人民元為替レートの暴騰と日常生活との深い繋がり

LINEで送る

人民币汇率连续暴涨和我们的生活息息相关

 

CWCC会计师事务所 2017-09-30

金秋9月,人民币汇率真是涨势如虹。延续2017年8月底以来的强劲升势,人民币9月前六个交易日内最大涨幅超过2.5%。在岸和离岸人民币双双突破6.45,创下两年来新高,也创下2011年初以来最长连涨纪录。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

回想今年年初人民币汇率中间价还在6.95附近徘徊,大家讨论最多的话题是什么时候破7及如果继续下跌该怎么办。谁知短短8个月后中间价就猛升至6.5,今年的累计涨幅已超过5%。那么,人民币还能继续涨下去吗?人民币升值,又和我们普通市民的生活有什么关系呢?

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

换汇:换一万美元省4800元人民币

以1万美元为例, 2016年12月30日招商银行挂牌的现钞/现汇卖出价是6.9693, 兑1万美元需要69,693元人民币,而2017年9月8日招商银行挂牌的现钞/现汇卖出价是6.4813,也就是说同样兑换1万美元,现在只需要64,813元人民币。短短8个多月,兑换1万美元就可节省4,800多元人民币。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

出国留学、旅游的成本下降

国庆黄金周假期即将到来, 人民币对美元中间价连续上涨意味着中国游客出境游将节省不少的开支,去多数国家旅游的住宿、机票、吃喝开销都会大大降低,汇率的波动也将进一步提升国人出境游的意愿。

同时,出国留学的路费、学费、生活费也会大大减少。以出国留学每年花3万美元为例,今年以来人民币升值5%,将使得每年的留学开支节省1万多元人民币。这对于有孩子在国外留学的家庭来说,无疑是一个好消息。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

买进口商品、代购将更便宜

人民币升值了,意味着我们对国外商品的购买力增强。因此我们购买进口的品牌汽车、奢侈品、化妆品、外国奶粉等等实际的开销都会降低。比如一件商品卖1000美元,原来对美元汇率1:6.95时,需要付6950元人民币;现在对美元汇率1:6.50,只需6500元人民币,可以省450元。这对于喜欢跨境代购、喜欢进口消费电子产品的市民(来说)无疑是一大省钱利好。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

分析人士指出,此轮人民币升值主要是内地经济数据好转、美元指数走弱等多个因素叠加而成。2014年至2016年,我国经济内生增长动力不足、人民币汇率贬值压力持续存在,影响了国际资本信心和投资意愿。进入2017年,我国宏观经济持续向好,人民币对美元升值预期进一步强化。然而不少人也疑惑,现在人民币升值是趋势性升值还是阶段性升值?经济学家们也是观点不一。

趋势性升值派经济学家邓海清认为:2017年人民币升值并非“昙花一现”,而是“趋势逆袭”。中美两国基本面对比的拐点在2016年下半年已经出现, 2014年以来的人民币贬值趋势在2017年结束。

至于未来人民币汇率走势,随着特朗普政府内部分歧加大、美国经济复苏阶段性见顶、欧洲经济复苏强劲,将进一步带动美元指数走弱,与此相反,中国经济逐渐稳定进入L型下半场、资产价格泡沫风险逐渐化解,中美基本面对比将进一步带动人民币走强,“人民币强势、美元弱势”格局确认。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

而阶段性升值派经济学家李慧勇认为:人民币没有持续升值的基础。随着近期人民币大涨,补涨需求已得到部分释放,而美元指数也已由底部开始回升。随着美元利空逐步释放,且美国下半年经济有望保持相对强劲;出于背水一战的考虑,在中期选举前特朗普税改大概率也将取得进展,预计后续美元仍有一定升值空间。人民币呈双向波动才是未来的常态。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

那么,市民如何换汇才会更划算。对此,专家建议鉴于人民币后市呈双向波动可能是常态,可以选择分批换汇,不是急着用美元的,可以选择延迟兑换;且由于前期人民币兑美元大幅升值,目前的美元已经变得相当便宜,如果不久将来有出国旅游、留学的需求,现在或是较好的出手时机。

 

 

人民元為替レートの暴騰と日常生活との深い繋がり

 

CWCC会計士事務所 2017-09-30

9月、実りの秋、人民元為替レートが右肩上がりに暴騰していた。2017年8月末以来の強い上昇趨勢が続き、9月前の六つの取引日に人民元の最大の上り幅は2.5パーセントを超え、オンショアとオフショアの人民元も6.45パーセントを超えた。この二年間の最高値を更新し、2011年初以来一番長い高騰記録になった。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

今思い返すと、今年の年初人民元為替レートの中間価格は6.95元くらいに停滞していた。よく討論された話題は「いつ7元を超えるか」と「下落が続いたらどうなるか」などである。しかし予想に反して8ヶ月後、中間価格が6.5元にまで暴騰し、今年累計の上り幅はすでに5パーセントを超えた。では、人民元の高騰は続くのか。そして、人民元の高騰は私たち一般市民の生活とどんな関係があるのか。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

外貨に換算:1万ドルに両替、4800元を切り詰められる

1万ドルを例として、2016年12月30日招商銀行現金と自由外国為替の売り価格は6.9693元で、即ち69693元で1万ドルに両替できる。一方、2017年9月8日招商銀行現金と自由外国為替の売り価格は6.4813元で、即ち64813元だけで1万ドルに両替できる。8ヶ月あまりという短い時間で1万ドルに両替するのに約4800元を切り詰めることができるようになった。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

海外留学と海外旅行のコストが下がる

国慶節GWがまもなくやってくる。人民元対米ドルの中間価格の連続上昇で、中国人観光客の海外旅行の支出を切り詰められ、多くの国に旅行する時、宿泊費、飛行機のチケット、食費などの支出が大幅に下がる。為替レートの変動も国民海外旅行の意欲を上げる。

そのほか、海外留学の交通費、学費と生活費も大幅に減少する。海外留学をし、毎年3万ドルがかかることを例として、今年以来人民元の価格は5パーセントが上がったので、留学の年間支出は1万あまりを節約できる。海外留学している子供のいる家庭にとっては、間違いなく朗報である。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

海外輸入商品の価格が安くなる

人民元の高騰で、海外商品に対する購買力も上昇する。それゆえ、海外のブランドカー、贅沢品、化粧品、海外の粉ミルクなどの支出も下がる。例えば、ある商品が1000ドルで、為替レートが1:6.95の時は、6950元もするが、現在の為替レートが1:6.50になっているので、450元も節約でき、6500元で買えるようになる。海外購入代行サービスと輸入電子商品の好きな人にとっては、嬉しい情報である。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

この一連の人民元切り上げは主に国内経済の景気とドル指数軟調によるものだという説があります。2014年~2016年、中国経済の内生成長が緩み、人民元為替レートを切り下げるストレスが続き、国際資本市場の不安心理が高まり、投資意欲に影響を与えた。2017年に入ると、マクロ経済の発展が向上していき、人民元対米ドルの切り上げへの予期も強くなっている。しかし多くの人には「人民元の切り上げが趨勢性の切り上げか。それとも段階性の切り上げか」という疑問がある。経済学者たちも様々な意見を持っている。

趨勢派経済学者鄧海清氏は以下の意見を述べた。2017年の人民元の切り上げは線香花火のようなものではなく、趨勢の逆襲なのである。中米両国の基本方面対比の転換点は2016年の後半の時点で既に現れており、2014年以来の人民元の切り下げ趨勢は2017年に終わりを告げた。

今後人民元為替レートの動きについては、トランプ政権内部の食い違い、アメリカ経済復興の階段性停滞とヨーロッパ経済復興の強さに伴い、ドル指数はさらに下がっていくだろう。それに対して、中国経済は穏やかにL型後半に入りつつあり、資産価格のバブルリスクも消えつつある。中米基本方面の対比で人民元為替レートが向上し、「人民元が向上、ドルが弱まる」という形勢になる。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

一方、段階派の李慧勇氏は人民元が高騰し続ける基礎がないと述べた。この頃の人民元為替レートの暴騰に従って、高騰を補う需要はもはや部分的に解放され、ドル指数も最低点から上がろうとしている。ドルの株価を下がらせるための不利な情報の解放に従って、アメリカ2017年後半の経済も相対的に強さを保持する見込みがある。そして、背水の陣で最後の決戦をするのを考慮し、米国中期選挙の前にトランプ氏大確率の税収改革も進展する。ドルは依然として切り上げる空間があるでしょう。人民元の双方向の変動こそ未来の常態なのである。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

それでは、一般市民はどのように外貨を換算したら割に合うのか。エキスパートは以下のアドバイスをした。人民元の双方向の変動が未来の常態になるかもしれないので、市民は分割で外貨を換算するほうが良いでしょう。すぐにドルに両替しなくてもいい人は、しらばく待ったほうが良い。さらに、前期人民元が米ドルに対し大幅に上昇したので、ドルの価格はかなり安くなった。近いうちに海外旅行と海外留学に行くなら、今は両替するのにいいタイミングかもしれない。

 

記事引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/134vCOMGNurtPQTWB-ElAQ

 

CWCC国際会計事務所

CWCCは1986年に設立された国際会計事務所です。

本社を香港に置き、シンセン・上海・北京・南昌の 6 拠点に於いて、洗練されたサービスの提供に努めて参りました。

創業から30年以上の歴史を持ち、中国に進出して以降20年以上の経験を有しています。

私どもの強みは、会計・税務の高い水準のプロフェッショナルサービスをフルセットでお客様に提供でき、香港・中国間の連結監査も外注することなくすべて CWCC 自社内で行えることで、

ジャパンデパートメントのような専任部門を社内に有しているところも評価されている一面です。

今後も国際的な経験とグローバルな視野から、多様化するお客様の需要に合致する適切なアドバイスと満足度の高いサービスを提供出来るよう、CWCC 全社を挙げて鋭意努力して参ります。

https://www.digima-japan.com/company/cwcccpa/

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください