サーバー仮想化への道(3):Proxmox VE

LINEで送る

vSphere EXSiをフォーマットした物理サーバーへ、次に導入したのはProxmox VEという仮想化プラットフォームです。(作業は昨年11月頃に行いました)Proxmox VEは弊社のセブにある関連会社で5年前から利用しており、国慶節休みでセブオフィスを訪問した際に、インストールイメージを入手しておりました。

Proxmox VEもUSB接続のDVD ROMドライブから容易にインストールできました。また、使い方はざっくりとセブのオフィスで習得していたので、ゲストOSの導入も簡単でした。Proxmox VEは、無料にしては優れたGUI管理画面をウェブ接続で提供しています。CPUなどのハードウェアの設定も容易ですし、ゲストOSのスナップショットをバックアップする機能も標準で持っています。但し、外付けUSB HDDを利用するには、Linux画面での作業が必要で、これはリモートでセブの技術者にやってもらいました。

Proxmox VEは、1つの会社に複数の物理サーバーによるProxmox環境を設置しても、それぞれのサーバーの管理画面へはIPアドレス+ポート番号のURLでアクセスするので、複数のProxmox環境があっても容易にアクセスできます。

 

画像引用元:http://www.isl.hk/blog/bobby/archives/1169

 

但し、いくつかの問題を感じました。まず、物理サーバーの資源をけっこう食うようです。試した3つの仮想環境の中では、いちばん重いと感じました。ゲストOSが重いので、メモリやCPUのCoreを増やしても、目に見えるようなパフォーマンスの改善がありませんでした。それと、止まっているゲストOSを起動する時が不安定で、管理画面から何度もStartボタンを押す必要があったり、起動中のゲストOSが勝手に終了してしまったり、という事が頻繁にありました。ログインした後のゲストOSが勝手に終了する事はありませんでしたが。。。

Proxmox VEを4ヶ月ほど運用してわかったメリットとデメリットを列挙します。まずはメリットから。

1)インストールと初期設定が簡単。

2)ウェブ版の管理画面はGUIが装備されマルチ言語化されており使いやすい。

3)USBデバイスを使える。(但しLinux画面でマニュアル設定が必要)

4)バックアップ機能の設定も管理画面から行う事ができる。

5)複数のProxmoxサーバーの管理画面へのアクセスが容易。

デメリットは:

1)無料で使えるのは1ユーザーだけで、2ユーザー以上は有償となる。

2)Proxmox VEが物理サーバーの資源をけっこう食うので重い。

3)ウェブ管理画面が今ひとつ不安定。

4)知っている技術者が少ない。

そういう訳で、不安定なところはあるものの、Proxmox VEの物s理サーバーを2台、テスト中を継続中です。

以上

 

記事引用元:http://www.isl.hk/blog/bobby/archives/1169

 

February 9, 2017 | Posted by bobby

石水智尚 / 総経理 艾斯尔计算机技术(深圳)有限公司

ウェブサイト:http://www.isl.hk/

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください