大きな会社に入りたいなのか、小さいな会社に入りたいなのか

LINEで送る

こんにちは、楊と申します、今回コンサートを参加させていただき、うれしいです。 私のテーマは社会人になってから、大きな会社に入りたいなのか、小さいな会社に入りたいなのかです。

皆さま、こういう経験がよくあるでしょう、何回目面接を受けて後、最後に二つオプションが目の前に置いてある、A社は大手会社、B社は中小企業、どっちに入るか、選択困難でしょう、これは非常に困りますようね。

 

画像引用元:http://sozai-good.com/archives/29081

 

困っている人は実は私なんです。私はB社から離職していないまま、A社の面接を受けました、しかも運が良くて合格されました。

画像引用元:http://guidepost999.com/1302.html

 

そしてB社からやめてA社に入るかどうかについて本当にすごく悩んでいて、夜にも寝れなかった、どっちでもメリットがある、デメリットがありますから、両社を比較して、いいところとよくないところ繰り返して比べました。

画像引用元:http://ameblo.jp/sasakawa-pt/entry-12040447384.html

 

それをバランスをとって考えたから、最後一つ会社に決めました、それはA社かB社か最後まで答えを披露します、ここには比較方法について皆さまと分かち合いたいです、そして今悩んでいる方に参考になれば一番うれしいです。

 

私は6つ方面を分けて比較しました。

 

 


画像引用元:https://coconala.com/services/31427

 

1. 給料:給料高い方が入りたいが、A社とB社はどっちでも、給料は高くない、毎月もらった給料は家賃、交通費、食事代を使ったら残りはわずかです。両方の選択比率は同じく50%(B社は60得点で)

2. 仕事の環境:A社は大手会社で、世界TOP500中に入っているけど、工場なので、環境はあまりよくないです、B社は個人会社なんだけど、位置は市中心CBDにあります、周り交通や飲食店がいっぱいで、とても便利です、社内の環境もいいです。比率は10%(B社は80点)

3、上司:上司は優しいです、私にも優しく扱いしてくれて、いろいろ教われた、時には厳しいけど、精細なことを集中しています。比率は30%(B社は80点)

4.同僚関係:同僚関係はいいです、社員たちは若人だから、共同言葉が多くて、仕事上の交流もよくとれる。比率は5%(B社は70点)

5.家から距離:家から会社まで出勤時間は1時間かかります、不便利です、ラッシュの時長い列を並んでて、時間かかり過ぎて疲れじゃいます。比率は3%(B社は50点)

6.その他福利厚生:会社は個人会社なので、福利厚生はあまりよくない、春節や祝日に何にもない、有給休暇年一日だけです。比率は2%(B社は40点)

60*50%+80*10%+80*30%+70*5%+50*3%+40*2%=88.5

 

こういう計算したら、自分やめたいB社はなんと88.5点を取りました、A社により全然いいです。

 

もちろんA社もいろんなメリットがありますけど、例えば、標準化を勉強できるとか、大手会社なので履歴のレベルをより一層上がれる、でもいくら優れた点があっても、私は一番自分にふさわしいのB社を選びました。自由自在が好きな私は大きい会社の細かいルールを束縛されたくない。

 

画像引用元:https://www.foryoumagazine.nl/je-verandert-maar-blijft-toch-jezelf/

楊子

LINEで送る

ビジネスハブ香港Facebook:www.facebook.com/businesshub.hk
ビジネスハブ香港Twitter:www.twitter.com/BusinesshubHK
■□ビジネスハブ香港へのお問い合わせは下記よりお願い致します。■□ http://businesshub.hk/contactus/

You may also like...

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください