在広州、深セン、香港、上海日本人の人数

LINEで送る

中国と日本は一衣帯水の関係なので、両国間の交流はずっと前から頻繁である。特に、近年来、中日両国間の貿易額の増加にしたがって、在中日本人の数量も増えた。今日筆者は中国四つの大都市を調査し、それぞれの都市の日本人の人数を記載し、特に深セン市の現状を分析する。


画像引用元:http://image.so.com/v?q=%E6%B7%B1%E5%9C%B3&src=srp&correct=%E6%B7%B1%E5%9C%B3&cmsid=6907083f9e228dd42b4cb2e4521c009e&cmran=0&cmras=6&cn=0&gn=0&kn=50#multiple=0&gsrc=1&dataindex=11&id=638134ad3987660ecba301ee940374c3&currsn=0&jdx=11&fsn=110



2017年日本の外務省のデータにより、在広州の日本人は7,551人、在深センの日本人は5,472人、それぞれ前年比1.1%と1.9%が減少した。上海にいる日本人は一番多く、44,387人に達し、前年比3.7%が下がった。香港には日本人が26,088人おり、前年比2.9%が下がった。全体に見れば、2017年在中日本人の人数が少々減少した。

 


SONY DSC



画像引用元:http://image.so.com/v?q=%E6%B7%B1%E5%9C%B3&src=srp&correct=%E6%B7%B1%E5%9C%B3&cmsid=6907083f9e228dd42b4cb2e4521c009e&cmran=0&cmras=6&cn=0&gn=0&kn=50#multiple=0&gsrc=1&dataindex=10&id=1c0efc9c077d8df1bdea89f9dcf2f066&currsn=0&jdx=10&fsn=110



しかし、5年来の状態から見れば、どうなったのか。本ネットは主に深センのことを乗っているので、今日も深センを例として、分析する。外務省の調査統計により、2012年在深センの日本人は4,730人で、2013年は5,331人で、2015年は5,305人で、2016年は5,578人だとわかった。上述を部分まとめると、2016年までに在深センの日本人はずっと増加したが、2017年に1.1%が下がった。中国の安い労働力の減少、日系企業の引越し、微小粒子状物質「PM2.5」による大気汚染の深刻化、円安の進行によるコスト増に伴い、深センにいる日本人は更に減少いていくと思う。



筆者:徐潔桃

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK

■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□
http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください