【速報】科学・イノベーションボードの開始 ハイエンド機器企業は上場に大きな利益を見込む

LINEで送る

【快讯】科创板开闸 高端装备企业上市迎重大利好

 

2019-03-02 10:23 • 高工机器人网

3月1日晚间,中国证监会和上海证券交易所正式发布实施了设立科创板并试点注册制相关业务和配套指引,这也就意味着,经过近一个月的意见征集,市场高度关注的科创板并试点注册制的规配套则正式发布实施。

在细则出台前,证监会就对此划出了重点:科创板将重点支持新一代信息技术、高端装备、新材料、新能源、节能环保以及生物医药等高新技术产业和战略性新兴产业。

上交所根据公开征求的意见,调整和完善了部分业务规则。

一是进一步明确红筹企业回归标准,营业收入快速增长,拥有自主研发、国际领先技术、有竞争优势的尚未在境外上市的红筹企业,预计市值不低于100亿元,且最近一年营业收入不低于5亿元,可以申请在科创板上市。

二是进一步优化股份减持制度,核心技术人员股份锁定期,由3年调整为1年。

三是进一步明确信息披露审核内容和要求。

四是进一步合理界定持续督导职责边界。

科创板作为上交所新设立的独立板块,与现行的A股市场相比,有几大重要突破:

第一,允许尚未盈利的公司上市;

第二,允许不同投票权架构的公司上市;

第三,允许红筹和VIE架构企业上市。

更重要的是,对科技创新企业具有更高的包容度,将优先支持符合国家战略、拥有关键核心技术、科技创新能力突出,具有较强成长性的企业。

正如峰瑞资本创始合伙人李丰认为2019年首先会发生的变量就是科创板。他表示,科创板是最容易成功、也最容易产生财富效应的变化。因为科创板的示范效应,“会把钱迅速地引向这些方向的产业相关投资上。除了钱会变得再度热情起来,它们还会往某些方向跑,而那些方向又是国家想要的。”无论是先进制造,还是生物医药、新材料、新能源。

力合创投投资总监王恺认为,这三个重大突破意义重大,从某种意义上扫清了科技类企业在科创版上市的障碍,因为之前很多互联网企业去美国、香港上市,基本上都是基于A股的限制,真正把好企业留在国内上市。这样整体是利好国内资本市场完善的,对于VC,PE投资者也多了一个重要的退出通道。

GGII机器人研究所所长卢彰缘认为,科创板开闸对于整个宏观经济来看显然是利好的,它可以扩大直接融资,刺激科技创新,利好实体经济。机器人作为高端智能装备,显然是科创板重点支持的行业,将更加方便具有硬实力的企业上市。

 

 

【速報】科学・イノベーションボードの開始 ハイエンド機器企業は上場に大きな利益を見込む

 

2019-03-01 11:42 • 高工ロボットネット

3月1日夜、中国証券監督管理委員会(以下は「中国証監会」という)と上海証券取引所が、科学・イノベーションボードを設置し、登録制の関連業務と組み合わせの案内を実施することを正式に発表した。これは、ほぼ1ヶ月間の意見収集の後、市場に非常に注目されている科学・イノベーションボードの試験的な登録制の組み合わせ規則を正式に実施するという意味である。

詳細な規則が公表される前に、中国証監会はこれに対して重点を指摘した。科学・イノベーションボードは、新世代情報技術、ハイエンド機器、新素材、新エネルギー、省エネ、環境保護、バイオ医薬品などのハイテク産業と戦略的新興企業をサポートすることに焦点を当てる。

上海証券取引所が公開的に求めた意見に基づき、一部の業務規則を調整、完備した。

第一に、レッドチップ企業の復帰基準をさらに明確にする。営業収入が急速に増加し、自主的な研究開発と国際的リード技術を持っており、競争の優位性があり、海外で上場されていおらず、価格は100億元を下回っていないと予想され、最近1年間の営業収入は5億元を下回っていないレッドチップ企業は科学・イノベーションボードで上場する申請を出すことができる。

第二に、株式保有削減制度をさらに最適化し、コア技術者の株式のロック期間は、3年から1年に調整する。

第三に、情報開示の内容と要求をさらに明確にする。

第四に、職責の境界をさらに合理的に定義し続ける。

科学・イノベーションボードは、上海証券取引所に新たに設立された独立した分野とし、現行のA株市場と比べ、いくつかの重要な進展がある。

第一に、まだ利益を得ていない会社の上場を許可する。

第二に、投票権の異なる仕組みを持つ会社の上場を許可する。

第三に、レッドチップとVIE構造の企業の上場を許可する。

さらに重要なのは、科学・イノベーションボードに対してより高い包容力を持っている事だ。国家戦略に合致し、重要なキーとなるコア技術を持ち、科学技術革新が突出し、より強い成長性を持つ企業を優先してサポートすることである。

峰瑞資本創始者の李豊氏の考えでは、2019年に最初に変化が起こる場所は科学・イノベーションボードである。彼は、科学・イノベーションボードは最も成功しやすく、最も利益が発生しやすいことを述べた。なぜならば、科学・イノベーションボードの示す効果は、「お金を迅速に、これらの方向の産業の相関投資に導いてくれる。それ以外にも、お金が活発に流動するだけでなく、いくつかの方向に走っていく。また、それらの方向は国家が望んでいるのこと。」であるからだ。先進製造だけではなく、それらの方向にはバイオ医薬品、新材料、新エネルギーなどが含まれている。

深圳力合創業投資有限会社の総監王愷氏は、この3つの進展の意義は重大だと考えている。ある意味で科学技術分野の企業による科学・イノベーションボードでの上場の障害を一掃する。以前は多くのインターネット企業がアメリカ、香港で上場しても、基本的には全てA株の制限に基づいていた為、本格的に良い企業を国内に留め上場させていた。このような体系は国内の資本市場に対しての完備に有利であり、VC、PEの投資家に対しても重要な脱退通路がある。

GGIIロボット研究所所長の盧彰縁氏は、科学・イノベーションボードは全体のマクロ経済に対して明らかに有利あり、それは直接的に融資を拡大し、科学技術革新を刺激し、実体経済に利益を与えることができる。そしてロボットをハイエンドスマート機器として、科学・イノベーションボードがサポートする重要な業界であることが明らかになった為、大きな実力を持つ企業が上場することに有利であると考える。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-66182-.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください