各地も違う?まさにそのおいしさを証明――瀬粉(ライフん)

LINEで送る

広州食ルポ その十

〜広東特色 瀬粉〜

 

おいしいものはいつも千里以外のところにも伝われ、そして少し調整して本土の美食になれる。瀬粉もその一つである。

瀬粉は有名な広東省伝統的軽食であり、米を磨いたあとの粉で熱い水を混ぜた後で作るヌードルであり、仏山高明、東莞厚街、中山三郷、広州西関四つの発祥地があるが、創始地が中山である。また、開平、恩平などのところでは、瀬粉は中秋節の伝統的軽食である。

 

西関瀬粉

撮影:黄燕

 

たとえ四つのところのスープ、粉の比例、つまなどが異なるが、瀬粉の作り方は同じである。瀬粉の「瀬」は一つの作り方の広東語であり、比例で混ぜた後の米の液体を底で穴がある容器に入れ、重力作用を通して、熱い水にゆっくり落ちるということである。

伝統的な瀬粉はちょっとツルツルで、シコシコする歯ざわりがいい。バッチリ揚げた豚脂のくず、虾の皮、ネギとともに食べると、とてもいい匂いがある。さらに、大根漬けあるいは漬物を食べると、もっとおいしくなる。しかし、それは店によって提供する。

食材が互いに融合して絡み合い、まさに瀬粉の魅力と思う。

 

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%BF%91%E7%B2%89/6343538?fr=aladdin

https://www.sohu.com/a/136137787_663588

 

筆者:黄燕

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください