チャンスかバブルになるか 華強北の販売店は続々と電子タバコを販売している

LINEで送る

色とりどりのカバーに着替え、多彩な味のタバコ弾を身につけた電子タバコは発売されて数年が経ったが、今年、急に人気を集めるアイテムとなった。2018年末から2019年初めにかけて、10個ぐらいの新興電気ブランドが華強北電子市場で登場した。

昔のガラケーから、2年前のビットコインの高腾が引き金となった鉱机、そして今年の電子タバコまで、中国の電子業界のバロメーターとして、華強北電子市場の毎回の「流行」は資本市場の「気が狂っていた」を予告していた。華強北で、VRメガネや携帯電話、スマート家電製品の販売台が次々と、電子タバコの販売を開始した。

経済観察新聞記者によると、2018年現在、国内では10以上の融資が行われており、過去3年の合計よりも高く、総融資額は数億元に達している。今年1月には、「FLOW福禄」や「YOOZゆず」など多くの电子タバコブランドが集结し発表された。富国証券は、19年には電子タバコの市場規模が90億ドルに達し、オフライン・チャネルの販売量が全体の70%近くになると予想した。

 


電子タバコ「FLOW福禄」

画像引用元:http://www.gogochina.cn/xiaofei/20190325/30409.html

 

国内では、電子タバコの規制はほとんどまだ空白の状態で、電子タバコを正式に公布する国家の標準もなく、ほとんどの業者や投資家はすべて、電子タバコ業界の未来が直面する挑戦だと考えられる。

創業者にとってより大きな試練は、市場の不確実性から生まれる。今年2月、杭州、南寧などの都市で、公共の場所での電子タバコの使用を禁止したことに続いて、深圳は、タバコ規制条例の意見募集稿に、電子タバコをコントロールする「ブラックリスト」に載せた。

道徳、法律などの多重のリスクを意識して、いくつかの科学技術の上場企業は電子タバコと限界を点検している。今年2月中旬には、小米社の公式マイクロブログが「小米傘下の生態系チェーン会社が電子タバコの分野に進出する」と答えたことについて、「小米は電子タバコをしないということが噂になります」と答えた。

 

資料引用元:

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1627699129292939204&wfr=spider&for=pc

http://www.sohu.com/a/301598259_118622

 

筆者:钟珮瑜

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください