中国過去録28(6)

LINEで送る

(昨日の続きより)

いただいているお仕事は、今のところ深セン絡みのお仕事がほとんどです。ですので、まだまだ私自身が深センにいる方がいいことが多く、急用でもない限り日本へ行くことはありません。

そもそも、生活できる収入さえあれば、中国で生活していて困ることは特にありません。食事はもちろんですが、深センであれば水も空気もきれいなため、仮に中国語を話すことができなくても、生活するのに困ることはほぼありません。

私から見れば、日本へしょっちゅう帰っている人は、仕事や休暇という理由があるにせよ、単にクセになっているだけだと思います。たいていのことは、中国に居ながらでもできます。

ただ、それでも最近は半年に一回くらいは日本に帰るようにしています。理由は、バランス感覚を保つためです。

(明日に続く)



鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください