アメリカの月周回任務の宇宙飛行士が語る:人類が火星に上陸する計画はでたらめに近い

LINEで送る

美绕月任务宇航员:人类登陆火星计划近乎荒谬

 

2018-12-25 10:47:17  来源:亚太日报

综合报道,1968年12月24日,美国“阿波罗8号”飞船首次搭载宇航员抵达月球轨道,为其后的登月任务铺路,这也是人类首次离开近地轨道。“阿波罗8号”的3名宇航员近日接受媒体访问,其中一名宇航员却直言,美国宇航局近年来推动人类登陆火星的计划“近乎荒谬”,不符合成本效益。

“阿波罗8号”当年共绕月飞行10圈,历时20小时,3名宇航员不但直播从月球上看到的地球景象,更拍下了著名的“地出”照片,即地球在月球升起的画面。

在日前的媒体专访中,曾经执行“阿波罗8号”任务的威廉•安德斯表达了自己对人类登陆火星的观点。

他表示,目前的无人探索火星任务相当出色,他对此也大力支持,但相信公众不主张极其昂贵的载人任务。他直言,载人登陆火星没有迫切性,属于“愚蠢之举”,他“不认为公众有兴趣”。

安德斯还批评美国宇航局在登月任务后,将任务重点改为近地探索,并开发航天飞机,称这种做法严重错误。他称,近年来美国宇航局的运作变得“公式化”,甚至沦为“就业项目”。

“阿波罗8号”的另一名宇航员博尔曼则批评,美国太空探索技术公司(Space X)创办人马斯克要在火星建立殖民地的说法“荒唐”。

(来源:环球网)

 

 

アメリカの月周回任務の宇宙飛行士が語る:人類が火星に上陸する計画はでたらめに近い

 

2018-12-25 10:47:17  出所:アジアパシフィックデイリーニュース

総合報道によると、1968年12月24日、アメリカの「アポロ8号」は初めて宇宙飛行士を月周回軌道に乗せた。その後の月面着陸のために舗装し、これは人類初の近地を離れた軌道でもある。「アポロ8号」の宇宙飛行士3人が最近メディアのインタビューに応じた。その中の1人の宇宙飛行士は、アメリカの航空宇宙局は近年、人類が火星に上陸する計画は「でたらめに近い」、コスト効果に合致しないと言っていた。

「アポロ8号」は昔、月を10周ほど回り、20時間にわたっていた。3人の宇宙飛行士が月から見た地球の風景を生中継しただけでなく、有名な「地出」の写真、つまり地球が月に昇る映像を撮ることもあった。

先日のメディアのインタビューの中で、かつて「アポロ8号」の任務を執行したウィリアム・アンダース氏が、人類が火星に降り立つ観点を伝えた。

彼は現在の無人探察火星任務は非常にすばらしいとし、それも大いに支持すると表明したが、大衆は極めて高額な有人任務を主張しないと考える。彼は人間が火星に上陸することには切迫性がなく、「愚かな行動」とし、「世間が興味があるとは思えない」と率直に語った。

アンダ―ス氏は、アメリカの航空宇宙局が月に上陸する任務が完成した後、任務の重点を近地探察に変え、宇宙飛行機を開発したことを批判した。このような方法は極めて間違っていると言った。近年、アメリカ航空宇宙局の運営は「公式化」となり、さらに「就職プロジェクト」になったと彼は言った。

「アポロ8号」の別の宇宙飛行士、ボーマン氏は、アメリカの宇宙探査技術会社(Space X)の創設者マスク氏が、火星に植民地をつくるという説は「でたらめ」と批判した。

(出所:環球ネット)

 

記事引用元:https://cn.apdnews.com/world/914905.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください