ロシアの新ルール:ロシア国旗を掲げた船は北海航路のオイルガスのみ輸送することができる

LINEで送る

俄新规:仅悬挂俄旗帜船只可运输北海航线油气

 

2018-12-31 07:59:00  来源:亚太日报

据俄罗斯卫星网12月30日报道,俄罗斯联邦海商法典修正案于12月30日正式生效。据此修正案,悬挂俄联邦旗帜的船只获得了在俄境内生产的油气等资源的独家海上运输权,包括在北海航线水域的船只装卸和转运。

这里特别谈到的是石油和天然气,包括液化气(LNG)以及天然气凝析油和煤炭的运输。

报道称,只有俄罗斯联邦政府才能决定对悬挂外国旗帜的船只给予法外许可,但这不得与普遍接受的国际法原则和规范以及俄罗斯签订的国际条约相抵触。

修正案不适用于2018年12月30日之前签订的合同所形成的权利义务关系,也不适用于俄罗斯签订的国际条约规定下的外国船舶的使用。

至此,2017年底通过的所有的对海商法典的修订自12月30日起将全部生效,其中的一些仅允许悬挂俄联邦旗帜的船只沿海航行的条款早在2018年2月即生效了。

(来源:观察者网)

 

 

ロシアの新ルール:ロシア国旗を掲げた船は北海航路のオイルガスのみ輸送することができる

 

2018-12-31 07:59:00  出所:アジアパシフィックデイリーニュース

12月30日のロシア衛星ネットによると、ロシア連邦海商法典修正案が12月30日に施行されることが決まった。この修正案により、ロシア連邦の国旗を掲げた船は、ロシア国内で生産されているオイルガスなどの資源の独自の海上輸送権を獲得し、北海航路水域での積み卸しや中継輸送もこれに含まれる。

ここで特に言及するのは石油と天然ガスで、液化ガス(LNG)と天然ガス透析油と石炭の輸送を含む。

報道によると、ロシア連邦政府は外国の国旗を掲げた船に法外許可を与えることができるというが、一般的に受け入れられた国際法の原則規範と、ロシアが結んだ国際条約に抵触してはならない。

修正案は、2018年12月30日までに締結した契約によって形成された権利義務関係に適用されず、ロシアが締結した国際条約の規定下にある外国船舶の使用にも適用されない。

これについて、2017年末に通過したすべての海商法典の改訂は12月30日からすべて発効し、その中のロシア連邦の国旗を掲げた船の沿海を航行することを許可する条項は、2018年2月に即発効された。

(出所:観察者ネット)

 

記事引用元:https://cn.apdnews.com/world/917595.html

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください