サイモンが語る:娘が勝手に契約を結ぶという代理行為は効力がありますか?

LINEで送る

西门说法:女儿乱签合同,代理行为有效吗?

 

关键词:表见代理;意思表示;合同责任

キーワード:表見代理、意思表示、契約責任

 

内容:

ケース:

 

何金是一家房地产公司董事长,何婧是他的爱女。何婧从名校大学毕业后,何金就把女儿带在身边,准备以后让女儿继承自己的产业。

何金はある不動産会社の理事長で、何婧は彼の愛娘である。何婧が名門大学から卒業した後、何金は娘に自分の傍に置いて学習させており、将来自分の企業を継承させるつもりである。

“婧婧,今天下午替我去签和A公司的合同吧。”何金对女儿说。“可是爸爸为什么不自己去?”何婧问道。“哈哈哈,你是我女儿,我想让你以后接替我的公司。”何金说。有了何金的授权后,何婧就代替父亲签了合同。以后的日子里,何金频繁让女儿代替自己处理业务。

「婧ちゃん、午後私の代わりにA会社と契約を結びに行っておいで。」何金は娘に言った。「なぜパパ自ら行かないの」と何婧は聞いた。「ははは、君は私の娘だから、これからこの企業を継承させていくつもりなんだよ。」何金は答えた。何金の認可を受けた何婧は、父親の代わりに契約を結んだ。これ以後、何金はよく娘に自分の代わりに業務を処理させていた。

 

一天,何金正在办公室休息。突然秘书进来。“董事长,上海B公司说您违反了一项买卖合同,让我们承担违约责任,赔偿他们30万元。”秘书说。“可是最近我跟他们没有什么业务。没有合同,何来违约一说?”何金疑惑地问。“是您的女儿何婧小姐替你签的,这是他们提供的合同,请您过目。”秘书说完便将合同递给何金。“婧婧对于业务并不精通,不该擅作主张的,这才吃亏。你告诉B公司,我没有授权婧婧签署这份合同,这份合同无效。”何金说。

ある日、何金がオフィスで休憩していたところ、秘書が急に入って来た。「理事長、上海のB会社が理事長がある売買契約に違反したので、わが社が違約責任を背負い、30万元を賠償するようにと言ったのです。」秘書は報告した。「しかし最近、彼らとの業務往来はないだろう。契約もないんだから、違約するということもないだろう。」何金は当惑した。「婧お嬢さんが理事長の代わりに結んだ契約です。そして、これはB会社が提供してきた契約書です。」説明した後、秘書は契約書を何金に渡した。「婧ちゃんは業務を熟知しないから独断でやらせてはいけなかったんだ。だからやっちゃったね。婧ちゃんにこの契約を結ぶ許可は与えていなかったから、この契約書は無効だとB会社に伝えてくれ。」何金は話した。

 

B公司收到消息,知道了何金不愿意承担违约责任,便将何金告上了法庭。B公司认为,何婧是何金的代理人,这份买卖合同真实有效,何金应当按合同承担违约责任。何金则主张自己并没有授权何婧签署这份合同,这份合同自然无效,他说:“难道随便一个人都能代理我签合同,让我负责任吗?”

B会社はこの知らせを受け、何金がどうしても違約責任を背負わないと知って、何金を法廷に訴えた。何婧は何金の代理人で、この売買契約は有効なので、何金は契約によって違約責任を背負うべきだとB会社は示した。一方、何金は自分は何婧にこの契約を結ぶ許可を与えていなかったから、この契約書はもちろん無効だと主張した。「誰でも私の代わりに勝手に契約を結んで、私に責任を負わせるのか」と彼は弁解した。

 

最终法院认定这起案子属于表见代理,判决何金按照合同违约责任。何金没有怪罪女儿擅自签合同,反而说:“这不是我和婧婧的责任,这是法律开的一次玩笑!”

最後、法院はこのケースは表見代理だと認定し、何金は契約によって違約責任を負うべきであると判決した。何金は勝手に契約を結んだ娘を責めはせず、それどころか「私と婧ちゃんの責任じゃない。これは法律の冗談だ!」と言った。

 

西门教授说法:

サイモンの意見:

 

表见代理,是指虽然行为人事实上无代理权,但相对人有理由认为行为人有代理权而与其进行法律行为,其行为的法律后果由被代理人承担的代理。本案中,何婧私自代替何金签署合同,即构成了表见代理。《合同法》规定代理行为的后果由被代理人承担,其意义在于维护代理制度的诚信基础,保护善意第三人的信赖利益与交易安全。

表見代理とは、行為人には事実上の代理権はないが、相対人が行為人が代理権を持つと考える理由があり、行為人と法律行為をした場合、その行為の法律結果は代理人に負担されるという代理なのである。このケースでは、何婧が勝手に何金の代わりに契約を結び、表見代理を構成した。『契約法』は代理行為の結果は代理人が負うことを規定しており、その意義とは代理制度の誠実信用基礎を保障し、善意の第三者の信頼利益と交易安全を守るということである。



法律依据:

法律依拠:

 

1,《中华人民共和国合同法》

第四十九条 行为人没有代理权、超越代理权或者代理权终止后以被代理人名义订立合同,相对人有理由相信行为人有代理权的,该代理行为有效。

1.『中華人民共和国契約法』

第四十九条 行為人に代理権がない場合、代理権を越えて、或は代理権が中止された後に代理される人の名義で契約を結ぶ場合、相対人が行為人が代理権を持っていると信じる理由があった場合、この代理行為は有効である。

画像引用元:http://jiangminlawyer.com/display/153614.html

 

作者:马成福

執筆者:馬成福

 

文章提供:AcmeArdent Legal Studioacmeardent.comプロフェッサー・サイモンsimonhkchoi@163.comプロフェッサー・サイモンは、イギリス、香港でのキャリアが長いベテランの弁護士です。北京大学、ロンドン大学及び香港大学法学院を相次いで卒業し、これらの教育背景に基づく中国法及び英米法への深い理解と20年を超える国際投資、金融及びM&Aの経験をもち、現在はAcmeArdent社の創業パートナーを務めています。

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください