中国過去録34(3)

LINEで送る

(昨日の続きより)

その取引先の担当者も、当日のその時に言われるまで一切知らなかったそうです。

そりゃそうです。

でなければ、数時間前にお客様のところに行って打ち合わせしたりしません。会社側としては、前日に資金ショートしたため、翌日になってから社員全員に「明日から職安に行ってくれ。」と、伝えたそうですが、百貨店の件もこの件も晴天の霹靂とはこのことでしょう。

話を戻しますが、日本に限らず中国でも同様の話は枚挙にいとまがありません。

あまり思い出したくないですが、私自身も中国で同様の経験がありますし、中国では給与が払われなかったり、延滞したというのは比較的よく聞く話です。

以前の同僚は会社近くのジムに通うべく入会金を払ったのですが、一度も使うことなくジムの運営側がトンズラしてお金をムダにしました。何でも意図的な詐欺らしく、入会金を集めるだけ集めてトンズラするという手法だったようです。

(明日に続く)



鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください