反グローバル化の潮流

LINEで送る

「反全球化大趋势」

 

现在, 世界上有一种声音:「反全球化和反自由贸易。」有人觉得全球化是件坏事……

2017年1月20日,现任美国总统特朗普在就职典礼上高呼:「美国人会重新成为国家的主宰者, 从今天开始, 只有美国第一---美国第一。」

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/ld20gCe6R9-g3lb1BCtbxg

 

「每一个关于贸易、关于税收、关于移民、关于外交的决定,都会为了美国工人和美国家庭的利益而做出。我们要保护我们的国界不受其他国家的破坏,他们生产了本属于我们的商品,偷走了本来要投资在我们国土上的公司,毁掉了我们的工作机会。」「只有保护,美国才能有真正的富强。」

「我们会拿回属于我们的工作。我们会重新守卫住国界。我们会夺回我们的财富,和我们的梦想。在我们辽阔伟大的国土上,我们要建立新的道路、高速公路、桥梁、机场、隧道和铁路,人民不再依靠福利,而是回到工作岗位,依靠美国人的双手,美国人的劳动,重建我们的国家。我们将遵循两条最简单的原则——买美国的商品,雇美国的工人。」

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/ld20gCe6R9-g3lb1BCtbxg

 

全球化已经推进了接近三十年,数据表明,普通美国人的实际购买力并没有明显的提升。之所以政客和经济学家们一直在欢呼全球化,那是因为全球化是属于他们的『全球化』。相反,大多数一般民众却需要承受全球化带来的副作用——包括美元不断扩张给全球带来的通货膨胀、更大的教育医疗居住压力、环境对民众健康的损害,等等。

这种情形在其他国家存在吗?或许在部分国家更严重!

美国和新兴国家的货币扩张,带来的是资产价格泡沫的不断膨胀,贫富差距恶化。很多富人会沾沾自喜,因为自己是受益者。可是,当贫富差距继续扩大,穷人在城市中无法生存,那时,居住在数百万甚至上千万市值房屋中的所谓富人,是无法独自生存的,没有菜市场、没有环卫,城市就成为一片死城,富人也无法生存。更别提贫富差距不断恶化带来的社会动荡。

一个不断制造贫富差距的社会,就是一个互害的社会,没有前途!

欧洲和日本等很多国家对全球化并不是全部投入,主观表现在:他们愿意建设区域甚至全球市场,以此参与全球化,但并不愿意加速开动印钞机(1989年华盛顿共识开始,经济全球化不断深入,美元不断贬值,欧元瑞郎日元等不断升值),却将通胀长期控制在零附近或很低的位置,因为他们知道这种不健康的全球化所带来的严重后果。这些国家中,以北欧国家、瑞士、日本为首。而一些新兴经济体,不仅全力参与共同市场建设,更飞速开动印钞机,直接造成自身通胀或隐形通胀的高增长,未来自然需要承担更严重的后果——程度不同的委内瑞拉化。

根据美国商务部公布的2016年贸易统计数据(通关)显示,美国的整体商品贸易逆差为7343亿美元,按国际收支计算的服务收支是2478亿美元顺差,商品与服务加在一起的收支出现5023亿美元贸易逆差。折合成每月的资本流出是418亿美元。

一直以来,美国的资本项下都保持着比较好的记录,缘于以往中国、日本和沙特阿拉伯等国家主要都将自己的美元资本盈余投入到美国国债之中,形成美国的资本流入。要维持这种比较好的记录,取决于美国和这些国家的各种关系,也取决于美国对世界政经大局的控制力。当中美关系不稳定的时候,或者世界走向动荡、各国之间利益纷争加剧的时候,这种资本流入的稳定性就会出现问题。一旦主要国家之间的政经局势恶化,美国的国际收支平衡就难以持续。现在的国际局势,恰恰就是这样的时候,美国应该怎么办?

那就是必须压缩贸易逆差,减少资本流出。而美国最主要的贸易逆差国依次是中国、日本、德国、墨西哥。要记得,即便将后三位的贸易逆差加在一起,还不如中国。

所以,特朗普政府在7月开始,对中国进行贸易战的脚步明显加快,因为美联储欲在9月缩表,也就给特朗普画出了时间表(压缩贸易逆差)。

以中国的经济体系,对贸易顺差严重依赖。以美国现在所面临的局势,对国际政经大局的控制力相对减弱(经济全球化的后果),同时美联储又要开始在9月缩表,这决定美国都必须强力压缩自己的资本流出(也就是贸易逆差),特朗普开启贸易战就是唯一的前途。差别不过是以何种方式打响而已。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/ld20gCe6R9-g3lb1BCtbxg

 

全球化已经快速发展了近三十年,美国的产业不断外流,每一笔贸易逆差,意味着境内的就业机会减少了一份,财政收入减少了一份,债务危机严重了一步。所以,有些分析师认为美国在未来一些年内会让出全球的主导地位,这并不是空穴来风。

如果开启贸易战,这注定是一个标志性的事件,海关、战线在割裂经济全球化,而资本跨区流动被阻滞将让汇率战燃起狼烟,最后还会带来人的流动被阻滞。

 



反グローバル化の潮流

 

今、世界では「反グローバル化と反自由貿易」という声がある。グローバル化は良くないと思う人がいる。2017年1月20日に、アメリカ現任のトランプ大統領は就任式で「アメリカ国民が再び国の統治者となります。この瞬間から、アメリカが第一となります。アメリカが第一となります」と叫んだ。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/ld20gCe6R9-g3lb1BCtbxg

 

「貿易、税収、移民、外交問題に関するすべての決断は、アメリカの労働者とアメリカの家族を利するために下されます。ほかの国々が我々の国境を破壊することや、われわれの製品を作り、われわれの企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという略奪から、われわれの国を守らなければなりません。」

「保護だけが、アメリカを強くさせます。」

「私たちは自分たちの雇用を取り戻します。私たちは国境を取り戻します。私たちは富を取り戻します。そして、私たちの夢を取り戻します。私たちは、新しい道、高速道路、橋、空港、トンネル、そして鉄道を、このすばらしい国の至る所につくるでしょう。私たちは、人々を生活保護から切り離し、再び仕事につかせるでしょう。アメリカ人の手によって、アメリカの労働者によって、われわれの国を再建します。私たちは2つの簡単なルールを守ります。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇用します。」

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/ld20gCe6R9-g3lb1BCtbxg

 

グローバル化が始まってから、まもなく30年になる。データによると、普通のアメリカ人の実際の購買力は向上してはいない。政客や経済学者たちがずっとグローバル化を扇動するのは、グローバル化は彼らの「グローバル化」だからである。逆に、多数の一般の人はグローバル化がもたらした副作用を受けている。その副作用とはドルの拡張によるインフレ、さらに大きくなった教育や医療、居住のプレッシャー、環境による健康への影響などだ。

このような状況は他の国にもあるのか?一部の国ではもっと深刻かもしれない。

アメリカと新興国家の通貨の拡張は、資産のバブル化をもたらし、貧富の差がさらに悪化していく。多くのお金持ちは受益者だから、うれしく思うが、貧富の差がさらに拡大していくと、社会が安定しなくなるどころか、貧者が都市で生活できなくなることで、数百万あるいは(“乃至”間違いでは無いですがここは漢字ばかりで読みにくいので直しました)数千万もする家に住んでいる金持ちも自分たちだけでは生存できなくなる。スーパーがなくなり、清掃作業員がいなくなり、町は活気を失い、金持ちも生存できなくなる。

貧富の差が拡大しつつある社会は、傷つけあう社会であり、先のない社会である。

ヨーロッパや日本など多くの国はグローバル化にすべて投入しているわけではない。主に以下のようなところからそれを表している。グローバル化に参加するために、彼らは地域ないし世界の市場を作るが、加速に紙幣印刷は加速させておらず(1989年ワシントン共同認識から始め、経済のグローバル化は発展しつつあり、ドルが切り下げを続けた一方で、ユーロやスイスフランや円は切り上げを続けた)、長期的にインフレをゼロ近くに抑えている。なぜかというと、彼らはこのような不健全なグローバル化が深刻な問題をもたらすことをしっているからである。これらの国の中では、北欧諸国、スイス、日本が主だ。しかし、いくつかの新興国家は全力で共同の市場の建設に参加し、紙幣印刷を加速させ、直接自身のインフレを増長させ、これから先さらに深刻な結果を引き受けることになってしまうだろうーーつまり、程度は異なるもののベネズエラ化していくということだ。

アメリカの商務省の2016年の貿易(通関)データによると、アメリカの全体の商品の入超分は7343億ドルで、国際収支で計算すると、サービス収支は2478億ドルの出超で、商品とサービスで5023億ドル入超であった。月に418億ドルの資本が流出したことになる。

従来より、アメリカの資本は比較的に良い記録を保っている。以前、中国や日本、サウジアラビアなどの国は自分のドル資産の利潤をアメリカの国債を買うことに回し、アメリカの資本の流入となっていたからである。このような良い記録を維持するには、これらの国とのさまざまな関係やアメリカの世界の政治経済へのコントロール力によって決まる。中国とアメリカの関係が悪くなるとき、あるいは世界が不安定になり、各国間の利益の紛争がひどくなるとき、このような資本の流入は不安定になる。主な国の間で、経済や政治の状況が悪化すると、アメリカの国際収支の均衡は維持しにくくなる。現在の国際情勢は正に上記いった通りである。アメリカはどうするべきなのか?

それは入超を抑え、資本の流出を減少しなければいけないということである。アメリカにとって、主な入超国は順に中国、日本、ドイツ、メキシコである。しかし覚えておくべきなのは、後ろの三つの国の入超を合わせても、まだ中国に足りない。

故に、トランプ政府は7月から、中国への貿易戦争を明らかに加速させたのは、FRBは9月にバランスシートを縮小するつもりであり、トランプ大統領のために日程の目処をつけたのである。

中国の経済システムからみると、出超に依存しすぎている。現在アメリカがこのような情勢に直面しているので、国際政治と経済へのコントロールは比較的に弱くなっている(経済のグローバル化の結果)。またFRBは9月からバランスシートを縮小し始め、このことがアメリカは資本の流出(入超)を強く抑えないといけないということを決定づけたのだ。トランプ大統領が始めた貿易戦争は唯一の方法である。違いはどのような形で始めるだけである。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/ld20gCe6R9-g3lb1BCtbxg

 

グローバル化が急速に発展してから、30年近くになった。アメリカの産業は絶え間なく流出しつつある。入超になることで、国内の就職チャンスや財政の収入が減り、財務危機がより深刻になる。故に、一部のアナライザーは、アメリカが近い将来世界の主導権を譲ると考えている。

もし貿易戦争が始まったら、代表的な事件となる。税関は経済のグローバル化を分裂させ、地域間で流通する資本の停止は為替レート戦争を白熱化させ、最後には、人の流動も滞らせてしまう。

 

記事引用元:https://mp.weixin.qq.com/s/ld20gCe6R9-g3lb1BCtbxg

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください