イギリスの不動産価格の成長率は過去5年で最安値 ロンドンで1軒を売るには128日がかかる!

LINEで送る

英国房价增速创5年新低 伦敦卖一套房要128天!

 

2019-01-05 11:03:51  来源:亚太日报

面对着全球主要经济体超宽松货币政策环境接近尾声,以及英国脱欧所带来的种种不确定性,一直是中东和俄罗斯富豪们最爱的英国楼市也撑不住了。

据Nationwide(全英房屋抵押贷款协会)周五公布的数据,英国在2018年的房价录得五年来最慢涨幅,2018全年的房价涨幅从一年前的2.6%降至0.5%,创下2013年2月以来的最慢同比增速。

而去年12月的房价较11月环比也下降了0.7%,全英国平均每套房房价为21.23万英镑。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

 

作为抵抗通胀和经济危机的重要资产之一,英国房地产市场在经历了几十年的繁荣之后,目前正在放缓。Nationwide在报告中表示,上个月消费者的信心减弱,新买家问询数量进一步下降。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

 

对此,Nationwide首席经济学家Robert Gardner表示,目前放缓的迹象可能是经济前景的不确定性所造成的,尽管目前就业和工资增长强劲,借贷成本也较低。他预计,如果经济成长率依然持续当前速度,则2019年英国房价还将出现较低的个位数增长率。

分区域来看,北爱尔兰地区2018年房价涨幅达到5.8%,威尔士也达到4%,是英国房价涨幅最大的两个地区。而首都伦敦的房价在2018年却下跌了0.8%,Nationwide在报告中表示,这是伦敦房价连续六个季度出现同比下跌。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

 

伦敦房价最早出现连续下跌,或许与此前较大的涨幅有关。与2007年金融危机前的房价顶峰相比,伦敦房价已经比11年前高出了52%左右,而全英国的平均水平才比07年的高点高出28%。

像约克郡和亨伯赛德郡、西北和北部地区的房价却仍接近2007年的水平,英国各地区的房价涨幅在过去十年出现较大分化。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

 

据瑞银近日发布的研究报告,伦敦房产目前在市场上平均需要等待128天,才会被出售,这一比例高于2016年平均77天的水平。

同样追踪该数据的Post Office也得到了类似的结果,伦敦房产需要挂牌126天才能被售出,较2017年延长了11%。而2016年末,这一数字为89天,2015年则为74天。

此外,瑞银(UBS)的数据显示,39%的房产挂牌出售后,价格出现下调,自2016年英国退欧公投以来翻了一番。要价的平均折扣为2.6%,而一些热门区域,如肯辛顿和切尔西的平均折扣超过4%。

瑞银在报告中称,在英国退欧的不确定性挥之不去的情况下,买家对房价的承受能力不足,加上印花税的变化,都对楼市造成了影响。

(来源:环球时报)

 

 

イギリスの不動産価格の成長率は過去5年で最安値 ロンドンで1軒を売るには128日がかかる!

 

2019-01-05 11:03:51 出所:アジアパシフィックデイリーニュース

世界の主要な経済体の金融緩和政策環境が次第に終焉に向かい、EUからイギリス脱退がもたらした様々な不確実性に直面しており、中東やロシアの富豪たちが最も好きなイギリスの不動産市場も支えきれない。

Nationwideが金曜日に発表したデータによると、2018年、イギリスの不動産価格は過去5年で値上がり幅が最も遅くなった。2018年間の不動産価格の値上がり幅は1年前の2.6 %から0.5 %に下がっており、2013年2月以降の前年同期比最も遅い成長率を達成した。

昨年12月の不動産価格は11月よりも0.7 %減少し、イギリス全国の平均不動産価格は21.23万ポンドだった。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

 

インフレと経済危機に抵抗する重要な資産の一つとして、イギリスの不動産市場は、数十年の繁栄を経た後、今のところ緩和されている。Nationwideでは、先月、消費者の自信が弱まり、新たな買い手についての問合せはさらに減少したと報告している。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

 

これに対して、Nationwideの首席経済学者のRobert Gardner氏の考えによると、現在の緩和の兆しは経済の先行きの不確実性によってもたらされた可能性があり、現在の就業と賃金の急伸にもかかわらず、貸借のコストも比較的低い。彼は、経済成長率が依然として現在のように続くのならば、2019年イギリスの不動産価格はまだ低い成長率となると予想している。

地域によって見れば、北アイルランドは2018年に、不動産価格の値上がり幅が5.8 %に達し、ウェールズも4 %に達した。これらはイギリスで、不動産価格の最大値上がり幅の2つの地域である。しかし、首都ロンドンの不動産価格は2018年には0.8 %下落した。Nationwideは、ロンドンの不動産価格が6四半期連続の前年同期比下落となったことを報告した。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

 

ロンドンの不動産価格は連続して下落している。もしかすると、以前の大幅な成長率に係しているかもしれない。2007年の金融危機前の不動産価格のピークと比較すると、ロンドンの不動産価格は11年前に比べて52 %ほど高くなったが、イギリス全国の平均水準は2007年より2 8%高くなっている。

ヨークシャー(Yorkshire)とハムベルサイド(Humberside)、北西部と北部の地域のような不動産価格は依然として2007年のレベルに近く、イギリス各地域の不動産価格の値上がり幅は過去10年で大きな変化が現れた。

 

画像引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

 

スウェーデン銀行の最近発表した研究報告によると、ロンドンの不動産は現在市場で平均して128日待つ必要があり、この割合は2016年の平均77日という水準より高い。

同じようなデータを調べているPot Officeも類似の結果を得ている。ロンドンの不動産は競売開始126日後で完売でき、2017年の日数より11 %伸ばされた。2016年末の日数は89日、2015年は74日だった。

また、スウェーデン銀行(UBS)のデータによると、39%の不動産が完売された後、価格が引き下げられ、2016年にEUからイギリス脱退以来より倍増しした。言い値の平均割引は2.6 %である。ケンジントンとチェルシーのようないくつかの人気エリアの平均割引は4 %を超えている。

スウェーデン銀行の報告によると、EUからイギリス脱退に対しての不確実性がある場合には、買い手は住宅価格を引き受けないだけでなく、印紙税の変化も不動産市場に影響を与えている。

(出所:ウォール街見聞)

 

記事引用元:https://cn.apdnews.com/business/919683.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください