中国過去録32(7)

LINEで送る

(昨日の続きより)

話を戻しますが、今回最初にわかった大きな問題は以下の2つです。

1.銀行のデータ署名は、銀行によっては工商局の最新システムに対応していない。

2.外国人の場合は、銀行によって苗字・名前と名前苗字の2パターンの登録があるが、工商局の最新システムはどちらか一方しか対応していない。(数種類の銀行のデータ署名を使ってみた結果、恐らく苗字・名前の方しか対応していないと思われる)

上記に加え、パソコンから工商局の最新システムのアクセスし、データ署名を使ってログインできれば手続きできる(データ署名を使わずにIDとパスワードを設定しただけだと、会社関係の申請欄が表示されないため手続きできない。)のですが、データ署名は簡単に言うとUSBフラッシュメモリなので、パソコンで使う場合はそれぞれ専用のドライバをインストールする必要があります。

(明日に続く)



鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください