【注目】MediaとKUKAは合併会社を設立、ロボット年間生産量は十万台に達する

LINEで送る

【重磅】美的与库卡设立合资公司 机器人年产能将达十万台

 

2018-03-22 10:43 • 高工机器人网

摘要美的集团22日公告,美的与库卡设立合资公司。同时,中国顺德科技园将新建生产基地,进行新产品开发。

【文/潘敏瑶】美的集团22日公告,据KUKA Aktiengesellschaft 3月21日公告,库卡监事会已批准将其在中国的一般工业业务与Swisslog Holding AG中国业务合并,并与美的集团股份有限公司设立合资公司承接上述业务,合资公司双方股东将各自持有50%的股份。

据了解,美的将向库卡中国下属业务注资,共同成立3家合资公司,以拓展工业机器人、医疗、仓储自动化三大领域的业务,以顺应中国市场在智能制造、智能医疗和智能物流、新零售等方面的高速发展需求,开发适合中国客户需求的产品和解决方案,实现自动化业务板块的全面高速增长。

同时,中国顺德科技园将新建生产基地,进行新产品开发,直到2024年机器人产能达到每年75,000台,加上现有产能,中国每年的机器人产能总数将达到100,000台。

此前于2017年11月,美的和碧桂园签署了全面战略合作协议,双方将在产城融合、科技小镇、智能家电、智慧家居、海外项目等细分领域进行多维度的合作。双方协议中包括共同打造库卡机器人小镇,还将在佛山联手打造智能化无人工厂。

此外,在2018美的集团战略发布会上,库卡集团首席市场官Wilfried Eberhardt在发布会上表示,库卡将携手美的开拓机器人应用的新领域,实现真正的人机新世代。

欲将这一市场潜力转换成为实际业绩,库卡已在中国上海、昆山设有新工厂。2018年1月,库卡在上海投产第二家工厂,将年产能提高至目前两倍的2.5万台,获取汽车产业的机器人需求。

Wilfried Eberhardt在发布会上表示后续还将继续扩产,而本次公告中新建生产基地的举措则印证了这一说法。

在智慧物流方面,融合了KUKA和swisslog的技术支持后,美的旗下的安得智联已于2017年9月发布了其智能AGV产品“AIR-pick”。Air-Pick依靠二维码识别定位,在顶升速度、控制系统、设备稳定性上处于行业领先地位。而Air-carry,靠激光扫描成像来分析导航,可以灵活布置在各种搬运等物流应用中,定位精度已经达到1cm。

在AWE上,美的首次对外展示的最新解决方案Optimus Prime及Bumblebee系统,被称为更高级的AGV应用,可以更高效解决传统仓储向智能仓储的改造,通过设计抓取装置,既实现平面仓储的智能运行,又增加立体空间的使用效率。

通过本次合资公司的设立,美的和库卡又将有哪些更深入的合作?接下来将开拓出哪些新业务和新市场?值得期待!

 

 

【注目】MediaとKUKAは合併会社を設立、ロボット年間生産量は十万台に達する

 

2018-03-22 10:43 • 高工ロボットネット

摘美的集団は22日にKUKAと連携して合併会社を設立したことを発表した。同時に中国順徳工業パークは新生産基地を建て、新製品を生産する。

【文/潘敏瑶】美的集团の22日発表、KUKA株式会社の3月21日の発表によると、KUKA監事会は中国での一般工業業務とSwisslog Holding AG中国業務とを合併し、美的集団株式会社と合併会社を設立してその業務を担当することを許可した。合併会社の双方株主は各50%の株を持っている。

工業ロボット、医療、倉庫自動化の三大分野の業務を開拓し、中国市場でスマート製造、電子医療と電子物流、新小売業などの面での高速発展の需要に従って、中国顧客の需要にあわせた製品と解決方案を開発し、自動化業務の全面的な高速成長を実現するために、美的集団はKUKA中国の業務に増資して3社の合併会社を設立する

同時に、中国順徳工業パークは新生産基地を建て、製品を生産する。2024年まででロボット生産能力は年75,000台に達し、現在の生産能力を加えて中国の年間ロボット生産能力は合計で100,000台に達する。

以前、2017年11月に美的集団と碧桂园は全面戦略協力協議に署名した。双方は産城融合(産業と都市が一体となって発展すること)、技術村、スマート家電、ホームオートメーション、海外などの細かい分野で多次元的に協力していく。双方の協議には共にKUKAロボット町を建設し、仏山で無人のスマート工場を建てることも含まれる。

さらに、2018年の美的集団戦略発表会でKUKA集団首席市場官Wilfried EberhardtはKUKAが美的集団と連携してロボット応用の新領域を開拓し、本当の人機新世代を実現すると示した。

市場の潜在能力を実績に転換するため、KUKAは中国の上海、昆山に新工場を建てた。KUKAは2018年1月に上海で第二の工場に投資し、年間生産能力が現在の2倍である2.5万台に増加し、自動車産業のロボットニーズを得る。

Wilfried Eberhardtは発表会で今後も継続して拡大していくことを示した。今回の発表会で新生産基地を建てることもその説を証明した。

スマート物流における、KUKAとswisslogとの技術支持を融合した後、美的集団傘下の安得智連は2017年9月にスマートAGV産品“AIR-pick”を公布した。AIR-pickはQRコードによって測位し、その昇降速度、制御システム、設備の安定性は業界でトップに立つ。Air-carryは自動スキャン写真で測位を分析し、各運送物流システムを柔軟に配置し、位置測りの精度は1センチに達した。

AWEにおいて、美的集団は初めて最解決方案Optimus PrimeとBumblebeeシステムを公布した。このシステムはより高級なAGV応用と称されて、より良い効率で伝統的な倉庫のスマート倉庫への転換を解決できる。キャッチ装置の設計を通して、平面倉庫のロボット運行を実現できるうえに、立体空間の使用効率も増加する。

今回の合併会社の設立を通して、美的集団とKUKAは将来に何か深い協議があるのか?次にどんな新業務と新市場を開拓するのか?期待に値する。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63604-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください