啓徳教育グループ:海外の名門校に申する学生が増加、2018年学市場に現れた3つの傾向を示す

LINEで送る

启德教育集:海外名校申请竞争加大 2018出国留学市三大趋势

 

2018-12-24 11:17:47  来源:亚太日报

2018出国留学市场呈现三大趋势

又是一年年底,回望2018年的出国留学市场,各国纷纷推出留学新政,这些新政对中国学子未来申请出国留学有什么样的影响?又该如何应对——

高考成绩被更多国外院校认可

启德教育集团日前在京发布的《中国留学市场2018年盘点与2019年展望报告》(下称《报告》)称,越来越多的国外高校认可中国高考成绩。

《报告》显示,2018年10月,英国老牌名校、“罗素大学集团”成员伯明翰大学宣布接受中国学生使用高考成绩申请本科课程。随后,英国莱斯特大学、邓迪大学、肯特大学、西英格兰大学等也陆续宣布接受中国高考成绩。

而在加拿大,医博类排名前8以及综合类排名前3的名校本科申请均把提供高考成绩作为录取必要条件。中国学生青睐的加拿大英属哥伦比亚大学要求,中国学生申请2019年秋季入学,必须递交高考成绩,否则须提供至少3门美国大学预修课程(AP)成绩,并且不能用学术能力评估测试(SAT)等其他标准化考试成绩替代。

目前,澳大利亚有24所高校认可并接受中国高考成绩,澳大利亚“八大”名校中已有7所接受中国高考成绩申请本科课程。大部分接受中国高考成绩的澳大利亚高校,都要求申请人的高考分数至少要达到本地录取二本线以上,其中“八大”名校要求一本线以上甚至更高。高考成绩可以申请澳大利亚大学,也吸引了不少中国学生高考留学两手准备。

《报告》显示,加拿大本科留学生选择商科类专业占比最高,达到38.98%;选择理科类、文科类和工科类的占比分别为26.53%、22.63%和11.86%;加拿大研究生留学十大热门专业为:MBA、教育学、金融、计算机工程、经济学、土木工程、管理学、计算机科学、机械工程、会计。

在澳大利亚,商科也是中国学生的主流选择,占比在40%左右;选择理科、工科的中国学生占比约25%;澳大利亚研究生留学十大热门专业为:国际商务/贸易、会计、信息技术、金融、土木工程、电子工程、传媒、市场营销、设计、教育。

新西兰国际教育推广局2017年数据显示,除了最受欢迎的商科类专业,工程、教育和信息技术专业也非常受国际学生青睐。

对中国学生而言,留学新西兰选择最多的十大专业为:管理学、商务/贸易、工程、会计与金融、教育与语言、旅游酒店管理、市场营销、计算机、媒体设计、食品技术。

海外名校申请竞争加大

教育部统计数据显示,2017年,我国出国留学人数首次突破60万大关,同比增长11.74%,持续保持世界最大留学生生源国地位。

但是,由于申请海外知名高校的学生数量增加,竞争也随之加剧了。

以美国8所常春藤大学为例,在2018年总录取率方面,除了康奈尔大学以外,另外7所大学的录取率均在10%以下,而哈佛大学的录取率更是低于5%。

如果对比2017年的数据来看,虽然哥伦比亚大学、普林斯顿大学以及宾夕法尼亚大学在录取人数方面较以往有所提高,但是这8所常春藤大学却无一例外在录取率上呈现了下降趋势,可见海外名校申请的难度正在逐渐加大。

对中国学子常选择的留学目的国加拿大来说,由于其知名高校的招生规模无明显增加,但国际学生申请人数不断上涨,中国学生在申请时面对的竞争日趋激烈。

随着英国申请人数逐年递增,不少英国院校纷纷采取分阶段录取、多轮制申请等政策吸引更多优秀学生提前规划和准备。特别是2018年,英国部分院校不仅提前开放申请,而且热门专业的申请截止时间也较以往提早了不少。例如,2018年11月2日,布里斯托大学经济、金融和管理学院下设的热门硕士课程就停止接受来自中国地区的申请。

相关业内专家表示,近年来,各国高校对国际学生相关英语成绩、个人综合能力、学术背景等方面的要求越来越高,申请门槛也随之提高。在此背景下,拟出国留学的中国学生需要将留学规划的时间提前,准备要做充分。

各国留学新政频出

2018年,各国纷纷推出留学新政,以吸引各类优秀人才。

新西兰政府近期对留学生毕业后工作签证进行了改革:获得本科或以上学位的毕业生可获得新西兰为期3年的开放性工作签证,硕士以上的申请人其配偶可申请工作签证。同时,未成年子女在新西兰当地入读公立学校可获免学费待遇。

此外,自2018年7月6日起,英国改革第四级(Tier 4)学生签证,为包括中国在内的11个国家和地区的该类签证申请人简化申请材料要求; 西班牙应届毕业留学生可申请为期1年的“找工作”居留,用于在西班牙寻找工作或创业;在中国读书但希望在荷兰实习的中国学生,也有机会申请荷兰实习卡,有效期最长可达1年。

有些国家的留学新政则将从2019年实施。比如,从2019年3月起,法国将施行 “人才护照”,向高水平博士生直接签发4年有效期的签证。此外,留法学生从获得毕业文凭日期算起的4年内,可申请1年居留签证,用于重返法国找工作或创业。

(来源:人民日报海外版)

 

 

啓徳教育グループ:海外の名門校に申する学生が増加、2018年学市場に現れた3つの傾向を示す

 

2018-12-24 11:17:47  出所:アジアパシフィックデイリーニュース

2018年留学市場に現れた3つの傾向

また年末になって、2018年の留学市場を見返して、各国は次々と新政を出している。これらの新政は中国人学生が将来、外国留学を申請する際にどのような影響を持っているか?どう対処すべきか?

大学入試の成績は多くの外国の大学に認可された。

啓徳教育グループは先日、北京で発表された「中国留学市場2018年の総まとめと2019年展望レポート」(以下「報告」)によると、外国の大学は中国の大学入試の成績を益々認可している。

「報告」によると、2018年10月、イギリスの老舗の名門、「ラッセルグループ」のバーミンガム大学は、中国人生徒が大学入試の成績を使って学部の課程を申請する事を認可すると発表した。その後、イギリスのレスター大学、トディ大学、ケント大学、イングランド西部大学なども次々と中国の大学入試の成績を受け入れていると発表した。

カナダでは、医博系の上位8および総合系の上位3の名門大学の申請は、受験成績の採用に必要な条件として提供される。中国人学生の受け入れが多いカナダの英属コロンビア大学によると、中国の学生が2019年秋に入学し、大学入試の成績を提出しなければ、少なくとも3つのアメリカ大学の予備課程(AP)の成績を提供しなければならず、学術能力評価テスト(SAT)などその他の標準化試験の成績の代わりにはならない。

現在、オーストラリアは24の大学が中国の大学入試の成績を認め、オーストラリアの「八大」の名門校のうち、7つが中国の大学入試の成績と学部課程の申請を受け入れた。大部分の中国の大学入試の成績を受け入れるオーストラリアの大学は、申請者の大学入試の点数が少なくとも地元の二本線に達することを要求し、その中の「八大」の名門校は一本線以上に達することを求める。大学入試の成績はオーストラリア大学に申請することができる為、多くの中国人学生が留学に行くことを引きつけた。

「報告」によると、カナダの学部留学生は、商業学科系を選んだ人は最高で、38.9 %に達す。理科系、文科系、工科系を選んだ比率は、それぞれ26 %、22.6 %と14.8 %を占めている。カナダの大学院留学の10大人気修士課程は、経営学科、教育学科、金融学科、コンピュータ工学学科、経済学科、土木工事学科、管理学科、コンピュータ科学学科、機械工学学科、会計学科を含める。

オーストラリアでは、商業学科は中国人留学生の主流な選択で、40%ほどを占める。理科、工学学科を選択した中国人留学生は約25%を占める。オーストラリア研究生留学の10大人気専門は、国際ビジネス/貿易、会計、情報技術、金融、土木工程、電子工程、メディア、マーケティング、設計、教育である。

ニュージーランド国際教育普及局2017年のデータによると、最も人気のある商業学科系のほか、工事、教育、情報技術の専攻も国際学生に人気を集めている。

ニュージーランドでの中国人留学生にとって、10大人気専門は、管理学科、ビジネス·貿易学科、工事学科、会計学科、金融学科、教育と言語学科、観光ホテルの管理学科、マーケティング学科、コンピュータ学科、メディア設計学科、食品技術学科がある。

海外の名門校へ申請する競争率が増加

教育部の統計によると、2017年中国人留学生は初めて延べ60万人を突破し、前年と比べ、11.74%が増加し、世界一多くの留学生を送り出した国の地位を維持し続けている。

しかし、海外の有名大学に申請する学生の数が増えているとともに、競争も進んでいる。

アメリカの8つの大学があったアイビー・リーグ(Ivy League)を例にして、2018年の総採用率では、コンナイル大学のほかに7つの大学の合格率が10 %以下で、ハーバード大学の採用率はさえ5 %以下である。

2017年のデータを見ると、コロンビア大学、プリンストン大学、ペンシルベニア大学は合格者数の面で以前よりも増加したが、アイビー・リーグは例外なく採用率を下げている。以上の点から、海外の名門校申請の難易度はだんだん高くなっているのが分かる。

中国人の生徒がよく選ぶ留学先のカナダにとって、有名な大学の学生募集の規模は明らかに増加してないが、国際学生の申請人数は絶えず急速に上昇しており、中国人学生が申請する際の競争が激化している。

イギリスの申請人数が年々増えてくるにつれ、多くのイギリスの大学はより多くの優秀な学生を引き付けるために、次々と段階採用、回転式申請などの策を取った。特に2018年には、イギリスの一部の大学が事前申請を開放するだけでなく、人気専門申請締め切りも以前より早めになっていた。2018年11月2日、ブルース大学の経済学部、金融学部、管理学部の人気修士課程が中国からの申請受け入れを停止した。

関連業界の専門家によると、近年、各国の大学は、国際学生に対する英語の成績、個人の総合能力、学術背景などの要求をますます高くしている。これを背景に、外国へ留学予定の中国人学生は、留学計画の時期を早め、十分に準備する必要がある。

各国に留学する為の新政が頻出する

2018年、各国は次々と新政を出し、様々な優秀な人材を引きつけている。

ニュージーランド政府は最近、留学生が卒業した後の、就労ビザ改革を行った。本科または以上の学位を取得する卒業生はニュージーランドの3年間の開放性の就労ビザを取得し、修士以上の申請者の配偶者が就労ビザを申請することができる。また、未成年の子女は、ニュージーランドでは地元の公立学校に入学して授業料の免除を受けられる。

その上、2018年7月6日から、イギリスの改革第4位(Tier 4)学生ビザは、中国を含む11の国と地域に関するビザ申請者に対し書類要求を簡略化する。スペインの新卒留学生がスペインで仕事を探したり、起業するために、1年の「就職活動」という在留資格を申請することができる。中国で勉強をしているが、オランダでの実習を希望している中国人留学生は、オランダのインターンシップカードを申請する機会もあり、有効期限が最も長いと1年になる。

一部の国の留学新政は2019年に実施される。たとえば、2019年3月から、フランスは「人材パスポート」を施行し、高レベルの博士生に直接4年有効期間のビザを発行する。また、留法学生は卒業証書を獲得した日から4年以内に、フランスに戻って仕事を探したり、起業するために、1年居留ビザを申請することができる。

(出所:人民日報海外版)

 

記事引用元:https://cn.apdnews.com/china/914500.htm

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください