スマートパーキングの発展道

LINEで送る

現在IoT技術、AI技術、ビッグデータ、電子決済などのハイテク産業の繁栄な発展に従って、工業、サービス業だけでなく、パーキング産業もスマート化になり、スマートパーキングも現れた。

 

ICカードのスマートパーキング

ICカードスマートパーキングシステムは機械、コンピューター、セルフコントロール設備及びICカード技術を融合し、画像分析、自動決済、データを自動的に保存するなどの功能を持つスマートシステムである。ICカードは所有者の情報を保存していて、キャブに取り付けられる。

車両がカードリーダーを通る時、ICカードは自動的にシグナルをカードリーダーに送り、カードリーダーはシグナルをパーキングのコントロールシステムに伝達する。情報を分析して有効なカードを確認した後、ビデオテープは録画を始め、カメラは車両の出入庫の写真を撮り、またコンピューターは車のナンバープレート、運転者の名前及び出入庫の状況などの情報を記録する。出庫の時、ICカードで自動的に料金を支払うもできる。

 

画像引用元:http://www.cntrades.com/b2b/wulebuzuo/sell/itemid-101960963.html

 

それに、ICカードを盗んだ後、パーキングに入ってほかの車を盗むなどの不法行為を防止するため、画像をキャッチする功能を通し、車両入庫の写真と出庫の写真を比べて分析する。ICカードの番号と車のナンバープレートが一致と識別したら、通過を許す。もし一致しなかったら、110番通報し、車両の安全を保てる。

 

顔認証のスマートパーキング

顔認証システムは多くの分野でよく使用されるのが、パーキング領域でまだ広く使用されない。しかし、スマートパーキングの発展趨勢は顔認証システムだと思う。顔認証をうまくできれば、ICカード識別も要らない。

ナンバープレートの自動識別を加え、ハイレゾリューションのカメラに基づいて、照明技術、コントロール技術を応用することを通し、時間、光線の強弱、天気などの要素を問わず、シャープな画像をキャッチでき、運転者の顔をはっきり撮られる。

現在、技術の限りで、完全の顔認証スマートパーキングはまだできなく、依然としてほかの手段によって車両の安全を保つ。例えば、武漢の地下鉄3号線出口の辺り、身分証認証と顔認証のスマートパーキングが建設された。身分証が認識されるとともに、所有者の顔も記録される。もし犯罪の前科のある顔を識別し、或は出庫の時、顔が一致しない場合、システムの警報は自動的に出す。

 

画像引用元:http://www.sohu.com/a/140850311_365518

 

現在、パーキング問題を解決するため、中国政府はパーキング建設に関する公文書を出し、ハイテク技術のパーキング分野での応用を速め、パーキングとインターネットとの融合を促進している。技術の発展に伴って、将来、顔認証システムは必ずICカードを代替すると思っている。スマートパーキングの発展は無限の可能性がある。

 

資料引用元:

http://boyuzhineng.com/?c=list&cs=cp

https://www.sohu.com/a/245019579_100043206

http://www.qianjia.com/html/2017-03/14_267389.html

http://www.vipzhuanli.com/pat/books/201810185747.7/2.html

http://www.sohu.com/a/140850311_365518

 

筆者:李泳琳

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください