イギリスは一方的にEU離脱を中止できるのか?12月10日欧州司法裁判所の判決より明らかになる

LINEで送る

英国能单方面停止脱欧吗?欧洲法院1210日裁决见分晓

 

2018-12-06 21:12:15    来源:亚太日报

在英国议会于12月11日对脱欧协议进行投票前,欧洲法院将于当地时间12月10日(下周一)早上8点裁决英国是否可以单方面停止脱欧。

此前有请愿人士说,欧洲法院应就能否撤销启动《里斯本条约》第50条作出判决。

英国在启动该条款后正式开始脱欧进程,但条款内容不明确,容易引起争议。因此,一群留欧派最早开始向苏格兰法院提请确认英国有权单方面推翻脱欧的决定。

欧洲法院一名法律总顾问本周建议说,英国应当有权在无需征得欧盟其他成员国同意的情况下撤销启动第50条。这项建议不具备约束力,但如果它被采纳,无协议脱欧便不会发生,因为英国政府可以阻止这一切。

也正因为如此,如果得到单方面取消的权利,英国政府便很难再用“无协议脱欧”的风险来威胁对当前协议有所不满的议员。

代表欧盟理事会和欧盟委员会的律师辩称,英国不应单方面撤销该条款,因为它将允许成员国任意启动第50条,最终却不打算退出。

下周一的判决将是欧洲法院有史以来最快的判决之一,这一过程原本需要几个月甚至几年的时间,但由于该案具有时间敏感性且过于引人注目,进程得到明显加快。

(来源:界面新闻)

 

 

イギリスは一方的にEU離脱を中止できるのか?1210日欧州司法裁判所の判決より明らかになる

 

2018-12-06 21:12:15    出所:アジアパシフィックデーリーニュース

12月11日にイギリス議会がEU離脱協議について投票する前に、欧州司法裁判所は現地時間の12月10日(来週月曜日)朝8時に、イギリスが一方的にEU離脱を中止できるかどうかを判決するつもりである。

それまでに、欧州司法裁判所は『リスボン条約』第50条の発動を取り消すか取り消さないかについて判決すべきだ、とある人は提議した。

イギリスはこの条約を発動した後、正式にEU離脱を開始した。しかし、条約の内容が不明確なので、争議を引き起こしやすい。そのため、EU残留派は早くもスコットランド裁判所にイギリスが一方的にEU離脱の決定を取り消す権利があると提起した。

今週、欧州司法裁判所のある法律総顧問は、イギリスがほかのEU加盟国の同意を得ずに、第50条の発動を取り消す権利があるはずだと提議した。この提議は制約力がないが、採用されると、イギリス政府がEU離脱を阻止できるので、協議なしにEU離脱も出てこないはずである。

この原因だからこそ、一方的に取り消された権利を得れば、イギリス政府は「協議なしEU離脱」のリスクで今の協議に不満を持っている議員を脅かすことは難しい。

EU理事会とEU委員会を代表する弁護士は、イギリスは一方的にこの条約を取り消すべきではないと言った。なぜならこの条約は加盟国が自由に第50条を発動する事を許し、最後は脱退するつもりではないことを認めるからである。

来週月曜日の判決は欧州司法裁判所の有史以来最も速い判決である。この過程は元々何カ月或いは何年もかかるものであったが、この案件が時間の敏感さと人目を引くことによって、過程は著しく速まって進んでいる。

(界面ニュース)

 

記事引用元:https://m.cn.apdnews.com/toutiao/908435.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください