オゾン発生器の選択

LINEで送る

オゾン発生器はオゾンガス(O3)の生成装置である。オゾンは分解してから保存することができず、現場で取り出さなければならないため(特殊な場合は短時間保存が可能)、オゾンが使える場所はすべてオゾン発生器を使う必要がある。オゾン発生器は飲料水、汚水、工業酸化、食品加工と鮮度保持、医薬合成、空間滅菌などの分野で広く使われている。オゾン発生器で発生したオゾンガスはそのまま利用することもでき、混合装置と液体混合により反応することもできる。

今タオバオで売っているオゾン発生器の種類がとても多くて、その値段が何百元から何万元までだ。ブランドも多くて、結局どのブランドが比較的に良いものでしょうか。それに、どのように選ぶでしょうか。

 


画像引用元:https://detail.tmall.com/item.htm?spm=a230r.1.14.20.498ea2afdE0Zsd&id=538982099101&ns=1&abbucket=19

 

オゾン発生器の材質・プロセスは、オゾンの発生量・濃度・純度・寿命などを決定する。オゾン濃度はオゾン発生器の技術量と性能を測る重要な指標である。同じ労働条件ではオゾン出力濃度が高いほど品質が高い。品質の優れたオゾン発生器はチタン金の材料で作るから、オゾン量と濃度がよくコントロールされているが、価格は比較的に高いのだ。その次にはステンレスのオゾン発生管で、コストは200ぐらいのだ。このほか、市場でよく使われているガラス管、エナメル管、セラミック管の材質は明らかに安い。

 

コストパフォーマンス

高品質のオゾン発生器は設計から構成及び製造材料まですべてその標準によって行われ、低レベルの発生器及び低構成発生器に比べコストがはるかに高い。低配置オゾン発生器は環境に大きい影響があるため、温度と湿度の増加によりオゾン生産量と濃度が大幅に低下し、処理効果に影響する。購入する時には価格と性能を総合評価しなければならない。

 

資料引用元:

https://zhidao.baidu.com/question/342297496.html

http://blog.sina.com.cn/s/blog_5f853f910100uv6p.html

https://baike.sogou.com/m/fullLemma?lid=6173423&fromTitle=%E8%87%AD%E6%B0%A7%E5%8F%91%E7%94%9F%E5%99%A8

 

筆者:钟珮瑜

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください