中国の人型ロボットについて

LINEで送る

近年、ますます多くのサービス型のロボットが登場してきて、人々に様々な特色なサービスを提供します。特に、教育業界の市場需要が大きくて、発展空間も広いです。近ごろ、ニースにより、i宝という知能人型子供ロボットが量産を実現し、全世界に発売する予定だという。

その人型ロボットは自然に中国語で会話できたり、人間の顔も識別できたり、自由に移動できたりします。それに、指もしなやかに動いて、「じゃんけん」という非常に難しいゲームも上手に遊ぶことができます。子供と踊ったり、歌ったり、物語を話したりすることもできます。

 


画像引用元:http://wemedia.ifeng.com/27446672/wemedia.shtml

 

Pepperの販売価格は19.8万ですので、ほとんどの消費者には買えないほど高いです。それより、このi宝ロボットはただ8688元だけで買えます。もちろん、二つの商品の販売対象は違います。前者は企業をターゲットとして販売しますが、後者は家庭向けに開発します。

企業は人型ロボット開発への投資が日増しに拡大しつつあり、今後の発展は期待されています。

 

梁咏嘉

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください