【資本】阿丘科技は800万ドルのAラウンド融資を完成し、国内機器機器視覚領域新鋭代表に登る

LINEで送る

【资本】阿丘科技完成800万美元A轮融资,跻身国内机器视觉领域新锐代表

 

2018-01-18 09:56 • 高工机器人网

【文/潘敏瑶】高工机器人网获悉,近日阿丘科技(Aqrose)已完成800万美元A轮融资,由美国顶尖风投机构DCM、专业AI投资基金百度风投(BV)领投,长石资本和天使轮投资机构跟投。

本轮融资将协助阿丘科技继续聚集和吸引最优秀的人才,打造工业机器人的视觉技术平台,并进一步进行市场拓展。此前于2017年3月,阿丘科技获得英诺天使和臻云创投的千万元天使轮投资。

阿丘科技于2016年创立,是一家具备机器人视觉、深度学习以及一体式硬件研发能力的高科技公司。公司将计算机视觉、人工智能应用于工业及机器人领域,致力于赋予工业自动化智能。

阿丘科技创始团队源自清华大学人工智能实验室,主要由来自清华、中科院、北航、浙大的硕士、博士组成。核心团队成员在计算机视觉和机器人领域有国际前沿的研究成果和丰富的工程经验。

在成立不到一年的时间内,阿丘科技将AI技术用于自动化及机器人领域,针对目前工业机器人分拣领域的无序抓取难题和质检领域的复杂缺陷检测问题,推出了SmartPicker和AQ-Insight两款产品。

SmartPicker是一款智能分拣系统,基于团队核心的3D视觉技术和机器学习,通过对目标物体的识别和定位,实现工业机器人对复杂分拣环境处理能力,自动完成识别分拣的相关任务。这套系统可用于零件的分拣、上下料,未来可扩展至3C产品装配等。针对不同应用场景,SmartPicker有高精度(0.05mm~0.1mm)和低精度(1mm~3mm)两套产品方案。

此外,2017年11月1日,阿丘科技AQ-Insight产品线正式推出新产品AIDI(Artificial Intelligent Defect Inspection)。以深度学习为基础,融合传统机器学习的方法,AIDI可对多类复杂缺陷进行智能的检测,并已经在3C、汽车零部件等行业的多个实际场景中得到充分验证。

顶尖的技术研发团队和强大的应用落地能力,使阿丘科技成为国内机器视觉领域企业的新锐代表。

创始人黄耀表示,公司将继续加大机器学习、3D视觉和Robotics等基础技术的研发和储备,短期内聚焦质检和分拣两大业务线,重点应用于3C电子、汽车零部件和物流三大领域。

长远来看,阿丘科技坚持以视觉为切入点,将AI和机器人结合,去探索和扩展机器人应用的边界。“我们想将更多的人从无聊、危险的工作中解放出来,去从事一些更加有趣、有意义的事情。” 黄耀说道。

 

 

【資本】阿丘科技は800万ドルのAラウンド融資を完成し、国内機器機器視覚領域新鋭代表に登る

 

2018-01-18 09:56 • 高工ロボットネット

【文/潘敏瑶】高工機器人網が得えた情報によると、近ごろ阿丘科技は既に800万ドルのAラウンド融資の資金調達を完成しアメリカ先端ベンチャーキャピタル機構DCMと専門AI投資百度ベンチャーキャピタル(BV)が筆頭で投資し、長石資本とエンジェル投資機構がこれに続いた。

今回の融資は阿丘科技に最も優秀な人材を引き寄せ集め続けることを助け、工業ロボットの視覚技術プラットフォームを作り、さらに市場を開拓する。2017年3月、阿丘科技は英諾天使と臻雲創投の千万元のエンジェル投資を得た。

阿丘科技は2016年に創立し、ロボットの視覚、ディープラーニングおよび一体式ハードウェアの開発能力を備えているハイテク会社である。会社はコンピュータの視覚、人工知能を工業及びロボットの領域に応用し、工業に自動化スマートを与えることに力を入れている。

阿丘科技創始チームは元々は清華大学人工知能実験室であり、主に清華、中国科学院、北京航空航天大学、浙江大学の修士と博士がメンバーだった。中心チームメンバーはコンピュータの視覚及びロボットの領域で国際的に最先端の研究成果と豊かなエンジニアリングの経験がある。

成立後一年以内で、阿丘科技はAI技術を自動化およびロボットの領域に応用し、現在の工業ロボットピッキング領域での無秩序ピッキングの困難と質量検測領域での複雑な欠陥検測問題に対して、SmartPickerとAQ-Insightこの二つの製品を売り出した。

SmartPickerはスマートピッキングシステムであり、チームの核心の3D視覚技術と機械学習に基づき、目標物の識別と位置特定を通して工業ロボットの複雑なピッキング環境での処理能力を実現し、ピッキング関連の任務を自動的に完成できるようにする。このシステムは部品のピッキングと機械の組み立てと分解に応用でき、将来的には3C製品装備にまで拡大できる。異なる応用場面に対して、SmartPickerは高精度(0.05mm〜0.1mm)と低精度(1mm〜3mm)の二つの製品方案がある。

その他に、2017年11月1日、阿丘科技のAQ-Insight製品ラインは新製品AIDI(Artificial Intelligent Defect Inspection)を正式に売り出した。ディープラーニングを基礎として、伝統的な機械学習の方法を融合し、AIDIは多種類の欠陥にスマート的に検測でき、しかも既に3C、自動車部品などの業界の多くの実際の場合で充分な検証を得た。

先端の技術研究開発チームと強大な応用実現能力で阿丘科技を国内の機器視覚領域企業の新鋭代表になった。

創始人黄耀は、会社は機械学習、3D視覚とRoboticsなどの基礎技術の開発と蓄積を強化し続け、短期間の内に質量検測とピッキングの業務線に焦点を置き、3C電子機器、自動車部品と物流の三つの領域に重点的に応用していくと発表した。

長い目で見れば、阿丘科技は視覚を切り込みポイントとして、AIとロボットを結合し、ロボット応用の境界を探り拡大することを堅持している。「我々はより多くの人を退屈で危ない仕事から解放し、より面白く、意義があることに従事できるようにしたいと思っている。」と、黄耀氏は言った。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63200-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...