と装備について、電子商務と速達物流の領域での応用を強化する。送達物流領域では、新エネルギー自動車とより高い排出基準を満たすガソリン車の使用の普及をはやめることを推奨し、新エネルギー自動車の使用割合を逐次に向上する。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63236-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...